丸源ラーメン「ゆず香る鶏の白湯ラーメン」新作・限定メニューが降臨だ!

  1. TOP >
  2. 丸源ラーメン >

丸源ラーメン「ゆず香る鶏の白湯ラーメン」新作・限定メニューが降臨だ!

鶏白湯、
新発売。

丸源ラーメンの、
新しい期間限定メニュー。

  • 丸源ラーメン 白湯ラーメン
  • 丸源ラーメンの外観
  • 丸源ラーメン 白湯ラーメン

丸源の新作。

2020年9月17日から、全国の「丸源ラーメン」にて、新しい期間限定メニューの提供が開始されました

丸源ラーメン 白湯ラーメンを記載した期間限定メニュー

台湾か、白湯か。
俺か、俺以外か。

新刊発売、
「丸源ラーメンという生き方」

(……って、違うだろぉー!)
※豊田真由子さん風に

今回、提供開始されたのは「ゆず香る鶏の白湯ラーメン(パイタンラーメン)」と「旨辛絶品スープの台湾ラーメン」の2商品。

竜一
台湾ラーメンは過去にも登場したことのあるメニューで、私も食べたことがあります。

ただ「鶏の白湯ラーメン」においては、このたび初登場の新作メニュー(だと思う)である。

丸源フリークとしては、たとえ火の中水の中、槍が降っても鶏が降っても食べに行かにゃならん。

「でも、どうなんだろう?白湯ラーメンって結構手間がかかるはずだよね?」

チェーン店でおいしく作れるものなのだろうか。

一抹の不安を抱えながら、早速実食してきました。

ゆず香る鶏の白湯ラーメン(税抜780円)

丸源ラーメン 白湯ラーメン

ゆず香る鶏の白湯ラーメン(税抜780円)

ゆず香る鶏の白湯ラーメン

国産の鶏肉を炊き出した鶏白湯ラーメン。チャーシューは鶏の炙りチャーシュー。トッピングされているのは高知産の刻みユズ!

丸源ラーメン 白湯ラーメン

なにっ……!
高知県産のユズですって!?

なんでも、鶏の炙りチャーシューと共にクリーム色の湖面を彩るユズは、私の地元高知県産のものを使用しているとのこと。

「どうりで高知の山の香りがするわけだ……」

さらに……
野鳥の声まで聞こえてきやがる……。

高知の野鳥といえば、
ヤイロチョウ。

"県鳥"に指定されている、高知のシンボル・ヤイロチョウ

「県鳥に指定した人は、"県庁"の人なのか?」

わからない……
わからないけれど……

とにかく……

俺には聞こえる……

ユズとヤイロチョウの声が!

丸源ラーメン 白湯ラーメン

緑も映える。

「小松菜かな?」
(違ってたらすみません)

丸源ラーメン 白湯ラーメン

丸源白湯。

食べ始めたばかりの序盤、竜一は感じていた。
「正直もう少し味の濃さというか、パンチが欲しい……」

パンチが欲しい。

パンチと言えば、

アンパンチ。

「ラーメンはパンチが効いてないと、ワサビが効いていない寿司みたいになっちゃうんだよな」

それはまさに、対戦相手にパンチを効かせられないボクサーであり、顔を食べられたアンパンマンとも言える。

「パンチ…パンチが欲しい……」

しかし食べ進めていると……
「これはこれでいい感じにも思えてきた……」

だんだん舌が慣れてきたのだ。

人間界でも、似た事象がよくある。

最初は、自分と絶対に合わないタイプだろうな、と思っていた人が、実際に話してみると意気投合してしまい、ちょっとした"森"みたいに盛り上がってしまうケースだ。

「私の好みよりは正直味が薄いけれど、これはこれであり。大ありだ!」

とどのつまり、
すべては
固定観念だったのだ。

「序盤、私は無意識の内に、これまでに食べてきた白湯ラーメンと比較していた」

だが……
「これが丸源白湯の味!」

そう理解した瞬間、
竜一と丸源白湯、

互いのわだかまりは溶けた。

打ち解け合えた。

手と手を取り合い……
いや正確にはラーメン鉢を取って、

私は白湯ラーメンに語りかけた。
「すまない丸源白湯、私はキミを少々誤解していたようだ……」

そのときだった。

「ええねん!また来てやぁ」
丸源白湯の声が聞こえた気がした。

「チュンチュン!」
と高知の県鳥・ヤイロチョウも鳴いている。

神様……
これは……

幻聴ですか?

丸源ラーメンの丸源餃子

白湯には丸源餃子が合う!

丸源ラーメン 白湯ラーメン

鶏の炙りチャーシューもGood!

白湯ラーメンの合間に、丸源餃子。

タレにいっぱい浸けて頬張ると、餃子が喋った。

「痛いわ、おっさん!もっと優しく噛まんかーい!」

竜一

高知で生姜農家を経営 / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知の飲食店を約20年でのべ2,000件以上食べ歩き / 大好きなお店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ
メールフォーム
■宣伝・タイアップ募集中
詳細こちらから
▼ 各種SNSで最新情報をお届け!フォローお気軽に

© 2020 生姜農家の野望Online