【高知市】長く営業される「老舗のカフェ」を徹底解説!

高知市で長く営業される老舗のカフェ、レストラン、おすすめのお店を徹底解説!

やぽんすき ステーキランチ200g

やぽんすき-高知の老舗ステーキハウスに圧倒的コスパのランチがある

高知市のステーキハウスやぽんすきのランチメニューを実食レポート。コスパの高いステーキランチが食べられます。所在地/高知市北川添2-23,営業時間/平日11:00~23:50 日祝11:00~23:20,定休日/無

高知市のレストラン ライフタイム ランチのステーキライス

ライフタイム-高知市のレストラン/ランチのステーキ丼は圧倒的攻撃力

高知市のレストラン ライフタイムの場所とメニューとランチの実食レポート。ノスタルジックな雰囲気漂う居心地のよい店内でおいしい料理がいただけます。所在地/高知県高知市横内314,営業時間/8:00~18:00,定休日/木曜日

高知県庁地下食堂 カツ丼

高知県庁の食堂(ランチ) -老舗の魅力あふれる空間は地下のオアシスだ

高知県庁は穴場の食事処?よい具合に年季の入ったノスタルジックな雰囲気の店内で食べるランチは、日替わり弁当430円、カツ丼580円など価格もリーズナブル。高知県庁食堂のランチの実食レポート、営業時間や定休日を解説。所在地/高知県高知市丸ノ内1-2-20

高知市 おかもと食堂 ヨンキュー そばめし

【高知】「おかもと食堂」創業50年の老舗名物「ヨンキュー」がうまい

高知市の老舗食堂「おかもと食堂」名物メニューのヨンキュー(そばめし)とお好み焼きをご紹介。地元の人に愛される人気の食堂。ボリューム満点です。所在地/高知県高知市百石町2-30-3 営業時間/10:00〜17:30 定休日/月曜日 駐車場/有

高知市北欧館お子様ランチ

【高知】カフェ&グリル「北欧館」お子様ランチも本格的!

大人になった我々が、子どもの頃に憧れた「お子様ランチ」。 外でごはんを食べるとなれば「お子様ランチ食べたい!」と、連れて行ってくれる人に嘆願した経験を誰しもがお持ちなのではないでしょうか。 今回は高知市で安定した人気を博す洋食店の「お子様ランチ」に迫ります。 洋食の名店!高知市「カフェ&グリル北欧館」 カフェ&グリル 北欧館 高知市の老舗洋食店「カフェ&グリル 北欧館」。 いつも多くのお客さんで賑わう高知の洋食界を代表する名店で、中でも人気メニュー「茄子と挽肉のカレー」は絶品である。 茄子と挽肉のカレーの ...

稲ぎくの外観

【閉店】「稲ぎく」高知市の老舗食堂で昭和のノスタルジーに浸る!

【追記】「稲ぎく」は閉店されました。おいしいごはんをありがとうございました。 農業もloT時代。 田んぼの「水位」「水温」「温度」「湿度」にいたるまで、センサーによって管理され、データは生産者のスマホに送信される。 もう田んぼの水は見に行かなくていい。自動運転のトラクターだって導入される。 そんな新時代が到来しようとする中、高知市宝永町にたたずむ老舗食堂『稲ぎく』は、ゆったりと時を刻んでいた。 高知市の老舗食堂:稲ぎく 昭和のノスタルジー、漂わす外観。 同じく老舗食堂で高知市中心部にある『丸吉食堂』を彷彿 ...

レストランヘラの外観

高知市大津のレストラン「ヘラ」は個室あり、幼児連れでランチできる

カウンター席でよかった。テーブル席でもよかった。 しかし子どもが生まれて初めてわかった、座敷のありがたさ。 一人で歩き始めたばかりの子どもは、とにかく歩きたがる。たとえ座敷があったとしても親は非常に気を使い、思う。 個室が欲しい! 我々を……! 密閉して欲しい……!! ああっ!それにしても…… 閉じ込められたい……! 密室に閉じ込められたいっ!! そんな心境に陥るのだ。 ファミリーレストランを謳いながらも、個室はおろか座敷すら存在しない、そんな飲食店ばかりで「そうか、ロクにメシも食わない幼児連れはターゲッ ...

高知・丸池寿司の外観

【高知】「鯖寿司」おすすめは丸池寿司!通に有名なお店で持ち帰り!

高知で鯖寿司を買うなら「丸池寿司」がおすすめ。持ち帰り可能。しかもおいしい。丸池寿司でサバ寿司を実際に持ち帰りして食べた感想をご紹介。所在地は高知県高知市上町3丁目5-16.

高知駅裏の老舗洋食店「北欧館」でランチ!本格メニュー集う人気店

高知市、産業道路沿いに昔からある人気洋食店『カフェ&グリル 北欧館』。 いつも店先の駐車場が満車で車をとめられず、ほかの店に行ってしまうことが多いのだけれど、この日は店先を通りがかったとき、たまたま駐車スペースを見つけた。 とくに『北欧館』に行く予定ではなかったのだが、「空いているのなら行こう」と、急遽Uターンして『北欧館』の駐車場に飛び込んだ。 駐車場の空きを待つ忍耐、あるいは今回のように偶然めぐってくる幸運がないと『北欧館』で食事はできないな、と思いながら店に入ると、中に張り紙が……。 それによると『 ...

高知のとんかつ店「かつれつ亭」個室、座敷あり。子連れランチ可能!

トンカツ!食べたい! 「家でトンカツ……揚げものは作りたくないって人は多いよね。油が飛んで床とかベチャベチャになっちゃうもんね」 揚げものが食べたいとき、そういうときは、もうお店いっちゃおう! 高知市のとんかつ専門店「かつれつ亭」でランチ!個室、座敷あり。子連れでも行きやすい! 高知市の老舗トンカツ店『かつれつ亭』。 ここは座敷もあり、個室もあって、子連れでも行きやすい。竜一が行ったこのときも、小さい子を連れたファミリーが何組もいた。 「ただピーク時は結構混んでいるから、ランチのときなんかは、12時台を避 ...

吉野園!高知市神田の老舗中華料理店で「味噌カツラーメン」ランチ!

たまたま通りがかるような場所じゃない・・・! 高知市神田(こうだ)の住宅街にひっそりと佇む中華料理店・・・! 吉野園・・・! カウンター席、テーブル席のほかに、座敷もある店内・・・! <子連れのこの局面!当然座敷・・・!> 壁には数種のメニューが貼られている・・・! <迷うが、やはりここは全国ネットのテレビ番組にも出た「味噌カツラーメン」!それでいこう・・・!> 初手は味噌スープに豚肉が入ったラーメン「みそぶた」に、ライスと唐揚げのセット・・・! 褐色の湖面に浮かぶ、多量の豚・・・! 唐揚げは、吉野園名物 ...

高知のとんかつ専門店「かつれつ亭」で「カツ丼」ランチ

トンカツ屋さんというものが、それほど多くない高知・・・! <トンカツが食べたいと思ったとき、そんなときに行くとなったら昔からここ・・・!> かつれつ亭 知寄町店・・・! テーブル席と、掘りごたつになった小上がりがある店内は広め!子連れのこの局面、当然小上がりに上がる竜一・・・! 開いたメニュー・・・! <さすがはトンカツ専門店!見事に揚げ物だらけ・・・!> カツに使われる豚も様々で、「熊本りんどうポーク」や「山形・三元豚」地元高知の「窪川米豚」「沖縄・アグー豚」なども選べる仕様・・・! <おっと ...

子連れでも行けた!「ミラノ亭」高知の老舗パスタ店でランチ

高知に急激にパスタ屋さんが増えたのは、ここ14~15年くらいのあいだで、それまではパスタ屋さんなんて高知市内でも数えるくらいしかなかった印象・・・! そんな中・・・!ずっと昔からあるのがここ・・・! はりまや橋交差点南東・・・!ケンタッキービル2階!ミラノ亭・・・! <ミラノ亭に来るの、10年ぶりとかかもしれない・・・> あらかじめ小上がりがないのを知っていた竜一!感じる若干の不安! <大丈夫か・・・子連れでも・・・!> 基本的にどこもオシャレな雰囲気の店が多い、パスタ屋さん・・・!ミラノ亭においても子連 ...

夜は居酒屋!昼はランチ!「土佐ノ國 二十四万石」(高知市帯屋町)

うどんはどこからでも攻めてくる・・・! あったんだ・・・繁華街に・・・!意表を突くようにして・・・! 高知市帯屋町・・・!アーケード街をフラフラ歩いていた竜一・・・! 一軒の店の前を通りがかったそのとき・・・!一度通りすぎようとして・・・また戻る・・・! 「なんだこのうどんは・・・!」 店先のショーケースに並べられた・・・非凡な姿をしたうどんの食品サンプル・・・! それは見事な竜一ホイホイだった・・・! 昼食どきを大きく超えた午後3時・・・!誘われるようにして入る店・・・! 土佐ノ國 二十四万石・・・! ...

【高知】「あるぺんはうす」老舗喫茶店ランチ!スパ巻き鳥クロニクル

台所で納豆をまぜているときに、電話がかかってきた。 私はFM放送にあわせて村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の第1部のページをめくっていた。 納豆をまぜるにはまずうってつけの小説だった。 電話のベルが聞こえたとき、無視しようかとも思った。 納豆はまぜあがる直前だったし、納豆菌は今まさにねばねば具合をその粘着的ピークに持ちあげようとしていたのだ。 しかしやはり私は納豆をまぜるのをやめ、居間に行って受話器をとった。 新しい草刈りアルバイトのことで知人から電話がかかってきたのかもしれないと思ったからだ。 「今ど ...

【高知】丸吉食堂(まるよし食堂)「ちゅうにち」と世界一の窓装飾

"苺氷り"を食べる前に『丸吉食堂』へ昼食を食べに行った。 「丸吉食堂の"ちゅうにち"が美味しい」とスパイが言っていたからだ。 いったい何のことだか、わからないかもしれないけれど、私の知り合いのスパイは本当にそう言った。 「それどこにあるんスか・・・?」 と私が丸吉食堂の場所を訊くとスパイはすぐに教えてくれた。 「ひろめ市場の西側の路地を入ったところ」 「ひろめ市場の西側・・・?」 と私は考えた。「ひろめ市場の西側に路地なんかあったっけ・・・」 それから何日も経たない内に、すぐ行った。 空から落ちる水滴。雨 ...

【高知】「尾木食堂」エビ5尾が倒立する圧巻の「海老特天丼」降臨!

『外食に行く』 そうなった場合、当たり前のことなのだけれど、 うどんかラーメンの二択である。 そして、その後、数ある麺屋さんの中から、 今最も自分の魂を揺さ振ってくれると思われる一店を選出する。 この作業は難解だ。 「一晩迷っても結論が出ない」 なんてことは日常茶飯事。 しかし、この日の私はどういうわけか、 「エビ天をたくさん食べられたら、別に麺じゃなくてもいい」 そう思うほど、心の底からエビ天が食べたかった。 向かった先は、高知市、 『尾木食堂』 店の外壁に掛けられた看板には、 噂の『海老特天丼』をアピ ...

© 2020 生姜農家の野望Online