高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

駐車場うどん・秋の陣 前編/圧倒的美味

投稿日:2011.10.18 更新日:

パスタやフォーなど、世界中に溢れる麺文化の中でも、
『和食』に位置付けられるジャパニーズヌードル。

『饂飩(うどん)』

うどんは恐ろしくシンプル。

小麦粉と水と塩だけ。
という材料も去ることながら、
食べ方も単純明快。

醤油をかけただけで頂く『醤油うどん』や、
出汁をかけただけの『ぶっかけ』、卵で絡めただけの『釜玉』のスタイルは、
他の麺では、なかなか無い。

うどんは愛された。
愛されて過ぎて、映画化までされた。

うどんの魅力は、計り知れない。

うどんに魅せられた者たちは、
うどんのことを語り出すと止まらなくなる。

『饂飩(うどん)』
それは日本が世界に誇る、

圧倒的・・・!
麺文化っ・・・!

である。

『花見』という名目だったことに、
帰って初めて気が付いた夢の舞台、「うどんオフ会」から数ヶ月。

再び、例の駐車場に集う、
小麦に導かれし者たち。

開催される・・・!
うどんオフ会・・・秋の陣・・・!

今回の名目は、月見だ。

とは言っても、
当日は小雨が降っていて、月が見える気配なんてまったく無い。

けれども、

こまけぇこたぁいいんだよ。

花より団子・・・!
月よりうどんっ・・・!

出掛ける前、Twitterを眺めていた竜一。

思わず、飲んでいたブラックコーヒーを、
吹き出しそうになってしまう出来事があった。

参加者の一人、butch(ブッチー)さんのツイートである。

ブッチーさんの衝撃発言・・・!

そのツイートを読んだ瞬間、
竜一、若干パニック。

「うぇぇぇぇぇっ・・・!
岡崎っ・・・!!」

うどんの岡崎

岡崎って・・・!
あの岡崎・・・!?

(※ 『うどんの岡崎』・・・今年8月に閉店された高知の超有名店)

<閉店された今も・・・麺を注文販売しているという話は聞いたけれど・・・!
それにしても・・・ホントに・・・あの岡崎のうどんが・・・来るの・・・!?>

歓喜・・・興奮・・・!
荒くなる・・・鼻息っ・・・!!

<これは・・・ドキがムネムネどころの騒ぎじゃねぇ・・・!
ドキがムネッムネッ・・・小さい『ッ』が付く事態だぜ・・・!>

思い起こせば、岡崎最後の営業となった今年の夏。

日を限定して店を開けるという方式だったこともあって、
私は仕事との折り合いも付かず、結局、行けずに終わった。

未練、残りまくり。

遠距離恋愛だった恋人と、
長期間逢えないままに関係が終わったみたいな気分だった。

それが、今回あの駐車場で食べられるというのだ。

鼻息が荒くなるのも無理はない。

今回も幻製麺所の山雀さん共に、会場に到着。

この時、既に、
とうやくさんと、jinrockさん一家が談笑していた。

そんな中、竜一、
持参したビール350ml6缶パックの包装紙を、
その場でベリベリと破り、景気付け。

立て続けに・・・ほんの2本・・・!
飲みおおすっ・・・!

「ゴクッ・・・ゴクッ・・・!
ぷはぁっ・・・!」

<うううううう・・・美味いっ・・・美味すぎるっ・・・!
働いたあとに飲むビールもうめぇけど・・・!
働かずに飲んでも・・・美味いものは美味いっ・・・!>

(※ この日、雨天のため、竜一さんは労働しておりませんでした)

若干、景気付けが過ぎて、
いい気分になり始めた頃に、発見。

誰が見ても五右衛門風呂

あら・・・こんな所にお風呂・・・!
五右衛門風呂があるっ・・・!

<でもこれ・・・!あかーん・・・!
めっちゃ沸いとるっ・・・これは暑過ぎて入れまへんでぇっ・・・!>

そう思ったのも束の間。

近づいてよくよく見てみると、
湯煙の向こう側に、うどんのようなものが見える。

<えらいこっちゃ・・・!
これ・・・!お風呂ちゃう・・・!>

おうどん湯掻いてはる!

でっかい茹で釜やぁっ・・・!

湯の中で泳ぐうどんを眺めて、
軽快に飲み進めながらも、心、落ち着かない。

<今回も来はるらしいんや・・・あの人がっ・・・!>

飲みまくりながら、
今か今かとその瞬間を待つ竜一。

すると・・・。

見た事も無い高級車に乗って颯爽と現れる・・・!
圧倒的・・・!局長っ・・・!

はるさん

<うおぉぉぉ・・・以前にお逢いした時より・・・!
ますます美しくなっておられるっ・・・!>

もう止められない、この気持ち。

きゅんきゅんするぅぅううう・・・♪

前回は、はるさんの真正面という、
局長観察には絶好の位置を確保した竜一。

今回は、はるさんの隣、
超至近距離を確保。

やったぁぁぁあああ・・・!
嬉し過ぎる・・・この状況っ・・・!

<しかも・・・!はるさん・・・!
なんか・・・すっげぇいい香りがするし・・・!>

興奮と緊張が入り乱れて、ビールが進む進む。

いっけんさんや、ねぎちゃん一家も来たところで、
みんなが持ち寄った食べ物をいただく。

生春巻き

冷しゃぶ

ピザ・ロイヤル・ハルさん しいら天
(※ 画像をクリックすると拡大して表示します)

<ぬおぉぉぉ・・・どれもうめぇ・・・!>

料理って・・・!
こんなに美味しく作れるものなのかよっ・・・!

料理がまるで出来ない竜一は、
ただただ驚くばかりだった。

鹿肉(美味過ぎ)

まるで本マグロの赤身ように光る、鹿肉。
生姜醤油を付けて、生のままでいただく。

これがまたビールに合うっ・・・!

大きな皿にたくさん盛られていたのだけれど、
みんな「喰うシカねぇっ・・・!」という凶器に満ちた目付きで、
ドンドンと食べて、アッと言う間に無くなった。

そうこうしていると、
茹で上がる、うどん。

いよいよ始まる・・・!
うどん乱舞っ・・・!!

(後編へ続く・・・!)
『駐車場うどん・秋の陣 後編/うどん夢幻郷』

愛をください。(;ω;)

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.