月別アーカイブ:2013年05月

ひろめ市場内「龍馬茶屋」 苺氷り

『龍馬茶屋』(高知市・ひろめ市場内) (食券販売機で食券を購入して注文) <苺氷り・・・!>「さきっちょ」でチューリップを購入しているときに、後ろを振り返って驚いた。<ここにもあったのか・・・!> 「さきっちょ」の向かいにある『龍馬茶屋』その店先に貼られたカキ氷の写真。脇には記憶にある文字が並んでいた。 『苺氷り』 私が苺氷りを見かけるのは初めてではなかった。数ヶ月前に別の場所で見かけたことがあった。 私は甘い物が苦手だ。でも、そのときは様々な事情が重なったこともあって、いったいどういうわけか苺氷りを食べ ...

和楽路屋(わらじや) フォーミンチーと天麩羅うどん

「ファミーユ」では、いつものようにウォッカを煽り、「MI6東京」では、<スパイが飲みそう!>という理由からバーボンを煽った。そしてその後に行った大人の空気が漂うBarでは、酔ってエンジンがかってしまうと雰囲気的に"浮きそう"だな、と考えてジントニックを飲んでいた。 私はフォーミンチー。ベトナム担当のフォーミンチー。 無事にコードネームを授かった夜。最後に"うどんロボット屋台"として有名な「和楽路屋」へ行った。 到着。和楽路屋。 「おぅっ・・・!」和楽路屋の大将は私と目が合った瞬間にそう言った。 「覚えてく ...

【閉店】中華料理 雷 (高知市/大津バイパス)

「中華料理 雷」は2019年に閉店されました。おいしい料理をありがとうございました。跡地にはラーメン屋さんがオープンされるようです。 「オムライス」と共に、このごろの僕を支配しようとしているのが「天津飯」だった。 いったいどうして僕がオムライスと天津飯に支配されようとしているのか、僕にもわからない。 "ごはんを玉子が覆っている"・・・両者に共通しているのは、それだけである。 とにかく僕は、タバコを吸う人が一日のあいだに何度かタバコを吸うように、あるときはオムライスを、またあるときは天津飯を食べて心を落ち着 ...

手打うどん 吉川 武蔵野風肉汁うどん・野菜ちゃんぽん

圧倒的!2月・・・!「武蔵野肉汁うどん」シリーズに新メニューが追加されたという情報を得て、香南市野市町の『手打うどん 吉川』へ。 『武蔵野風肉汁うどん・野菜ちゃんぽん(特大)』(つけ麺にするか、ぶっかけにするか、食べ方が選べるので、ぶっかけ、ひやあつにて注文!) 注文して5分ほど待って現れたのは、期待どおりの1杯・・・!ドンブリの中の肉汁に沈められた特大3玉分の麺を、大量の肉と野菜が覆い尽くす!つまりは通常の肉汁うどんに、野菜が追加された仕様。 吉川独特の、細く、波打ったような麺!そのプルンプルンした食感 ...

和食レストラン ゆうゆう大津店 お得なセットたち

去年の9月!高知市大津にある「和食レストランゆうゆう」に行ってきたよ! 今日は全然くどくない!いきなり料理が登場する! だぁーん・・・!圧倒的!カツ丼・・・! うどんが付いて980円! 安っ・・・!単品は880円!100円出すだけでうどんが付くんだ! 出すよ!出すよ!100円出す!ジャンジャン出す!俺、うどん野郎やし! メニューには、ごはんの大盛無料と書かれていた!いやぁーん!絶対大盛にするに決まっちゅうやーん! いっぱい食べて大きくなります。 カツ丼だけでは大きくなれないので、『季節のごはん膳』もイクッ ...

CAFE & RESTAURANT(カフェ・レストラン)森

<オムライス・・・!>さて何を食べようか、と考えたときに僕の頭の中に真っ先に浮かんだのは、それだった。 "うどん"という、僕にとって絶対的な3文字を差し置いて、オムライスが先行したのには自分でも驚いたけれども、しかしとにかく先行したオムライスは、うどんを完全に置き去りにしてゴールを駆け抜けた。 <オムライス・・・!オムライス・・・!オムライスゥゥゥッッ・・・!> やがて僕はオムライスに支配された。もはや僕は人間じゃない。・・・オムライスだ。 でもどこに行けばオムライスが食べれるのか、それが僕にはわからなか ...

セルフ こがねうどん

食べても食べても欲しくなる・・・。白くて長い麺が・・・また欲しくなる・・・。 絡め取られそうだ・・・いやすでに絡め取られている・・・。うどんに・・・うどんというマモノに・・・俺の心は絡め取られている・・・。 『ばかぼんうどん』で"肉うどん"を食べたあと、私はまたうどんを食べに行った。 <今日は行きたい店をすぐに思いつく日だな・・・>と車を走らせながら私は思った。<何か冴えている・・・!> かなり優柔不断な性格である私は、食べに行くうどん屋の選定にいつも長時間悩んでしまう。うどん屋さんの営業時間は短い。11 ...

深夜の「ぎゅうせん」で「おでん」4本締め!

酒を飲んだあと、以前はラーメンやうどんを食べたくなることが多かったが、このごろは、よく「おでん」が食べたくなる。具体的には、おでんの「牛すじ」が食べたくなる。 <俺は肉が食べたい・・・>深夜の高知市帯屋町を歩きながら、時々そんな気分になる。<俺は肉が食べたい・・・肉が食べたくなった俺はもはや肉食・・・> 俺はティラノサウルスだ。 (深夜の話なのに、画像が明け方の"ぎゅうせん"でもキニシナイ) そして時々「ぎゅうせん」へ行く。 フラッと立ち寄って、入口の段差でつまづかないように気をつけながらフラフラ入る。そ ...

南国SA(下り) 鍋焼きカレーラーメン

1月中旬。(ぇ!笑)この記事で食べたがっていた「鍋焼きカレーラーメン」を食べに、「南国サービスエリア」へ。("南国SA"への一般道からの進入方法はコチラ!)

ウサギ日和 EP4 「ウサギ島で、ウサギまみれ」

『EP3を読む』 小さな島でたくさんのウサギが暮らす、通称"ウサギ島"とも呼ばれる、ウサギの楽園「大久野島」 噂に聞いていた通りのウサギだらけっぷりに、僕はデレデレしながら歩を進め、やがて島唯一のホテルに達した。 僕はホテルの入口に立って中の様子を伺った。するとドアが左右に勝手に開いた。 自動ドアだった。 自動ドアをくぐってロビーに入る。そこには巨大なウサギがいた。 <ホテルの中にもウサギが・・・!?>と僕は驚愕した。<しかもデカイ!巨大ウサギか・・・!> しかし、よく見ると、それは大きな写真だった。<あ ...

ウサギ日和 EP3 「ウサギの楽園・大久野島」

『EP2を読む』 大久野島・・・。通称「ウサギ島」とも呼ばれるその島は、本当にウサギの楽園だった。 「あ!あそこにウサギがいる!」「おっ!ココにもいる!」と僕は、その辺で寝転がっていたり、あるいはピョンピョン飛び跳ねているウサギたちの可愛らしさに完全に魅了されながら、島内を散策した。 ほげぇーーーーー! 大久野島自体が観光地と化しているので、ウサギたちは、やはり人に慣れていて、かなりの距離まで近付いても逃げない。逃げないどころか、ごはんをくれると思ってコチラに近付いてくる。 <やーん!俺モテモテやー!>と ...

【閉店】ひろめ市場内 さきっちょ ミルクラーメン

* 「さきっちょ」はその後に閉店されました。 あのミルクラーメンがまだこの世に存在すると知ったのは、 「さきっちょ」でチューリップを購入したときだった。 私は時々「ひろめ市場」内の「ファミーユ」というbarに行く。 酒を飲んでいるあいだ、あまり物を食べないけれど、さきっちょのチューリップは、たまに食べる。 酒に合うし、なにせ美味しいからだ。 私はいつもチューリップしか頼まない。 だから、さきっちょのメニューなど見たことがなかった。 しかしその日はなんとなく、 "チューリップ以外のものは何があるのだろうか" ...

ウサギ日和 EP2 「盛港~大久野島」

『EP1を読む』 船は低いエンジン音を響かせながら、港に接岸した。中から降りてきた係りのオジサンに乗船券を渡して乗り込む。 <船に乗るなんていつ以来だろう・・・>と僕は記憶をたどった。<桜島へ渡ったとき以来、2年ぶりか・・・> さて、どの座席に腰を下ろそうか、迷っているあいだに船は早くも発進した。 普段、船に乗る機会なんてあまりないのに、船内に閉じこもっているのは勿体ない気がして、甲板に出る。 乗船した盛港が急速に遠ざかっていく。周りにはいくつかの島が見えるけれど、目指す大久野島がどれであるのか、僕にはわ ...

中国家常菜 鳳龍菜館 塩ラーメンセット・餃子・天津ら~麺・大盛!

『中国家常菜 鳳龍菜館』(ちゅうごくかじょうさい ほうりゅうさいかん) 『塩ラーメンセット』 『餃子』 「天津麺」でも「天津ラーメン」でもない。『天津ら~麺』 ら~麺。 大盛。器、洗面器サイズ。もはや天津ら~麺という名の猛獣。 もうダメ・・・もう入らない・・・。でも食べる・・・食べてるときが一番幸せ・・・。 いっぱい食べて大きくなります。 ◆ 中国家常菜 鳳龍菜館(高知県香南市野市町西野669-1)営業時間/11時30分~15時・17時~21時定休日/毎週木曜日・第3金曜日駐車場/有(店の前と裏)『鳳龍菜 ...

ウサギ日和 EP1 「盛港へ行って船に乗る」

早朝の「馬立パーキングエリア」で、僕はジョジョ立ちをしていた。馬立PAは、愛媛県の四国中央市を抜ける高速道路沿いにあるPAだ。 「じゃあ予定通り、ここで朝ごはんを」と僕はジョジョ立ちを終えて呟いた。 朝ごはんは、2日前にスーパーで買った半額のお惣菜だ。食べ忘れていたそれを、これから遠出しようというこの局面で食べるのは、どう考えても危険である。 <お腹を壊したらどうしよう・・・>と僕の中にも、わずかばかりの不安がよぎった。<でも!いまここで食べなきゃコイツはもう絶対に食べられないんだよ!> 僕は、お惣菜のパ ...

CAFE & PASTA パスタはっとりくん

<パスタの専門店なんて、何年ぶりだろう・・・>外から見るよりも広い店内。その中で私はパスタを待ちながら、ぼんやりと考えていた。 『CAFE & PASTA パスタはっとりくん』 夜の南国市岡豊(おこう)の国道32号線を北へ。やがて見えてきた赤い看板の下へ車を向ける。 「満車?」高い密度で埋まった駐車場を見て、私はそう言った。 「いや、あそこ!1台分だけ空いてるよ!」と車に同乗している与田君が、わずかに空いた場所を指差して言う。 車を降りると生温かい風が、ゆっくりと吹いていた。知る人ぞ知る店「はっと ...

中国庶民料理 珉珉(みんみん)

あれから天津飯を食べに行った。「草や感謝祭」後に呑んでいたラストチャンスを出て、私は高知市帯屋町のアーケード街をアテもなく東へ歩いた。 <お腹が空いた・・・>海ぶどうを食べてもなお、私のお腹は空いていた。<どこかでナニカを食べよう・・・> 私は、通りがかりに偶然目に付いた一軒の店に入った。そこは、ある企業が経営する店だった。 キチンと教育された接客。豊富なメニュー。清潔な店内。 とても良い店だった。でも、なんだかすべてが型にハマリ過ぎていた。 <ときめかない・・・>と私は思った。<もっとゾクゾクしたい・・ ...

春の草や感謝祭2013 後編/コミュ障でもなんとかなる!

『前編を読む』 チャビーさんのブースの横でしばらく話していると、「サインファクトリー」のプリンセスや、OさんやKさん、それからSにゃんもいらっしゃった。 何人かの知っている方にお会いできたおかげと、いろいろした(?)おかげで、少しだけ自分のエンジンが温まってきた。 私はもう一度、門の近くにある「幻の山雀うどん」のブースを目指した。山雀さんのブースのすぐ近くでは、香南市観光協会の局長はるさんの旦那さんであるTさんが、香南市関連の物を販売されていた。 個人的な話。以前に一度だけ、某スーパーでTさんと局長が仲良 ...