高知でモーニングできるおすすめのお店

ファニーズワッフル高知店 モーニング&ブランチワッフル

ファニーズワッフル高知店 - モーニング開始で"朝ワッフル"可能に

ファニーズワッフル高知店が2020年2月17日(月)よりモーニング&ブランチの提供を開始!毎日朝10時〜13時までだけ食べられる時間限定メニューです。所在地/高知市南御座6-10,営業時間/10:00~21:00 *モーニング&ブランチ10時~13時まで

高知南国市の農園レストラン TRITON(トリトン)モーニング

農園レストラン トリトン(高知/南国市)モーニング/おいしいパンとコーヒー

高知・南国市の農園レストラン TRITON(トリトン)のモーニングをご紹介。サイフォン式のコーヒーがおいしい!パンもおいしい!個室もあり、子連れ(幼児連れ)で気軽に食べに行きやすい、雰囲気のよいお店です。所在地:南国市大埇乙847-1,営業時間:9:00~22:00

カフェ ボサノヴァ モーニング 高知 香美市

CAFE BOSSA NOVA(カフェ ボサノヴァ)香美市/高知工科大学近くにオープン

高知県香美市にオープンしたカフェの新店「CAFE BOSSA NOVA(カフェ ボサノヴァ)」のモーニングとメニューをご紹介。所在地/高知県香美市土佐山田町宮ノ口字東丸南239-3 営業時間/8:00〜17:00(モーニング14時まで *売切れ次第終了)定休日/月曜日 駐車場/有

マンテンノホシ野市店 和食モーニング

【高知】「マンテンノホシ野市店」モーニングは和食&洋食両方あり!

高知県香南市野市町、マンテンノホシ野市店のカフェで新たに開始されたモーニングメニューをご紹介!満天の星の地元・津野町の野菜を使った和食モーニング、ほか洋食モーニングが食べられます!所在地:高知県香南市野市町西野2007ー1 フジグラン野市敷地内 営業時間:【モーニング&おやつ】9:00〜11:00 【カフェ&おやつ】11:00〜20:00定休日:年末年始

香南市テルミツのモーニング

高知・香南市「テルミツ」モーニングはコスパ最高!ボリューム満点!

前回、高知県のブランド牛「土佐あかうし」を使用したハンバーグのセットが、なんと780円で食べられるとお伝えした、香南市野市町の「Zakka&Cafe Terumitsu(ザッカ&カフェ テルミツ)」。 前回に訪れた際の記事 Terumitsu(テルミツ)香南市野市町の人気カフェでランチ! そのテルミツで今度は、ベーグルと巨大おにぎりが650円で食べられる驚愕のセットを発見! お昼に軽く食べたい 朝からガッツリ食べたい。 おしゃれな穴場カフェをさがしている。 コスパも気になっちゃうわ☆ そんなかたに ...

穀物学校のモーニング

【高知市】「穀物学校」で子連れモーニング!座敷があって嬉しいな♪

人生経験の浅い幼児を連れて、外食することは難しい。 多くの人が子連れになって初めてわかるのが、座敷のありがたさ。 たとえば母子で、たとえば父子で……。 大人と幼児。二人だけで外食することは、とても大変なことである。 入店してから数分も立たないうちに席を立ち、店内を走り回ろうとする。 走り回る以前に、着席した次の瞬間には店を出ようとする。 そんなことは日常茶飯事だ。 座敷が欲しい……! ああ、それにしても座敷が欲しい! 多くのかたが、そう思われるのではないだろうか。 穀物学校の店内には座敷あり。大人数用には ...

【高知】「穀物学校」高知市高須の喫茶店で「モーニング」(座敷あり)

朝起きると突然「穀物」の勉強がしたくなった。 ああっ!それにしても…… 穀物の勉強がしたいっ……!! そんな気分になった。 世界的にもめずらしい、穀物の勉強ができる学校が高知にある。 穀物学校(高知市高須) 穀物学校(高知市高須) 高知市高須の『穀物学校』は、地元の有名企業「現代企業社」が経営する学校で、正確には喫茶店だ。 1階は駐車場、2階に教室(店舗)がある。 入口の扉を開ける。 「おはようございます。入校したいのですが……」 心の中で教員(店員さん)にそう言って教室の奥へ。 穀物学校の店内は座敷あり ...

トラットリアTOTO(トト)和食モーニング

【高知】南国市のカフェでモーニング!トラットリアTOTO(トト)

高知・南国市、プールがあることで有名な「巨峰園」のすぐ南側! 西に少し行けば、観光地としても名高い「西島園芸団地」があるという立地……。 そこに発見……! 穴場………! 穴場の飲食店……!! トラットリアTOTO(トト)/高知・南国市 トラットリアTOTO(トト)高知・南国市 『トラットリアTOTO(トト)』の存在に気が付いたのは、『COMO』でモーニングした帰りのことだった。 関連記事:高知・南国市のおしゃれカフェ「COMO」でモーニング! 「こんなところに、飲食店があったとは……」 店の窓、その上部に ...

南国市のカフェCOMOのモーニング

高知・南国市のおしゃれカフェ「COMO」でモーニング!椅子販売?

高知県南国市のカフェ、ライフスタイルショップ&ダイニング COMO モーニングとメニューをご紹介。所在地/高知県南国市廿枝1156 営業時間/7:00~17:00 定休日/月曜日 駐車場/有

テラスコーヒー05のモーニング・オムレツ

【閉店】おしゃれカフェモーニング「テラスコーヒー05」高知パワーセンター

高知市介良パワーセンター内にオープンした、MOHTE(モーテ)パワーセンター高知のカフェ TERRACE COFFEE 05(テラスコーヒー05)のモーニング全4種とメニューをご紹介。営業時間8:00~20:00。定休日は無し。

南国市のカフェ「土佐力舎」でモーニング!海洋深層水パンがサクサク

また行ってきたの。 「土佐力舎」に。 オープン直後に一度行き、パンを買って帰ってきた竜一。 初回の記事:「土佐力舎」ショップ&カフェ。高知・南国市に新スポット誕生! パンの記事:高知・南国市「土佐力舎」カフェ内で買える!低糖質「ブランパン」 くっくっく……。 今度はモーニングだ……! 「土佐力舎」高知・南国市でモーニングを食べるよ。 週末土曜日の朝だったが、意外にもよどみのない着席に成功。 朝7時から営業している『土佐力舎』に竜一が到着したのは、8時頃。あるいは、これが功を奏したかもしれない。 開店勝負を ...

【閉店】「ビストロセルフィーユ」高知空港すぐ南の食事処で和食モーニング

朝ご飯作りたくない! 主婦にはそんな日だってあるはずだ。 「どうして来る日も来る日も、コイツのためにご飯を作らないといけないのだろう」と夫の寝顔を見ながら、思う日だってあるはずだ。 そんな気分のときは…… もうご飯を作るの、やめよう! 夫の手を引いて、あるいは夫は家に置き去りにして…… モーニングいこう! 高知・南国市「ビストロセルフィーユ」でモーニング。 高知龍馬空港の南側。海辺に程近い『ビストロセルフィーユ』。 「ランチには来たことがあるけれど、モーニングは初めてだ。ディナーもやってるんだよね……」 ...

朝8時から営業!高知の「たも屋」でモーニングうどん!

二日酔いの朝!飲みたくなる! うどんの出汁!お出汁がっ……! 朝8時。ほかの『たも屋』よりも、やわらかめ、喉越しの良い麺がいただける『たも屋 大津バイパス店』。 たも屋で「月見うどん」を食べる方法。  「ああ!二日酔いの朝は『月見うどん』が食べたい!『月見うどん』を食べないと、この二日酔いは絶対に治らないよ!!!」 メニューに「月見うどん」はない『たも屋』。だがある技を駆使すれば、簡単に「月見うどん」を食べることができる。 ▲ 奥義1:注文カウンターにて「かけ」と発声して、「かけうどん」を注文す ...

カフェ 「オルソン」高知・南国市で 「モーニング」

南国バイパス沿いにある『カフェ オルソン』に到着したとき、すでに午前10時半が近かった。 出入口に立てられたボードに貼られた、A、B、C、三つのモーニングメニュー。Bモーニングは、すでに「売り切れ」とされている。 「結構入ってる……」 ほぼ満席の店内。わずかに空いていた席に腰を下ろす。 カフェ オルソンのモーニングメニュー (注:メニューは2015年8月のものです) 「あぁっ!俺『Bモーニング』が良かった……!」 真っ先に売り切れるわけだ。 Aモーニング / 厚切りトースト(500円) Bモーニング / ...

癒やしのログカフェ「コットンタイム」高知・南国市でモーニング

「南国市にいい感じのカフェがある」 そう聞いてやってきた竜一。 方向感覚に優れた戌年。高知県外に出向いた際にも、カーナビなど必要のない竜一が…… ナビを起動させた。 「やべぇ。どこにあるのかわかんねぇ……」 そのカフェは、高名な『巨峰園』の北側に存在した……。 周囲! 圧倒的!田園地帯! 「長年高知に住んでいるが、ここへ来たのは初めてだ……」 ログカフェ「コットンタイム」外観 「こんなところにカフェがあったとは……」 素敵だ……。 "ログカフェ"というだけあり、外観はログハウス! 「木の温もりがっ!温もり ...

【高知】香南市のカフェ「RIMUの森」(リムノモリ)でモーニング

美味しくてヘルシー・・・! 行けっ!モーニングへ・・・! カフェ「RIMUの森」モーニング RIMUの森(高知・香南市野市町) 香南市野市町。新しくできた高知東部自動車道「高知のいちインターチェンジ」近くにある、カフェ「RIMUの森」。 「おはようございます・・・」 RIMUの森のメニュー RIMUの森のモーニングメニュー モーニングは3種。「パン」「ピタパン」「和風モーニング」。 RIMUの森のランチメニュー ランチは「ごはんもの」と「パン」に分かれ多数用意されている。 RIMUの森のドリンクメニュー ...

【高知】「ゆうゆう」大津店。おむすびに雑炊!和食モーニングあり!

朝食はパンよりごはん派・・・ 昭和生まれの日本人竜一・・・! しかしモーニングはパンのみという店も多い・・・! そんな中・・・! 和食レストランゆうゆう・・・! さすがは和食レストラン・・・! パンよりもごはん・・・! ごはんを前面に推したモーニングメニュー構成・・・! 和食モーニングの定番、おむすびもさることながら、とろろごはんに・・・ 雑炊っ・・・! 雑炊まである・・・! この局面で竜一、長考・・・! <おむすびは他店にもありがち!折角だから「ゆうゆう」ならではものでリーチしたいとなると真っ先におむす ...

和食モーニング有り!「喫茶 ダックス」(高知県香南市野市町)

朝うどん・・・!じゃなかったら・・・! やっぱり朝は米が食べたい・・・! そう思うのが和の心・・・!日本人ってもんだろうっ・・・! 『CAFE TERRASSE Dax(ダックス)』 <子連れでも行きやすい雰囲気・・・!なにせ和食モーニングがある・・・!ついつい気軽に来てしまう・・・> <酸っぱくないドレッシングがかかったサラダに・・・ケチャップたっぷりの目玉焼き・・・!> 俵型の可愛らしい・・・おむすびがありがたいっ・・・! <ああっ・・・一気に3個は食べられちゃう・・・!> どこの米かと思えば・・・高 ...

朝7時開店!高知市のおすすめ和食モーニング「カフェレストすみれ」

朝は絶対にパンよりごはん派だ・・・! パンしかないと言われればパンを食べないこともないが・・・出来ればごはんが食べたい・・・! しかし米が無限にある家ならまだしも・・・! モーニングで「和定食」がある店は意外と少ない・・・! 人口比の喫茶店の数が日本一である高知県においてもだ・・・! がっ・・・! 先日訪ねた「カフェレストすみれ」ちゃんで・・・ モーニングメニューを見ていた竜一・・・! 発見していた・・・! ごはんモーニングを・・・! でっ・・・! 早速食べに再訪・・・! ある・・・!ある・・・! 和食モ ...

香南市野市町 喫茶ダックス 選べる和洋モーニング!(CAFE TERRASSE Dax)

人口当たりの喫茶店数が日本一・・・!全国一と言われる喫茶店王国高知県・・・! <喫茶店といえばやはりモーニング・・・!モーニングを食べてこその喫茶店・・・!> だが竜一・・・!朝は完全に・・・ごはん派・・・! しかしモーニングでごはんが食べられる店は・・・数ある高知の喫茶店でも全体の半数に満たないのではないだろうか・・・! <パンも別に嫌いじゃない・・・!だけど米のほうがテンション上がる・・・!> なにせ日本人っ・・・! 上がって当然・・・! そんな米野郎にも嬉しい・・・!かといってパン派も大丈夫・・・! ...

【高知】「八乃森」人気パスタカフェの「モーニング」で休日満喫!

高知市のパスタカフェ 八乃森のモーニングをご紹介。モーニングのメニューと、実際に食べたモーニング「バジルベーコントーストサンド & 目玉焼き」を記載。モーニング8:00~11:00、ランチ11:00~15:00、ディナー15:00~22:00

cafe de show(カフェド昭)香南市のいち駅近く!高架下の素敵カフェ

『カフェド昭』は香南市野市町、土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」野市駅のすぐ東、鉄道高架下にひっそりと佇んでいた。 <まだモーニングやりゆうかな……> 午前10時半。 早朝4時には目が覚めていたのだけれど、朝からそんじょそこらの総理大臣並みに忙しく、遅い朝食になってしまった。 店内に入ると、台に並べられたたくさんの小物が目に付いた。販売しているもののようだ。 二人掛けのテーブル席がいくつかあるだけで決して広くはない。ただ、どこか可愛らしい雰囲気がゆったりと漂っている。 厨房と飲食スペースを仕切る壁が棚状 ...

手打ちうどん 文吉 モーニングうどん

高知のうどん屋さんで最も多い開店時刻は、午前11時。 うどんのメッカ・讃岐、香川県ならまだしも、 高知において朝から営業するうどん屋さんは少ない。 それでも朝からうどんが食べたい。 目覚めた瞬間から・・・! 血が・・・!骨がっ・・・! 白いアルデンテを渇望している・・・! <はやく・・・! はやく・・・うどんを体内に取り込まなければ・・・! 俺は・・・!俺は・・・!> 私は車を走らせた。 貴重な「高知・モーニングうどん」を求めて。 『手打ちうどん 文吉』 陽が眩しい朝だった。 <また来たよ・・・文吉さん・ ...

手打ちうどん たも屋 南国店 モーニングひやひや

外で酒を飲むと、大抵の場合は飲みすぎてしまうので、おそらく、きっと、いつものように全身を襲う苦しみに悶える朝を迎えるのだろうと覚悟していたが、無理をしないで早めにお茶に切り替えたのが功を奏したのか、起床した身体は石のように重かったけれども、二日酔いなどは無かった。 カーテンの隙間から入る光は青みがかっている。時刻を確認すると、まだ5時を過ぎたばかり。 この時間に起きる必要はなかったのだけれど、いつも起きている時間を、身体が覚えていて起きたみたいだ。 それにしても、ゆうべ飲んだ多量の水分は、一体どこへ行って ...

© 2020 生姜農家の野望Online