高知市の人気屋台村「ひろめ市場」を地元民が徹底解説!

ひろめで安兵衛の餃子

ひろめで安兵衛(高知市/ひろめ市場)名物の餃子がビールに合う!

名物の餃子がおいしい人気屋台、安兵衛の ひろめ市場店「ひろめで安兵衛」を地元高知のグルメブロガー竜一がご紹介。高知県産のニラと生姜を使用したパリパリ食感の薄皮餃子がおいしいお店です。

「土佐の窯」高知・ひろめ市場内のピザバルで食べる、ジェノベーゼ。

ジェノベーゼは、パスタだけじゃなかった! 高知市の商業施設『ひろめ市場』内、ピザバル『土佐の窯』。 その店先を通りがかった竜一、発見。 「ジェノベーゼ」という名のピザ。 「ピザにも"ジェノベーゼ"があるんだ……」 パスタ店において「ジェノベーゼ」を見かけたら、「とりあえず生中で!」の勢いで、「とりあえずジェノベーゼ!」を注文するほど、ジェノベーゼ好きの竜一。 この局面においても「ジェノベーゼ」を迷わず注文! 「ピザ版のジェノベーゼ。いったいどんなヤツがくるんだ……!」 ひろめ市場北側、カウンターバー『サン ...

高知「ひろめ市場」おすすめのbar「サンクチュアリ」料理持込OK

高知の観光名所と化している、酒飲みのメッカ『ひろめ市場』。北側に「bar」がある。 竜一が本当に時々行く、見た目は温室!中身はbar・・・! その名は「名探偵サンクチュアリ」・・・! 酒飲みのメッカにある酒飲みの聖地「サンクチュアリ」(Sanctuary) 見た目は誰が見ても、温室 「怪しい植物を栽培してることはあっても、まさかここで酒が飲めるとは誰も思うまい・・・」 しかし一歩店に入ると、酒だらけ。 酒!酒!酒・・・! 世界中の酒が集められ、店内では毎晩・・・ 酒サミット開催中・・・! おしゃれなライト ...

スイーツ食堂「マンテンノホシ」ひろめ市場で津野町グルメを満喫

「満点の星」系列店で、高知市「ひろめ市場」内にある「スイーツ食堂 マンテンノホシ」で食べられる津野町グルメをご紹介。津野山ビール、津野山牛のホルモン炒め、ツガニのペンネで贅沢ランチ。

ランチにオヤツに酒のつまみに!ひろめ市場「珍味堂」カレーうどん

午後3時から5時までは休憩時間・・・!そんなお店が多い中で何気に重宝する・・・昼食難民救済店・・・! オヤツに食べたいんだ・・・!うどんを・・・白い麺線を・・・! ひろめ市場内・・・!珍味堂っ・・・! かけうどん200円を始め・・・数種のうどんが提供されている珍味堂・・・! カレーうどんは・・・!ありがたいお茶付きで350円! <カレーライスが食べたいときってのはあまりない・・・!だがカレーうどんは時々食べたくなる・・・> 決して量は多くないが・・・!そこは多様な食べ物が売られている『ひろめ市場』・・・! ...

カツオのタタキ、それだけじゃない高知「ひろめ市場」珍味堂・うに編

ウニが食べたい・・・ウニが食べたい・・・ウニが食べたい・・・! 心の底から・・・!ウニが食べたいっ・・・! それなのに5月下旬・・・! 時期的なことなのか・・・!スーパーマーケットを探しても・・・「スシロー」を探しても「はま寿司」を探しても・・・ どこを探してもウニがなかった・・・! 途方に暮れて歩いていた・・・高知市繁華街・・・! <よもやここにウニがあるとは・・・!> あった・・・あった・・・!ウニがあった・・・! ひろめ市場に・・・!ウニがあった・・・! 『珍味堂』で購入1200円・・・!高級な解凍 ...

カツオのタタキ、それだけじゃない「ひろめ市場」もちろん昼酒可能!

高知といえば龍馬・・・!高知といえばカツオのタタキ・・・! そんなわけで・・・! どうしても先行してしまう・・・「ひろめ市場」=「カツオのタタキ」・・・!そんなイメージ・・・! しかしタタキだけが・・・ひろめ市場じゃない・・・! まずは・・・! 洋食のK's Cafe名物・・・!しらすとオリーブのピザ・・・! <パリパリの薄皮・・・!軽い食感が酒に合う・・・!> そして・・・! 中華料理の長江苑・・・!キューリ味付・・・! <ごま油とニンニクで味付けされたキュウリ・・・!シャキシャキの食感がこれまた酒に合 ...

[ひろめ市場]餃子の「安兵衛」青りんご編

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 番外編/味太郎・K's Cafe

『EP5を読む』 かくして5杯分。タタキ丼の迷宮を彷徨った。 しかし私は、なにもタタキ丼ばかりを追い求めていたわけではない。 『ひろめ市場』には、和洋中なんでもある。 和洋中で言うと、タタキ丼は「和」だ。「和」ばかりではバランスが悪い。 世の中は何事もバランスが重要だ。 タタキ丼を食べる合間に、洋食や中華を食べる必要が、私にはどうしてもあった。 <どうしよう…タタキ丼以外に何か食べなきゃいけないけど…どうしよう…> 悩みつつ『ファミーユ』で何処かのタタキ丼を食べている最中。辺りを見渡していると目に入った、 ...

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 EP5/お城のいちばん船

『EP4を読む』 ドンブリを手に、ファミーユのカウンター席に戻った。隣に座る、愛媛から来たご夫妻の旦那さんが目を丸くした。 「まっ…!また食べるんですか…?」「え……ええ………」 いったいどういうわけだろう。私はまたしても『タタキ丼』を手に抱えていた。 <ダメだ……!俺はもう俺自身にも止められない…!> うどんに溺れ始めた初期の頃と同じ…! 食べたい…逢いたい…!逢って食べたいという意思に自制が効かない…! この感覚は危険…! 観始めたら気になり…追い続けてしまう…月9ドラマの恋の行方のように…! タタキ ...

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 EP4/吉照(よししょう)

『EP3を読む』 正月時期。ひろめ市場。『ファミーユ』のカウンターは満席。 「高知の方ですか?」左隣に座る短髪のオジサンが言った。肌が少し陽に焼けていて、綺麗な褐色をしている。 「そうです!高知です!」オジサンは愛媛県から来たのだと言った。奥さんも一緒だった。オジサンのさらに左隣に座っていた。 ソルティードッグ経由からのウィスキー。すでに2杯目。 「ファミーユ…初めてですか?」コミュ障農家、頑張ってオジサンに訊いてみた。 「もう何回もきてますよ!高知に来るたびに寄ってて…年に…そうやなぁ…年に何回ぐらいや ...

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 EP3/くじら専門店・千松(せんしょう)

『EP2を読む』 気が付けば俺は…!ひろめ市場の雑踏の中…!鰹と未来予想図を描いていた…! 鰹に向かって……!ブレーキペダルを5回点滅させている場合じゃない…! <ダメだ…ここで踏みとどまらなきゃ…!このままじゃ……鰹取りが鰹に………!!> ヨロヨロと立ち上がった。タタキのタレの味が、舌の上に残っている。 「もう1杯食べたい…あと1杯だけ……」しかしダメ。自分の気持ちを抑えなくてはいけない。 おそらく、ひろめ市場内には、まだたくさんのタタキ丼が存在する。<でもダメ…!踏みとどまらなきゃ…ダメっ…!> おぼ ...

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 EP2/どんぶりの十三(じゅうぞう)

『EP1を読む』 お吸い物を飲んでいると、アテが欲しくなった。『本池澤』のタタキ丼は、もう食べ尽くした。 酒を飲んでいると、炙ったイカが食べたくなるように、液体にはアテが欲しくなる。 アテが欲しい。 アテを求めてひろめ市場内を、 アテもなく彷徨った。 とある店先で足を止めた。<ぬおっ…ここにもあるのか…タタキ丼…!!> 『どんぶりの十三(じゅうぞう)』という店だった。<ドンブリ屋のタタキ丼…!これは…期待値高めっ…!> そうだ…これを…!このタタキ丼をアテにしよう…!! 注文して、お兄さんに作ってもらう。 ...

ひろめ市場「タタキ丼」の迷宮 EP1/本池澤

(上記画像は以前に撮影したものの使い回しです!) 外は肌寒くても、中は熱気に包まれていた。2014年。年始の『ひろめ市場』 地元民を始め、観光客や帰省客。座る席がないほど賑わっている。 <前に進むのも大変な状況…>人々の合間を縫い、歩く。 <なに食べようか…>探す、昼食。 軒を連ねる各店。和食や中華、洋食の店など様々あるが、その中でもダントツに多く目にする文字列。 『カツオのタタキ』 <いったい何店ぐらいあるんだろう…ひろめ市場でタタキを提供する店…> 以前食べた『明神丸』の『塩たたき丼』の記憶が蘇る。< ...

「ひろめ市場」350円寿司と、吉岡精肉店の唐揚げ

『ひろめ市場』に寿司を売っている魚屋があった。値段は8貫で350円。2貫105円の回転寿司チェーンよりも安い。(※編集部注・・・7貫350円の間違いと発覚です!☆(ゝω・)vキャピ) それが売られていることは随分前から知っていたけれど、食べたことがなかったので、買って食べてみた。いわゆる「味を見る」というやつだ。 週末で「ひろめ市場」内が満席だったので、近くの公園のベンチに座って食べる。 食べていると、ハトが群がってきた。気にせず食べる。 ウナギなんか、久しぶりに食べたな・・・と私は思う。ウナギは口の中 ...

昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!(昼編・たっ!)

『昼編・うっ!を読む』 もはや「ひろめ市場」は高知の観光名所の一つということだろうか。 観光客風の人、多し! 平日にも関わらず、たくさんの人で賑わっていて、様々な方言が飛び交っていた。 土佐弁とはまったく違うアクセントで話す見知らぬ男性2人と同じテーブルで、念願の"ひろめうどん"を食べていると、 なんだか自分が観光客である気がしてきた。 <せっかく高知に来たんだ・・・!うどんを食べただけで帰るなんて勿体無い!やはり高知ならではの味覚を堪能して帰らなきゃ!> 高知ならではの味覚といえば、なんだろう!と考えた ...

昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!(昼編・うっ!)

『夜編を読む』 「夜編」でもお伝えした通り!私の中で夜の「ひろめ市場」といえば、「ファミーユ」である! その「ファミーユ」で呑んでいたある日のこと!よく見かける、どう見ても常連の男性がうどんを食べていた! 私は驚愕した! <ひろめ市場に、うどんがあるのか・・・!> "農業界のうどん野郎"の前で、うどんを食べおおされる!という様相! 私は思った! <オラもそのうどん、食べてみたい・・・!> だが私は、"酒を飲みながらうどんを食べる"ということが絶対にできない! <酒は酒・・・!うどんはうどん・・・!> そこ ...

昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!(夜編)

「ひろめ市場」・・・。もはや高知の観光スポットと言っても過言ではないだろう、そこを私が初めて訪れたのは、昨年の秋ごろ・・・。 つまり、それまで私の人生に「ひろめ市場」は一切まったく関与していなかったのである。高知県生まれ高知県育ちの真性の高知県人であるにも関わらず、だ。 しかし、ここ最近、昼と夜の二つの顔、二面性を持つ「ひろめ市場」の魅力に気が付き始めた! そこで!今回!私の目線から見た「ひろめ市場」を特集してみようと思う! 題して・・・。 「昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!」(タイトルは嘘偽りだらけ ...

© 2020 生姜農家の野望Online