【豊浜サービスエリア】「ぴっぴ亭」高速道SAで本場の讃岐うどん!

投稿日:

粉雪が風に乗って舞っている。

南国高知の生まれで、雪に不慣れな私はドキドキしながらハンドルを握っていた。

暗闇の中に光が見えてくる。
豊浜SA(サービスエリア)の光が見えてくる。

私は名古屋に向かっていた。

関連記事:【名古屋城】「金のしゃちほこ」と記念撮影できる?天守閣には売店も!

スポンサーリンク

豊浜SA ぴっぴ亭で食事(香川県観音寺市)

豊浜サービスエリア(上り線)

豊浜サービスエリア(上り線)

*上記画像は前回訪れた昼間のときのものです。今回は夜に行きました。

駐車場にとめた車から降りると、冷たい風が吹いている。

足早にサービスエリア、建物の中に入る。

豊浜SA フードコート

豊浜SA 讃岐うどんぴっぴ亭

豊浜SA 讃岐うどん「ぴっぴ亭」

前回はランチした、豊浜SA内のセルフうどん店『ぴっぴ亭』。

関連記事:豊浜SA上りで食事。讃岐うどんセルフの醍醐味が味わえる、ぴっぴ亭

朝は早く、7時から開店されているが、平日の夜は20時までの営業(土日祝は21時まで)。

スマホで時刻を確認すると、現在すでに19時50分……!

「あと10分しかない……!」

『ぴっぴ亭』は閉店間際でも、同じ厨房とフードコートを使っていて、うどん以外のメニューを置いているお食事処 ひうち灘』は24時間営業されているため、ほかのお客さんは結構いる状況。

スポンサーリンク

讃岐うどんぴっぴ亭のメニュー

豊浜SA 讃岐うどんぴっぴ亭のメニュー

讃岐うどん「ぴっぴ亭」のメニュー

急いで店先のメニューボードを眺めていると「ピリ辛とり飯」なるものを発見する。"おすすめ"と書かれている。

  • ピリ辛とり飯(小)390円
  • ピリ辛とり飯(大)490円

「鶏か……」
まったく別物ではあるけれど「骨付鶏」が名物だったりして、鶏イメージがある香川県。

関連記事:香川名物!骨付鶏「一鶴」土器川店(丸亀市)で美味しい鶏を堪能!

「鶏にしよう……」

 ぶっかけうどん(冷) & ピリ辛とり飯(小)

豊浜SA ぴっぴ亭 ぶっかけうどん ピリ辛とり飯

豊浜SA ぴっぴ亭「ぶっかけうどん&ピリ辛とり飯」

冷たいうどんに、ピリ辛とり飯の組み合わせ。

豊浜SA ぴっぴ亭 ピリ辛とり飯

豊浜SA ぴっぴ亭「ピリ辛とり飯」

「はじめまして。こんばんは。竜一と言います……」

ピリ辛とり飯に挨拶する。

「どうもー!」と、ピリ辛とり飯は答えた。

わりとノリがフランクだ。

しかし……。
「すいません。ちょっと先、うどんいきます」私はそう断った。

「ええ!いま出会ったばっかじゃん!」

「目の前にごはんと麺があったら、麺からいかないと気が済まないタイプなんで、すいません……」

もう一度断って、うどんを食べようとする。

「大抵みんなそうなんだよ。いつもオイラは後回しにされる!」

……などと、ピリ辛とり飯は憤慨している。

豊浜SA ぴっぴ亭 ぶっかけうどん

冷ぶっかけであるから、ただちに麺が伸びる心配はないのだが、真っさらな舌でうどんを感じ、空ききった胃にうどんを放り込みたい。

豊浜SA ぴっぴ亭 ぶっかけうどん

前回は「かけ」だったからこその「ぶっかけ(冷)」。

「冷たい状態で麺がどう変化するか……」
それがずっと気になっていた。

豊浜SA ぴっぴ亭 ぶっかけうどん

セルフで取り放題の「おろし生姜」をたっぷりのせて……。

いざ……!
うどんの世界へ……!!

「おおおお………」

うおぉぉぉぉ……!

ぴっぴの味がする……!!

万人にはわからないだろうが、わかる人にはわかる、

「ぴっぴ」の雰囲気。

「温で食べたときとはまったく違って、弾力が強い……!」

豊浜SA ぴっぴ亭 ピリ辛とり飯

そのとき、ピリ辛とり飯。

「まだかい?」と喋り、催促する。

「はい、ただいま!」

私はピリ辛とり飯を一口食べた。

「結構からい!」

そして……
「一打一打が重い!」

お腹にごはんがたまっていく感覚……!

ピリ辛とり飯は、少し悲しそうな表情を浮かべた。
「オイラ見た目以上にお腹が張るんだよね……」

どうやら、それが悩みのようだ。

「まあ気にしないことですよ」

私がそう言うと、ピリ辛とり飯は微笑んだ。

豊浜SA お食事処「ひうち灘」醤油ラーメン&唐揚げセット

豊浜SA お食事処ひうち灘「醤油ラーメン&唐揚げセット」

豊浜SA お食事処ひうち灘「醤油ラーメン&唐揚げセット」

「ひっぴ亭」と同じ、豊浜SAのフードコートにある『お食事処 ひうち灘』。

口頭で注文する「ひっぴ亭」と違い、サービスエリアによくある食券制。さらに24時間営業されている。

その「醤油ラーメン&唐揚げセット」。

さっきまでフランクなノリを見せていた「ピリ辛とり飯」はもういない。

私がすべて平らげたからだ。

「可愛いピリ辛とり飯だったよ。少し唐辛子のカプサイシンで抵抗したけど、最終的には全部食べてやったさ……」

しかし、それにしても……。

豊浜SA お食事処ひうち灘 醤油ラーメン 唐揚げセットの唐揚げ

また鶏か。

唐揚げは、何食わぬ顔して座っていた。

豊浜SA お食事処ひうち灘 醤油ラーメン 唐揚げセットのサラダ

「サラダもいるよ!」

どこからともなく声が聞こえたと思ったら、サラダが喋っていた。

<コイツも私が始末しなければ……>

ピリ辛とり飯と同じようにね……。

豊浜SA お食事処ひうち灘 醤油ラーメン

善良な醤油ラーメンも……。

豊浜SA お食事処ひうち灘 醤油ラーメン

すべて私が……。

ひうち灘という名の胃袋に、ぴっぴと沈めてやろう……。

逃げようとする醤油ラーメンを捕まえ、食べて沈める……。

「どこに行こうと無駄さ……。必ず私が食べてやる……」

戦慄のフードコート。
長い夜が更けていった……。

豊浜SA「フードコート」の特徴まとめ

  • セルフうどん「ぴっぴ亭」は20時、あるいは21時には閉店してしまうが、フードコート(ひうち灘)は24時間営業。
  • 「ぴっぴ亭」のうどんは、温・冷で表情がまったく違う。できれば両方食べたい。

豊浜SA(上り線)の所在地、営業時間、定休日、駐車場

  • 所在地/香川県観音寺市豊浜町箕浦甲2180−1(地図
  • ぴっぴ亭の営業時間/[平日]7:00~20:00  [土日祝]7:00~21:00 (フードコート・食事処ひうち灘は24時間営業)
  • 定休日/無
  • 駐車場/有
  • ■カウンター席/有 ■テーブル席/有 ■座敷/無

おすすめ記事:おすすめ高知うどんまとめ!

*高知のうどん屋さんめぐりに「高知うどん全店リスト」もご活用ください。

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-香川・観音寺市のうどん, 香川県のラーメン

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.