高知で一人でも気軽にランチ・ディナーができるお店

たも屋 南国店 かけうどん

今日は『かけ』!そんな気分の時に行くのが、『たも屋南国店』 『かけうどん(特大)』 基本的に、汁無し系のうどんが好きだから、普段、他の店ではあまり『かけ』は食べないんだけど、『たも屋』では、8割ぐらいの確率で『かけ』を注文する。 理由は、出汁。 高知のうどん屋さんにありがちな、濃い出汁は苦手なのだけど、『たも屋』の出汁は、元々香川のお店というだけあって、薄味で私好みなのだ。 するっと持ち上げてひとたび口に入れれば、ふんわりとした、しなやかな麺食感から解き放たれる小麦と出汁の大胆ショット! うわぁぁあああ! ...

らーめん工房りょう花南国店 塩つけ麺 & 特塩チャーシューめん

うどん屋でもラーメン屋でも、月日と共に、次第に味が変化して行く。そんなことが、ありますよね。 一度行って、「美味しい!」と思ったのに、数ヶ月経ってもう一度行ってみると、「あら?」と思うこともあれば、逆に、「まぁ、こんなもんかな?」という程度にしか思っていなかった店が、「こんなに美味しかったっけ!?」と言うほどに、進化を遂げていることもあります。 『らーめん工房 りょう花 南国店』 ここに来るのは久しぶり。前に来たのがいつだったかは覚えていないけど、おそらく、一年以上は来ていなかったと思う。 店の外観の写真 ...

十兵衛うどん カルビうどん & かけうどん

いおき家 → 伊尾木洞と来た、竜一の高知東方面ツアー。実は、この店に行くことが、今回一番の目的でありました。 室戸市、『十兵衛うどん』 ここもいおき家と同じく、以前やっていた『ほっとこうち』のスタンプラリー以来、3年ぶり。 なんだか3年って短く感じるな~。久々って感じがしない。まだ前回来た時の記憶がシッカリとあるし、つい最近来た気がする。 注文したのは、3年前と同じ。『カルビうどん』 3年前と変わらないお婆さんが、ニコニコ顔で持ってきてくれた。 これが食べたくってここに来たんだよ!お婆さんも元気そうで良か ...

いおき家 釜玉 & ぶっかけ(温)

雨。空いた予定。 そうだ!うどん、行こう! 狙いは決まっていた。 東だ。 濡れた国道55号線を、室戸方面にひた走る。右手に海を見ながら走った先は、安芸市、いおき家。 私、うどんの為ならどこまででも行けるの。。+゚☆(・ω・*人)キャ! いおき家に来るのは、地元情報誌『ほっとこうち』でやっていたうどんスタンプラリー以来、3年ぶり。 屋根には、上空から来ても分かるようにと、『うどん』と大きく書かれている。 『釜玉(並)』 麺は、海。鰹節は、大地。ネギは、森。卵は、真心。を表している。 そして、そこに注ぐ出汁醤 ...

筑豊ラーメン山小屋野市店  ワンタンメン

麺好きと言っても、基本、うどん派なのですが、ラーメンが食べたいと思うこともあるわけで。 ラーメンが食べたいと思った時に一番行くのがここ。 『筑豊ラーメン山小屋野市店』 『ワンタンメン』 ワンタンが沈んでしまっていますが、ワンタンは確かに底にいます。 ここで、俺は気付いた。 チャーシューメンとスープの色が違う!? どっからどう見ても、チャーシューメンとはスープの色が違っているのだ。光の加減かなと思ったけど、そうじゃない。絶対に違う。 よし、比べてみよう! 左がチャーシューメン。右がワンタンメン。 どうですか ...

筑豊ラーメン山小屋野市店 チャーシューメン

チャー。 シュー。 めーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!! 麺が、 見えーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!! 麺の向こう側・・・。 そこには餃子のタレがある。 ◆筑豊ラーメン山小屋野市店営業時間 11時~22時定休日 無(要確認)駐車場 有『筑豊ラーメン山小屋野市店』の場所

たも屋南国店 釜玉うどん 2玉目

新年一発目のうどんは南国市の、た~~~~~~~~もや~~~~~~~~~! というわけで、『たも屋南国店』! 釜玉うどん(大)にゲソ天を乗せてみました。 正直、以前と比べてコシが少し落ちているような気がしたけど、ゲソ天はウマー! ■『たも屋南国店』営業時間 10時30分~14時30分定休日 無駐車場 有『たも屋南国店』の場所  ← 人気ブログランキング - 今年も応援クリックお願いします!

筑豊ラーメン山小屋野市店 昭和ラーメン & 黒ラーメン

『やまいち』との二択に散々迷って、やっぱ今日はラーメンの気分だね。 うどんもいいけど、ラーメンもね! というわけで、やってまいりました。香南市野市町の『筑豊ラーメン山小屋野市店』! 最近の『山小屋』は、高知のラーメン店にありがちな、オープンした頃は大盛況だったのに、月日が経つに連れて段々と客がいなくなるという現象の逆を行き、行く度に客の数が増えてきておりまして、 高知麺好きはここに注目しないでどこに目ぇ付けとんじゃ~! と言いたくもなるほど、マジで客増えてんのよ。という状況なのであります。 現に、ピーク時 ...

道の駅 布施ヶ坂

前回の、和食レストランゆうゆう大津店に引き続き、天狗高原の帰りに拾ってきたネタ第二段です。(笑(天狗高原→この記事→ゆうゆう が実際に行った順序なんですが、ブログの更新順では、天狗高原→ゆうゆう→この記事 になっています) 帰り道、津野町を車で走っていると、山に囲まれた道沿いにやたらと、「あめご」と書かれた看板や旗が立っているのが目に入った。 脳内で、アメゴの味を想像すると、 なんだか、 急に、 お腹が、 空いてきたぞ! (いっこく堂風に読んで というわけで、すっかりアメゴに洗脳された私がノコノコやってき ...

中乃家、増やし過ぎたえび天ぶっかけ

土佐市うどん遠征後編は、『中乃家』! <前編>黒潮うどん 醤油うどん&かけうどん 先に行った『黒潮うどん』では、もう一店ハシゴしなきゃいけないからと、量を小にしてセーブしていたのだが、ここではもうセーブする必要が無いから、心置きなく食べられる!と、意気込んだのがそもそもの間違い。 デデデーン! えび天ぶっかけ、大盛りぃ~! 常日頃から、ホームグラウンドにしているうどん屋では、3玉ぐらい当たり前のように食べている、痩せの大食い竜一。『たも屋』では特大だし、『やまいち』でも特盛りとか平気で食べちゃうもんね!と ...

筑豊ラーメン 山小屋野市店 みそとんこつ

香南市野市町、『フジグラン野市』の敷地内にある、豚骨ラーメンの店、『筑豊ラーメン 山小屋 野市店』‎ ある平日の昼間に、一人でガラガラッと店の戸を開けて入ってみた。 店内は七割ほどの席が埋まっている状況で、なかなか繁盛している様子。三人のいずれも小太りのオバちゃん達が、忙しそうにせせこましく動き回っている。 随分前の夜に一度来た時は、ほとんど客がいなかったから、もう店自体が無くなっているんじゃないかと思ったけど、心配御無用なのでありましたね。 この店の基本は、『醤油豚骨』のスープのようなのだけ ...

たも屋 釜玉うどん

うどんの画像を溜め込み過ぎると収拾がつかなくなることを、私は知っている。 というわけで、うどんの画像をサクサクッと上げておきますね。次回行くうどん屋選びの参考にして頂けると幸いでございます。 そして、またしても、『たも屋南国店』です。 あんた、たも屋行き過ぎ! ってやつですね。 写真は、『釜たまうどん』です。どうも、影になっている所で撮ったせいか、色が白っぽく写っていますが、 実際はもっと黄色っぽく、卵のような色をしています。 「卵のような」っていうか、卵そのものなんだけど。 あまりに白っぽく写っていたの ...

麺屋・國丸 炙りチャーシュー味噌ラーメン

麺好きの皆さん、こんにちは。私、突然思ったんですよ。 そうだ!ご飯を食べに行こう! いつもいつもうどんばかりだから、今回はラーメンにしてみよっかな~。ふんふん♪ 麺類以外の選択肢は無いのか。 と、自分の思考回路にゲンナリしたけど、ホントに麺が食べたいし、麺類以外に外食って何があったのかすらも思い出せないのだから、仕方が無い。 行ったことがない店に行ってみたいと思ったけど、行きたい店もこれといって無いから、結局、南国市の『麺屋・國丸』に行くことにした。 味噌ラーメン専門店として名高き『國丸』に行くのはこれが ...

音速のたも屋

もはや農業ブログなのか、麺ブログなのか分からなくなってきた生姜農家の野望Online。もう少し農業ネタの割合を多くしたいところなのだけど、時期的なものと曇雨天の影響で、近況はすっかり麺ネタの割合が多くなっているのでありますね。 11月が近づくと、生姜の収穫時期ということで、一気に生姜ネタが増えると予想されますので、うどんとか興味ねぇんだよ!という方にも、ご理解とご協力をお願いしたいところでございます。 さてさて、『竜一の麺物深訪』今日はまたまた南国市の『たも屋』にお邪魔しましたよ。 開店時間直後に開店勝負 ...

喫茶店うどん 【シーランド かけうどん】

うどんの中毒症状が出て久しい私の携帯電話のデータフォルダには、沢山のうどん画像が入っている。 今日は雨が降ってやることもなく、データフォルダのうどん画像を眺めながらニヤニヤしていると、何やら見慣れないうどんの画像が。 (この画像は2008年3月に撮影したものです。) 一緒に写っている割り箸の袋には、「シーランド」と書かれている。 ぬお!ああ、おお、シーランド! と、シーランドに行った時の事を思い出し、暫し思い出に浸る・・・。 画像のデータによると、あれは去年の三月。春の足音が近付く陽気な昼下がりじゃった。 ...

たも屋への愛を叫び過ぎた柳沢慎吾

"問題です。" "農業の記事よりも、うどんの記事を書いた時の方が力が入っているのではないかと噂される、うどん好き、竜一が、現在一番よく行くうどん屋と言えば、「さかえ」ですが、では、その「さかえ」の次によく行くうどん屋は何処!" チチチチチチチチチチチチ・・・! ピンポーン! "はい!最果て農業高校!" 南国市の「たも屋」! 正解!! 私の記憶が確かならば、「たも屋」は、元々、さぬきうどんの本場香川県で誕生し、現在高知県では三店舗を展開していて、尚且つ、そのどの店舗も連日人人人で大盛況という云わずと知れた人 ...

© 2020 生姜農家の野望Online