高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

ああ、憧れの甲子園 鷲の章 前編/聖地への再訪

投稿日:2012.05.21 更新日:

高知を経ったのは午前中だった。
圧倒的な速度で高速道路をひた走るバス。

行き先は兵庫県。
「阪神甲子園球場」

今年もまたプロ野球のシーズンが始まったのだ。
「中日ドラゴンズ」の大ファンである私は、当然今年も「阪神タイガース」の応援をしに行く。

昨年は二度「甲子園」を目指し、
一度目は球場内に入って生ビールまで飲みながら、雨天中止。

長靴を履けば試合は出来ていたはずだし、気合と根性さえあればやれたはずである。
それにも関わらずの中止で、今思い出してもまったく納得がいかない。

二度目は、定期的に行われている「甲子園ツアー」の中にあって、
滅多に降らない雨が、私が初めて行った回に限って降ったために、
「竜一・雨男疑惑」が囁かれる中、バッチリ開催されてバッチリ阪神勝利。

見事に生まれながらの「晴れ男」であると同時に、
「勝ち運」を持った男であることを証明してみせた。


【関連記事】
「初めて甲子園に行った際」 「二度目に甲子園に行った際」


さて今回も親戚の"こうてん氏"と目指す甲子園。
先日から「パシフィック・リーグ」との交流戦が始まっているということで、
対戦相手は、「楽天市場」でお馴染みの「楽天イーグルス」

ナイター試合である。

吉野川ハイウェイオアシス ぶっかけうどん(冷)

とりあえず「吉野川ハイウェイオアシス」内にある「みのだ亭」にて、
初回にも食べた「ぶっかけうどん」をいただく。

以前は、おそらく徳島名産の「スダチ」だと思われる緑色の柑橘類が入っていたのだけれど、
今回は、誰が見ても「レモン」だと思うであろう黄色の柑橘類が入っていた。

<スダチはどうしたのだ!吉野川ハイウェイオアシス!
スダチはスダチだけに巣立ったのかっ・・・!>

茹で置きで少しダレている感じだったけれど、
毎度、食券を売る券売機の前に長蛇の列が出来ている
人気サービスエリアの荒波に揉まれているだけあって、やっぱり麺の素性は悪くない。

券売機には"大盛""特盛"の表記は無かったが、
口頭で直接伝えれば可能だったのだろうか・・・。

再度バスは、ひた走る。

車内で流されていた「藤川球児」のドキュメンタリー映像。
それに見入っていて「ハッ」と気が付くと、窓の外には瀬戸内海が広がっていた。

<高速道路、速いっ・・・!>

「淡路サービスエリア」で休憩をしてから、約1時間。
いよいよ高校球児の憧れであり、虎の聖地である「甲子園」の駐車場に着く。

駐車場から球場までが、また遠い。
数キロにも及ぶこの距離を歩かせることで、
興奮する虎党の気持ちをあらかじめ静めようという狙いが、運営側にあるとしか思えないくらいに遠い。

そして甲子園まで辿り付いたときには、
すっかり疲れ果てて、ただただ生ビールで一服したかった。

甲子園の外周を外野側から内野側に向けて歩いていると、オジサンがいた。

どこかで見たオジサンだったけれど、気にせず通り過ぎようとしていると、
一緒に居たこうてん氏が足を止め、川籐がどうとか言い始める。

"川籐"という名前には、私もピンと来た。
元・阪神タイガースの名選手である。

しかもよくよく見ると、目の前にいるオジサンは川籐、
"川籐幸三"さん本人ではないか。

甲子園 元阪神の亀山努さんと川籐幸三さん

<おおおっ・・・川籐っ・・・!
有名人を見るのは、去年甲子園に来た際、
スタンドから見たマット・マートン以来だ・・・!>

「有名でも無名でも同じ人間だろ?」という大変にドライな感覚の持ち主で、
有名人にまったく怯まない私は、もちろん川籐幸三にも驚かない・・・こともなかった。

横にいた人は誰かと"こうてん氏"に聞くと、
同じく、元・阪神タイガースの「亀山努」であると言う。

「へぇー」などと頷きながら、
<"さまぁ~ず・大竹"かと思った・・・!>
という言葉が喉の奥まで出かかったが、止めた。

二人はここで震災の募金活動をされているようで、
こうてん氏もバッチリ募金して、「亀山と握手した!」と喜んでいた。

甲子園 パフォーマンスをするマスコットたち

そのすぐ側では、阪神と楽天のマスコットたちがパフォーマンスをしていた。

可愛い。これは撮影しておかなければならない。
人垣を掻き分けるまでもなく、2メーターに及ぶ長身を活かして上から撮る。

甲子園 パフォーマンスをするマスコットたち2

トラッキーもさることながら、ラッキーの腕がすごい。ムキムキである。

そんなマスコットたちよりも可愛らしいと評判の私は、
三度目にして初めて見る甲子園の正面前で記念撮影。

甲子園 正面前で記念撮影

誰が見ても俺は"虎キチ"・・・!

(後編へ続く・・・!)
『ああ、憧れの甲子園 鷲の章 後編/球児のうどん』

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.