月別アーカイブ:2014年07月

桜井町2丁目食堂 テンゾーネ 「高速ピカタ」

<サーモンピカタ!>高知市桜井町にある洋食のお店「テンゾーネ」そのメニューに、「サーモンピカタ」と書かれていた。 私はサーモン、つまり鮭が大好きだ。 回転寿司の「スシロー」に行った際には、通常の「サーモン」はもちろん、「とろサーモン」に「焼とろサーモン」「炙りサーモンバジルチーズ」と、未曾有のサーモンメドレーを開始してしまうほど大好きだ。 そんな愛するサーモンが、テンゾーネではピカタスタイルで提供されるというのだ。さすがのスシローでも、サーモンのピカタ寿司は回ってこない。 そもそも私はピカタという料理自体 ...

桜井町2丁目食堂 テンゾーネ 「テンゾーネオムライス」

(サラダのほかにポタージュスープも付いていた!) (たぶん明日の記事で、もう一発テンゾーネいきます!)

洋食屋 SWEET BASIL(スイートバジル)

雨上がりの昼。平日だが「スイートバジル」の店内は、ほぼ満席だった。私はわずかに空いていた窓際の二人掛けの席に腰をおろして、新聞を広げていた。 <スパゲティーを店で食べるの、いつ以来だろう……> 女性客が多い店内。スパゲティーにうスープとサラダ、ミニピザにドリンクまで付いて(たしか)880円という、 本気のときの"ジャパネットたかた" みたいにお得なランチセットを注文した。 店員さんに「大盛にできますか」と訊くと、できると言う。「じゃあ大盛で!」と私は頼んだ。 最近、お腹が出始めている。食べたいものを食べた ...

【移転】老麺館2番 俺=ジュリエット

「おお、2番よ2番。どうしてあなたは2番なの?」 気が付くと、そんな台詞を頭の中で何度も復唱していた。そう、まるでジュリエットのように。 ▼「老麺館2番」は2017年11月現在、高知市愛宕山に移転されています。 (老麺館2番!高知・愛宕山に移転した元祖にんにくラーメンの店!) カウンター席に座り、店の人が置いていってくれた水を一口飲む。 <どうして1番じゃなくて、老麺館2番なの……?> もしかすると、そこには何か深い理由があるのかもしれない。聞けば感動してしまうほどの。 しかし、あえて訊かない。何でも答え ...

味千拉麺 南国店

火の国・熊本県に行ってみたいと思ったのは、桜が散ってまだ間もない頃だった。 でも熊本に行くとなると、少し遠くて大変だ。躊躇していると名案が浮かんだ。 「もう、めんどくさいから近場の"味千拉麺"でいいや」 そんなわけで、早速、熊本ラーメンの店「味千拉麺」の南国店へ高級な軽自動車を走らせた。 うどんに比べて、ラーメンは未訪の店が多い。<うわぁ…初めての店で緊張する……> 私はガタガタと手を震わせた。しかしそれは緊張によるものなのか、アルチューによるものなのか、イマイチよくわからなかった。 昼のオーダーストップ ...

喰いもんや うどん屋と二階

ゆっくりとカレーの香りが漂ってきた。 <そろそろ出来上がる頃かな……> 私は鼻から思いっきり息を吸い、その香りをクンカクンカと嗅いだ。 <やっぱりカレーの香りはいいなぁ、ヨダレが出る!> 『喰いもんや うどんと二階』 という変わった名前のこの店には、何度か来たことがあった。 酒を飲んだ帰りに千鳥足で暖簾をくぐって注文するのは、いつも「カレーうどん」だ。一度だけ「ぶっかけうどん」を注文したこともあるけれど、その後はまた「カレーうどん」ばかり注文している。 店の奥まで縦に伸びる肌色した木のカウンターの向こう側 ...

ラーメン食堂 黒まる 「日替わりランチ・ざるラーメン&ハーフチャーハン」

うんばらばーうんばらばー。「ラーメン食堂 黒まる」のカウンター席に座り、祈るような気持ちでラーメンを待つ。 <早く"黒まる"のラーメンを摂取しないとヤヴァイ……> 私は小刻みに震える手でコップを持ち、水を飲んだ。このところ「黒まる」に来ると震えが激しくなり、「黒まる」のラーメンを食べると震えが収まる。 どうやら禁断症状による震えらしい。 まだかまだかとラーメンを待った。 すると突然、後ろから誰かに肩を叩かれた。 「逮捕される……!」 瞬間的に、そう思った。 「竜一君だね?署まで同行願おうか?」「違う!俺は ...

ラーメン食堂 黒まる 「こくまる(大盛・半玉)」

黒まるが……。 黒まるが………。 5月の連休明け。 私はまた「ラーメン食堂 黒まる」に来ていた。 「黒まる」に来るのは、もう何度目だろうか。わからない。 それでも、いつもは仕事が終わった夜に来るので、昼の「黒まる」は初めてだった。 14時前、ランチタイムのオーダーストップ寸前に入店した。 床から天井まで伸びるガラス窓から、闇ではなく光が射している。 少し新鮮な気持ちでメニューを見る。 と言っても、メニューの記載はほとんど覚えてしまっている。何を注文するのかも、家を出る前に決めて来ている。 卓上のボタンを押 ...

ラーメン食堂 黒まる 「くろまる・チキンナンバンセット」

<美味しそうな鳥だなぁ……>チキンナンバンを前に、箸を手に取る。 あれからまた私は「ラーメン食堂 黒まる」に来ていた。 いったいどういうわけだろう。卵かけごはんに醤油をかけるように、あるいは目の前の納豆を混ぜるように、無意識に自然と黒まるに来たくなったのだ。 「黒まる」には、単品のラーメン以外にも様々なセットメニューがあった。ラーメンだけでなく、その他の料理も美味しい、そんな噂を聞いてもいた。 <たしかになぁ……>カリッと揚げられた衣。噛むと肉から脂が溢れてくる。 チキンナンバンに「くろまる」というラーメ ...

ラーメン食堂 黒まる 「つけまる & 天津飯」

生姜を植える作業が、ようやく終わろうとしていた。思い起こせば、この1ヶ月ほどのあいだ、生姜を植え続けていた。 <ラーメン食べに行きたい……> いつもは疲れて外出する気になんてならないのに、今日は少しだけ余力がある。夕方から雨が降り始めて、仕事を早めに切り上げたからだろうか。 『ラーメン食堂 黒まる』 テーブル席に座り、メニューを眺めていると、「つけまる」という記載を見つけた。「つけまる」とは、いわゆる「つけ麺」のことのようだ。 <"黒まる"の…つけ麺……> 通常のラーメンも好きだが、つけ麺も好きだ。つけ麺 ...

おおつ製麺 ~うどん復活!~

梅雨の合間の蒸し暑い日だった。車を降りた瞬間から降り注いでくる太陽光線に、私は顔をしかめ、声を漏らした。 「暑い………」 「おおつ製麺」に来るのは、セルフうどん屋としてオープンした当初以来、数年ぶりだった。 <いま…どういう風になってるんだろう……> 一時期、休店や再開を繰り返し、ラーメン屋になったり弁当屋になったりしていた大津製麺。 その間も興味はあったけれど、業態の変更があまりにも頻繁で、なんだか行きづらかった。 しかし、このところ、またうどんを主体に営業されているようだ、という話を聞いていた。 <前 ...

ファミリー喫茶 シーランド ~魔法の成分ブタミン~

目が覚めると憂鬱な気分だった。いったいどういうわけだろう。憂鬱だ。 嫌な夢でも見たのだろうか。わからない。思い出せない。とにかく憂鬱で心の中が真っ暗だ。 <豚を食べたい>と私は思った。<豚を食べれば大丈夫だ> 最近、私の周りで脚光を浴びている成分、「ブタミン」 「ブタミン」とは、豚肉の中に含まれている成分だ。でもその存在を知る人は少ない。 またブタミンは、うどんと一緒に摂ると効率が3倍アップになると言われている。 <豚肉と…うどん………> ほぼすべてのうどん屋に「肉うどん」があるおかげで、牛肉とうどん、と ...

© 2021 生姜農家の野望Online