ああ、憧れの甲子園 後編/これがホントの球場観戦

投稿日:2011.09.01 更新日:

前編はコチラっ・・・!
『ああ、憧れの甲子園 前編/雨とうどんと偽りの虎党』


雨の中、駐車場から甲子園まで。
テクテクと歩いた。

歩き疲れるほどの、結構な距離だ。

道の脇には、『○○クリーニング店』と書いてあるのに、
どう見ても『タイガースグッズ専門店』に成り果てた店舗があったりして、とても面白い。

<ドラゴンズグッズも・・・少しは売ってるんじゃねぇの・・・!?>

昔、福岡ドームで他球団のグッズも結構売られていたという記憶から、
そう思っていたのだけれど、さすがは虎の聖地。

ドラゴンズはおろか、天下のジャイアンツグッズを含めて、
他球団のグッズは一切見かけない。

<ドアラの着ぐるみ・・・欲しかったのに・・・な・・・!>

遠くに小さく見えていた銀色のナイター用照明が徐々に近付き、
辿り着いた、憧れ。

阪神甲子園球場

『阪神甲子園球場』

甲子園といえば伝統ある球場で、
もっと古めかしい雰囲気なのかと思っていたら、
思ったよりも、ずっとキレイな球場だった。

<もし・・・ここでキラッ☆ってやれたら・・・どんなに幸せだろう・・・!
でも・・・!こんな時に限って・・・三脚持って来てないや・・・!>

などと思っていたら、
同行していた、こうてんさんが言う。

「写真・・・撮っちゃおか・・・!?」

心が揺れた。

「え・・・!ま・・・マジっすか・・・!」

白々しく答えた。
だが内心、色めき立っていた。

<やった・・・きたこれっ・・・!
感謝・・・感激・・・マジ深謝・・・!>

これはもう・・・お言葉に甘えて・・・!
やるしかねぇっ・・・!

いざ・・・虎の聖地・・・!
高校球児の憧れ・・・!

阪神甲子園球場で・・・!

阪神甲子園球場と竜一3

キラッ☆
(阪神の服はこうてんさんにお借りました)

感無量・・・!
圧倒的・・・感動っ・・・!

<やったぁ・・・これでもう思い残すことは無い・・・!
あとは六甲おろしでもテキトーに歌って帰ろう・・・!>

阪神甲子園球場1

球場内に入った。

甲子園は、高校球児でなくても、虎ファンでなくても、
野球ファンなら一度は行ってみたいと思う、
米国でいう『ヤンキー・スタジアム』のような、
日本における『野球場』の代名詞のような球場だ。

阪神甲子園球場2

上手く形容する言葉が見付からない。

阪神甲子園球場3

一塁側アルプスから直に見る"聖地"は、
テレビ中継で観ていた甲子園の風景とは全然違っていた。

虎ぁ!はよ出てこい!

正装で試合に臨む、こうてんさん。

<空飛ぶツバメを・・・!
俺の渾身のチョキで打ちとしてやるっ・・・!>

背中から・・・そういう気合い・・・!
気迫を感じる・・・!

そんな中・・・生粋の阪神ファンで埋め尽くされたスタンド・・・!
そこに紛れ込んだ・・・!偽りの阪神ファン・・・竜一・・・!

阪神甲子園球場と竜一2

完全に観光気分・・・!

阪神甲子園球場 ビールと唐揚げ

こうてんさんに奢ってもらった・・・生ビールと唐揚げを手に・・・!
いよいよ熱く高まる試合へのボルテージ・・・!

ホンマに熱いんや!!

ホンマに熱いんや・・・!

ゴクッ・・・ゴクッ・・・!
飲み干す生ビール・・・!
掛かり始めるエンジン・・・!

<六甲おろしも歌うでぇ・・・!>

だがぁっ・・・!

その時・・・球場に響く・・・!
まさかのアナウンス・・・!

" 本日の試合は中止になりました♪
足元に気を付けてお帰り下さい♪♪"

<え・・・高知からはるばる来て・・・!
さらに駐車場から数十分かけて歩いて・・・!
やっと辿り着いたのに・・・!>

今更・・・中止・・・!?

<それならもっと早く言って欲しかった・・・!>

ここに至るまでの経緯が走馬灯のように蘇り、
湧き上がる憎悪。

阪神こらぁぁあああ・・・!
弁当売るために・・・!
ワザと中止発表遅らせたんちゃうんか・・・!

もっと勝利を!

勝利なんて・・・無いんだよ・・・。
試合やらないと・・・勝てないんだよ・・・。

神戸の夜景

どうしようもない。自然には勝てない。
というわけで、結局そのまま高知へと帰った。

往復、約9時間。
楽しい・・・ドライブだった・・・。

わけないっ・・・!

予告

定期的に行われていると言う、
阪神応援ツアーに参戦した一発目の「阪神×ヤクルト戦」が中止になって、
『雨男疑惑』が囁かれ始めた竜一。

そんな竜一に口を滑らせてしまう、こうてん氏。

「来月の巨人戦も来るかえ?」

「じゃ・・・じゃあ行きます・・・!」

瞬間、立った、
来月も雨フラグ。

(いつもはむしろ晴男な勢いだったハズなので、たぶん次は大丈夫・・・!)

よって9月某日・・・竜一・・・!
甲子園リベンジ決定・・・!

また行ってきます! ☆(ゝω・)vキャピ

愛をください。(;ω;)

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-兵庫県観光

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.