ラーメンの新店「高知ジェントル麺喰楽部」愛宕に復活オープン! | 生姜農家の野望Online

ラーメンの新店「高知ジェントル麺喰楽部」愛宕に復活オープン!

SNSで晒す(シェア)

12月27日。たまたま愛宕商店街を車で通りがかった竜一。
「じぇんとる麺の前に何か書いてある・・・!」

気が付いたが、車を急停車させるわけにはいかない。だが、わずか数十メートル先の信号に引っかかったのはある意味幸運。

店先の張り紙に目をこらす。
「28日、火曜オープンって買いちゅう気がするけど・・・」

張り紙まで距離があり、正確には見えない。後部座席に乗った嫁が言う。
「28日って、あしたやない・・・?」

「じぇんとる麺、復活するの・・・?」
「そうながやない?」

迎えた翌日、28日・・・!
再訪してみると、オープンしていた・・・!

↓【人気ブログランキングに参加中】↓
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)
ボクをおしていってね!(笑)

高知ジェントル麺喰楽部、実食レポート

あの『じぇんとる麺喰』が復活オープン・・・!

店名は『じぇんとる麺喰』、改め『高知ジェントル麺喰楽部』・・・!
「じぇんとる麺がカタカナになり、さらに喰楽部と組織化されている・・・!」

じぇんとる麺でもなければ、ジェントル麺倶楽部でもない・・・!

「ジェントル麺楽部」である・・・!

所在地は以前の店舗と同じで高知市愛宕、愛宕商店街の北。産業道路と交わる交差点のすぐそば。

駐車場に車をとめて店内へ。

新生じぇんとる麺の店内は、小上がり(座敷)有り

子連れ歓喜の仕様・・・!
しかも2卓もあるっ・・・!

「決して広いとは言えない店内。なのに座敷に2卓もあるなんて・・・!」

竜一パパ、感極まる・・・!
「たしか以前は座敷がなかった!だがいまは紛れもなく座敷がある、この事実っ・・・!」

世界はこれを「愛」と呼ぶんだぜ・・・!

「これなら行ける!子連れでも行ける・・・!」

嬉々として上がる、座敷・・・!
至福の子連れラーメン・・・!

座敷に上がるや否や、ペチペチとテーブルを叩いて遊ぶ娘・・・!
竜一も軽くペチペチとテーブルを叩く・・・!

拍手だ・・・!
この座敷に親子の喝采で応えよう・・・!

醤油、味噌、塩から選べるラーメンメニュー

「ラーメンもさることながら、ジェントル麺は『じぇんとる麺喰』の時代に食べた、醤油ロースカツラーメン。それにのったトンカツが衝撃的にうまかった・・・」

(参考:2014年9月に訪問した際の旧店『じぇんとる麺喰』

「カツラーメンのトンカツを別盛にしてもらいたいなんて思ったのは、現状…あれが最初で最後・・・」

味噌カツラーメンリストにも、味噌カツではなく醤油カツだったが、もちろん追加した竜一。
「となれば注文は当然のごとく、カツラーメン・・・」

それも「ジャンボカツらーめん」で勝手に復活祝いだ・・・!

昼限定のお得なセット、「らーめんチャーハンランチ」も提供されている。
「これはいっとかなきゃ、損・・・!」

らーめんチャーハンランチ

先に来たのは、半チャーハン。
「じぇんとる麺喰の頃からチャーハンもうまかった・・・」

流行りのパラシットリ系のチャーハン。
「大豊の大杉、あるいは屋久島の杉みたいにシッカリした味・・・

続いて「らーめん」。選べる味は「醤油」を選択・・・!

中央に散らされた白髪ネギ・・・!

漂い散らす醤油の芳醇な香りにヨダレを飲んでいると、くるっ・・・!

ジャンボカツらーめん(味噌)

「ジャンボカツらーめん」。選べる味は「味噌」を選択することで、結果・・・!

ジャンボ味噌カツらーめんと相成った・・・!

デカい・・・!
岩みたいに大きく巨大なカツが、漬物石のように麺を押さえつける・・・!

その様・・・!

ラーメン界のエアーズロック・・・!

「こりゃあ、すごい。1杯1190円でも納得の光景、迫力・・・!」

カツラーメンには、トンカツ用の「味噌」が付く。これも『じぇんとる麺喰』の時代と同じ・・・。

「コイツ!ただの味噌じゃない!味噌に何かが混ぜられている。これ単体で食べてもうまい!じんわりと甘さが、静水面に落とした水滴のごとく舌の上に広がっていく・・・!」

我慢の限界を超えた・・・!

麺を食べる前に、カツからいく・・・!
「ラーメンを具から食べるのは異例中の異例!しかしジェントル麺のカツラーメンは、半分カツが主役!それくらい、カツが強烈にうまいことを俺は知っている・・・!」

最初に”味噌スープ”を含んだカツを1口。続いて別皿の”味噌”をつけたカツを1口。

悶絶ドゴォーン・・・!
「うまいラーメンスープにうまいトンカツを浸して食べる。トンカツ専門店でも難しいトンカツの食べ方ができる!”じぇんとる麺”が帰ってきた・・・!」

太麺と細麺、2種類から選べる麺

「ジャンボ味噌カツラーメン」は、太麺・・・!(*上の画像)
ランチの「醤油ラーメン」は、細麺・・・!(*下の画像)

「太麺はちぢれ麺!細麺はストレート麺・・・!」

ラーメンは「和風出汁」付き

この和風出汁をスープに入れると、また違った味が楽しめるという。
「つけ麺ではなく普通のラーメンなのに、スープ割り・・・?」

疑問に思いながらも終盤、和風出汁を入れる竜一・・・。
「おおっ!一気に魚・・・!」

魚を得たっ・・・!
「強力な魚介風味・・・!」

ラーメンの世界・・・!
そこに魚介が効いた和風出汁を投入することで、大量の魚が泳ぎ始める・・・!

もはやジェントル麺喰楽部は、太平洋と化した・・・!

「そんじょそこらの水族館よりも魚が多い・・・!」

泳いでいるのだ・・・!
魚群がスープの中を・・・!

肉厚っ・・・!
極上のカツ・・・!

軽快にちぢれた麺・・・!
ありがたくすする竜一・・・!

至福のすすり・・・!

子連れでも行ける仕様になって帰ってきた、ジェントルラーメン・・・!

「ヘビロテの予感・・・!」

↓ 「いいね!」の代わりに。。。
【人気ブログランキング高知に参加中!】
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)
ボクをおしていってね!(笑)

高知ジェントル麺喰楽部の所在地、営業日、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市愛宕町3丁目10−7(地図
営業時間/11:00~15:00、17:00~22:00
定休日/日曜日
駐車場/有(隣のコインパーキング内、ジェントル麺の看板前に3台)

一人行きやすさ/◎ カウンター席有り
子連れ行きやすさ/○ 小上がり2卓有り

スポンサーリンク

SNSで晒す(シェア)

竜一を監視(Twitterフォローなど)