月別アーカイブ:2013年06月

【閉店】山猫軒

* 山猫軒はその後に閉店されました。 Uターン禁止の電車通り。 駐車場が無いらしいのでコインパーキングを探す。 コインパーキングはなかなか見つからない。 店の周囲を反時計回りに2周した。 コインパーキングは、店の数メートル東にあった。 そこに高級な軽自動車を停めて、店まで歩く。 平日の上町。買い物袋を提げた人々が行き交う。 コインパーキングから「徒歩1分」といったところ。 『山猫軒』は「上町5丁目」電停の北側、真向かいにあった。 ちょっとだけドキドキする。 初めてだし、一人だし。 <でも後戻りできない・・ ...

てづくりうどん 麦笑 冷やかけ2013(オラの中で)シェイクダウン!

「そんなメニューがあったなんて・・・!」知らなかった。僕は知らなかった。"釜バターバジル"なんて知らなかった。 おおよそ、どんなものなのかは想像が付くけれど、まだ出会ったことがない未見のメニュー"釜バターバジル"それを追いかけて、僕は高知市の「てづくりうどん・麦笑」にやってきた。 相変わらず、店のお兄さんとお姉さんは、明るく優しい。 「冷やかけって、もうありますか?」と僕はお兄さんに訊いた。 「えぇ、ありますよ!」とお兄さんは言う。 「じゃあ、冷やかけ2玉で・・・!」いったい僕はどうしてしまったのだろう。 ...

中国料理 包 (パオ)

『中国料理 包(パオ)』 世界を包む闇をガラス越しに見ているときに「餃子」がきた。卓上に置かれている"餃子のタレ"と"ラー油"を小皿に垂らし、餃子を一つ、浸けて食べる。 「皮がモチモチ・・・」と私は口を動かしながら呟く。「ニラがいっぱい入ってる!」 餃子の香りが鼻から抜ける中。直後にきた「チャーシューメン」を食べる。 <ほむほむ・・・!>濃いめでシッカリしたスープの味が、口の中に広がる。<ほむほむ・・・!> 麺をいくらかモグモグしたあとに、チャーシューをモグモグ。それからスープをゴクゴクして思う。 <コリ ...

かつや 高知インター店

<カツ丼だけじゃバランスが悪いかな・・・>三十を過ぎた僕は、少しだけ自分の体を気を使う。<サラダも頼もう・・・> 夜の『かつや 高知インター店』おそらく十年前とか・・・ここがオープンした当初から、通りすがり、横目に見ていたけれど、実際に中へ入るのは初めて。 なかなかたくさんのお客さんがいる店内。 「すいませぇーん」聞こえない。「すいませぇーん」聞こえない。 蚊の羽音ほどである僕の声は、なかなか店員さんに拾ってもらえない。3度目の「すいませぇーん」で、ようやく拾ってもらえる。 駆け寄ってきてくれたお兄さんに ...

本手打ち讃岐うどん さかえ 「冷やかけとの出会いは、釜玉を食べている最中だった」

土佐山田町の『さかえ』で「釜玉うどん」を食べているときだった。 「冷やかけ・・・!」と、あとから来た男性が、お店のお姉さんに注文する声が聞こえてきて、僕は混乱した。 さかえに・・・! 冷やかけがあるのか・・・! いったいメニューのどこに「冷やかけ」と書かれているのだろう。 そういえば僕はこのごろ「さかえ」でメニューなんか見たことがない。 今日もメニューを見ずに「釜玉(大)」を注文した。 もしかするとメニューに「冷やかけ」と書かれているのだろうか。 僕にはわからない。 戸惑っていると、隣の席に中年の男性客が ...

CAFE MISSY SIPPY (ミシシッピ)高知・本山町/謎のチキンジョージ

川と平行して走る片側一車線の道路を、高級な軽自動車で走る。 両脇には山。右を見ても左を見ても緑色。川には大きな岩がたくさん寝ている。 「あっ!牛・・・!」 川の向こう側に牛が放牧されている。それを見つけて僕は言う。 「おいしそ・・・!いや、カワイイ・・・!」 国道439号線を東から西へ走る。 <この道沿いにあるはずなんだけど・・・> 目的の店を見落とさないように、道路沿いにある建物に注意する。 <もう近い・・・!近いぞ・・・!> 地図によると、もうすぐ側まで来ているはずだ。<どこ・・・!見つけれない・・・ ...

【高知】Cafe Rest HIIRAGI(カフェレスト 柊)市街地の小さな喫茶店

<いくらうどんが好きでも・・・> と私は思った。<うどんばかり食べていたのでは栄養が偏る・・・!> うどん以外のものもバランスよく食べなければならない。 土曜日。 うどんから逃げるよううにしてやってきた、高知市本町。 昼前の静かな天神橋通りを北へ歩く。 そこに『カフェ・レスト・柊』もまた静かに佇んでいた。 開け放たれた扉から中へ入る。 空間、綺麗。礼儀正しい雰囲気の男性店主が迎えてくれる。 <店も綺麗・・・店主も綺麗・・・> と私は口の中から外に出ないぐらいの声で呟く。 何か落ち着いた店の雰囲気と店主の雰 ...

塩麺独歩 相棒 チャーシューメン

塩麺独歩 相棒 - 高知市・二葉町の塩ラーメン専門店

<大盛無料・・・!> メニューに書かれたその文言を僕はもう一度見直した。 たしかに"大盛代金はいただきません"と書かれている。<ありがたいっ・・・!> おそらく高知で唯一の塩ラーメン専門店、『塩麺独歩・相棒』 ("独歩"と書いて"どっぽ"と読むみたい) いつもならメニューの決定にかなり頭を悩ませるけれど、このときはナゼか迷わなかった。 <絶対的にチャーシューめんだ・・・!> と僕は思った。<肉ッ!肉ッ!肉ッ・・・!> テーブル席が4組ほどあるだけの小さな店内。 平日ということもあるのか、スーツを着たサラリ ...

さぬき自家製麺 浜心うどん 玉子かけうどん

いったい何がいけなかったのだろう。いや、いけないことなんて何もなかったんだ。 私はラーメンが食べたかった。心の底から食べたかった。それも蒸せるほど濃厚で強烈なラーメンが食べたかった。 けれども、私はラーメンを食べなかった。 好きだけど・・・好きって言わないままでいて・・・結局そのまま・・・どうでもよくなっちゃうことってあるじゃない? 私の中に棲む乙女心がそう言った。 いや・・・むしろ私は乙女なのかもしれない。 (店舗画像はオープン当初のものを使いまわしています、汗) いったい何がいけなかったのだろう。私は ...

レストランピックのランチ

【高知】レストラン「ピック」ボリューム満点のおしゃれランチ!

水曜日も、また曇り空が広がっていた。 僕は決められないでいた。 <オムライス・・・食べたいな・・・!> 早くしなければならない、という焦り。それが募れば募るほど決められない。 <エビフライも・・・!ハンバーグもイイッ・・・!> 僕はメニューを必死で睨んだ。 一部のものは写真付き。写真付きじゃないものもある。 決められない・・・。 くそっ・・・決められない・・・。 メニューに記載された料理名を示す、すべての文字列がすこぶる魅力的に写る。 悩む。考えれば考えるほど思考の糸はグチャグチャに絡み合って解けなくなっ ...

おむすびころりん 後編/おむすび、うどん、カツオ、そして苺氷りとの出会い

『前編を読む』 やがてオバチャンは「はちきん定食」が乗った盆を持って、再び現れた。<ハチキンそうなオバチャンが、はちきん定食を>と私は思った。 定食のうどんは通常、いわゆる"かけうどん"で提供されるようだった。けれども私が行ったこの日は、偶然にもトッピング無料の日だということで、"肉、きつね、月見"などの中から、好きなトッピングがひとつ無料で選べるということだった。 私は自分でも驚くほどの優柔不断で決断力がないけれど、この局面では迷わなかった。即答で選択するは、「肉」 値段が一番高そうだったからだ。こうい ...

おむすびころりん 前編/タタキが食べたい、おむすびも食べたい

『おむすびころりん』に着いたとき、さっきまで降っていた雨が止んだ。私は車から降りると、初めて触れる戸を開けて、初めて吸う空気を吸った。 中には4人掛けのテーブル席がいくつか並んでいた。店のオバチャンが水を持ってきてくれる。 私はメニューを見ながら、どれを注文しようかとしばらく悩んだ。 <決められない・・・>と私は思った。<どれも魅力的で攻撃力高めッ・・・!> メニューには、"カツオのタタキ丼"と"うどん"のセットがあった。 <タタキ丼とうどん・・・!>私は頭の中でタタキ丼とうどんの味を想像した。<悪くない ...

手打ちうどん たも屋南国店 ひやひや2013特大リミックス

『手打ちうどん たも屋 南国店』 天カスと生姜をタップリ乗せて・・・。 冷たい出汁に、冷たい麺。 5月の晴れた日。私は"旨味のオアシス"で「ひやひや」を・・・もちろん「特大」サイズで解禁した。 <ぬくぅなってきたら、冷たいんが食べたいん・・・!> 今年も「ひやひや」が美味しい季節がやってきたぞねっ!(まぁ、たも屋の"ひやひや"って一年中あるので、冬でもよく食べるんですけど、えぇえぇ) ◆ 手打ちうどん たも屋 南国店(高知県南国市明見958-1)営業時間/8時~15時定休日/無営業形態/セルフ駐車場/有( ...

【高知】丸吉食堂(まるよし食堂)「ちゅうにち」と世界一の窓装飾

"苺氷り"を食べる前に『丸吉食堂』へ昼食を食べに行った。 「丸吉食堂の"ちゅうにち"が美味しい」とスパイが言っていたからだ。 いったい何のことだか、わからないかもしれないけれど、私の知り合いのスパイは本当にそう言った。 「それどこにあるんスか・・・?」 と私が丸吉食堂の場所を訊くとスパイはすぐに教えてくれた。 「ひろめ市場の西側の路地を入ったところ」 「ひろめ市場の西側・・・?」 と私は考えた。「ひろめ市場の西側に路地なんかあったっけ・・・」 それから何日も経たない内に、すぐ行った。 空から落ちる水滴。雨 ...

© 2021 生姜農家の野望Online