豚太郎 土佐道路店の「味噌カツラーメン」は2種類ある!

高知に昔からあるラーメン店としてファンの多い『豚太郎』。

県外に働きに出ている人でも、『豚太郎』自由軒』『旭軒』など、老舗の懐かしいラーメンが食べたくなって、高知に帰省するたび寄ってしまう、という人もいる。

その豚太郎の名物メニューといえば、やはり「味噌カツラーメン」。

以前、書いた「高知・味噌カツラーメンまとめ」にも記載したとおり、豚太郎の味噌カツラーメンには「一口カツタイプ」と、私が勝手に呼んでいる大きなトンカツが1枚のった「一枚岩タイプ」が存在する。

が、各店舗どちらか片方のタイプの味噌カツラーメンしか存在していない、つまり1店舗に味噌カツラーメンは1種類のみである、との認識だった。

それを覆される大変なできごとが、これまで行ったことのなかった、高知市河ノ瀬町にある『豚太郎土佐道路店』で起きた。

事件は会議室で起きてるんじゃない。

ラーメン屋で起きてんだ!

スポンサーリンク

豚太郎 土佐道路店の店内。

カウンター席、テーブル席、ほかに座敷が数卓。子連れも安心の設計。

男性の一人客も多く、一人でも来やすい印象。

豚太郎 土佐道路店のメニュー。

花セット!月セット!星セット!
宝塚歌劇団のように、居並ぶセットメニュー!

「土佐道路店もよもやの宝塚方式だったか……!」

このセットメニュー名、店舗によって違うのだ。

よくある記載の仕方で「半チャンセット」「Aセット」「Bセット」みたいに書いた店舗もある。

参考記事:[香美市]土佐山田町のラーメン「豚太郎」宮の口店でランチ!(メニュー画像は撮れていません)

対して、「花セット」「月セット」「星セット」なんて、宝塚歌劇団の組の名前みたいに記載した店舗もある。

参考記事:【高知ラーメン】豚太郎佐川店!迫力の「ピリ辛ネギカツラーメン」

参考記事:ボリューム満点のメニューが揃う「豚太郎 高須店」味噌カツラーメン

来てみてわかった。

土佐道路店も、宝塚歌劇団だということが。

とにかくたくさんのメニューが存在する、豚太郎土佐道路店。

▲ 焼きそばや、中華飯もある。

▲ セットメニュー多い。

▲ さらにラーメンを注文すると、小ライスが無料で付くとのこと。

スポーツをされているかたや、学生にはありがたいサービスといえる。

「ラーメンメニューもいっぱいあるなぁ」と見ていた……

そのとき。

竜一に電流走る。

び、ビッグカツ!?

「ビッグカツラーメンなんてものが存在するのか……!」

覆された……!
豚太郎、1店舗1カツラーメン説が……

たったいま根底から覆された……!

170グラムのロースカツと、生パン粉を使用したトンカツがのったラーメン!」

強すぎるアピール!

即決でビッグカツにする、それしかない局面に思えた。

がっ!
「通常の“味噌カツラーメン”もある。こっちは70円安い。これは単純に70円分カツが小さいのか、あるいは一口カツであるのか……」

とりあえず「ビッグカツラーメン」は、メニューに画像が載っている。それによるとビッグカツは「1枚岩タイプ」で間違いない。

「しかし通常の「味噌カツラーメン」のカツの形状は、何タイプだかわからない……」

一口カツだったらどうする……!

知らぬが仏と言うが、知らぬまま帰るわけにはいかない。

「一口ですか、一枚岩ですか、と聞くのは簡単。だが聞いて終わらすほど味気ないものはない……!

さあ、そうなったらもう見せてもらうしかない。

豚太郎土佐道路店のノーマル……!

味噌カツラーメンを!

花セット

味噌カツラーメンの前に、まずは宝塚シリーズの一員「花セット」。

醤油、味噌、塩、好みの味のラーメンに、サラダ、そして半チャーハンが付くセット。選んだのは「醤油味」。

サラダには、卓上の大きなドレッシングがかけ放題となっている。

醤油の香り漂うスープに、ゆで卵やキクラゲ、モヤシなど、豚太郎のラーメンらしい具材が浮かぶ。

「ああ、豚太郎に来たなぁ」そんな気がなり、高知県民は安心する。そんな世界が広がっている。

半チャーハンは……
「ちょっとピラフみたいな感じだ!」

そして来るっ!
来るぞ!味噌カツ!

味噌カツラーメン(大盛)

でかぁっ!

デカすぎた!これはデカいぞ!
「事件は豚太郎で起きてんだ!」と、デカも走ってくる勢い!

「普通サイズでは、俺の胃袋という宇宙は満たせない」そういう思いから「大盛」にしたが、これほどまでにデカいとは!

乳幼児なら、お風呂としても使用できる、

器の……

圧倒的サイズ感!

具材は醤油ラーメンと同じように、モヤシ、ネギ、キクラゲにゆで卵などが浮かぶ。

……って!

そのとき視界に入ったカツを見てみると……

一枚岩だねぇ!

ノーマルも一枚岩だよ!土佐道路店さん!

メニュー画像に見た「ビッグカツラーメン」と同じく、四つ切りのトンカツ。

「間違えてビッグカツだとか、サービスでビッグカツにしてくれた、なんてことはないよね?」

いたってデカい!
器だけでなく、カツも巨大!

夏の肝試しみたいな不安に陥る。
「食べきれるかなぁ。食べきれるかなぁ……」

こめかみから、冷や汗がしたたるのがわかる。

「怖いなぁ……怖いなぁ……」

しかし竜一。
普段からわりと自信過剰。

いける!俺ならいける!
だって俺だから……!!

大事なのは、おいしそうやなぁっ!と思うことです!

トンカツとラーメン、同時に食べると夢が広がるんです!

そして高知から他県にまで広がりを見せる豚太郎さんのように、

夢、そして旨味が広がるのです……!!!

当初あった完食への不安はどこへやら。
いっぱい食べて、ごちそうさま。

▲ 途中から卓上に用意された「揚げニンニク」を入れると、さらにおいしかったです。

この「揚げニンニク」も、土佐道路店オリジナルですよねぇ。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「豚太郎土佐道路店」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県高知市河ノ瀬町3-1(地図
営業時間/11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日/無
駐車場/有
一人行きやすさ/◎ カウンター席あり。
子連れ行きやすさ/◎ 座敷数卓あり。子ども用のオモチャあり(座った席によっては取れないかも)。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By むいむい

    間違ってたらごめんなさい。セットのラーメン 醤油 塩は同じ値段ですけど 味噌の場合50円増しだったような

    • 多くの豚太郎がセットメニューで味噌を選択した場合は50円増しで、こちらの土佐道路店さんでも単品は50円増しの値段設定になっていますから、おっしゃるように、土佐道路店さんも味噌のセットは50円増しの可能性が高いですね。

  2. By むいむい

    こちらの豚太郎 よく利用してます。
    このお店の名物はジャンボカツラーメンもそうですが もう1つ 麺が3玉入った ジャンボラーメンが名物ではないかと思います。

    • たしかに。メニューに「ジャンボラーメン(麺3玉)」ありますね!
      文中には書き切れていませんが、「地獄ラーメン」など、「おおっ!?」と思うメニューが多くて目が届いていませんでした。

      麺3玉で750円は、お得感ありますねぇ……。

コメント投稿

*

Return Top