高知市居酒屋

カツオのタタキ、それだけじゃない「ひろめ市場」もちろん昼酒可能!

高知といえば龍馬・・・!高知といえばカツオのタタキ・・・! そんなわけで・・・! どうしても先行してしまう・・・「ひろめ市場」=「カツオのタタキ」・・・!そんなイメージ・・・! しかしタタキだけが・・・ひろめ市場じゃない・・・! まずは・・・! 洋食のK's Cafe名物・・・!しらすとオリーブのピザ・・・! <パリパリの薄皮・・・!軽い食感が酒に合う・・・!> そして・・・! 中華料理の長江苑・・・!キューリ味付・・・! <ごま油とニンニクで味付けされたキュウリ・・・!シャキシャキの食感がこれまた酒に合 ...

ムシマルと(主に)高知街中うろうろ記「英屋~スルラクセ」

あれは随分前のことだった……! なにかをググッていて…たまたまHITしたブログがあった…! <なんだこのブログは…!やたら長文…!俺みたいな長文…!> のちに「ムシマル節」と名が付く…独特の語り口調に魅了され…!即座にブックマークした…! そのブログこそが……! 『ムシマルの(主に)高知うろうろ記』…! 以来…ブログで出会いを求める一昔前の若者のように… <ムシマルさんに出会いたい!一体どんな人があんな妙な文を書いているんだろう…!> そう思い続けた大願は成就し…!実際に出会ってしまい…!さらに紆余曲折あ ...

[ひろめ市場]餃子の「安兵衛」青りんご編

「美食酒房 英屋」竜一会(笑)で舌鼓、その後に待ち受ける地獄とは

家で晩酌しすぎて酔っていた。<あぁ楽しい。これってみんなで飲んで酔っちゃえば、もっと楽しいんじゃね?> 布団の中でスマホをいじり、がちゃさんにメッセージを打った。[何年か前のいつぞやのように夜中に突然お誘いしますけど…] 我ながら、なかなかロマンティックな書き出しだ。シェイクスピアかと思った。"何年か前のいつぞや"とは、過去にがちゃさんと二人で飲んだその夜のことを指したつもりだった。 ただ今回も二人きりだと、我々の仲が本気で疑われてしまいかねないので、というよりも、さらにあと二人ほど一緒に飲みたい人たちが ...

「美食酒房 英屋」の絶品牡蠣はもう牡蠣ではない!

「えっ!これホントに牡蠣(かき)?」食べた瞬間、動揺して何度も確認した。「え?これホントに牡蠣?」 『美食酒房 英屋(ひでや)』の牡蠣は只者ではない。それが出てきたのは8月最後の土曜日だった。 (店舗画像は一年以上前に撮影したものです。閉店間際に撮ったので照明が消えてます。すんません。このときはお腹は出てないけど、すでに顔が丸いです。差していた傘はどっかの飲み屋に忘れてきました) 何度目かの英屋さんだけれど、飲み放題コースは初めて。3時間、5500円のコースを予約してくれていた。 見つからないようにコッソ ...

「高知の居酒屋 葉牡丹」オムライス ~ うどんロボット屋台「和楽路屋」

徳利に入った焼酎。 学校にあった金属製のバケツ、 その卓上用みたいなアイスペールと グラスを渡され、グビグビ飲む。 高知に意外と少ない純和風の雰囲気。 旨い。酒が旨い。 雰囲気が酒を旨くする。 『居酒屋 葉牡丹』 初めての2階。 初めての串焼き盛り合わせ。 <おそらくは鶏のレバー…! これいいなぁ…この鶏感……!> 臭ぇ……! めっちゃ鶏臭ぇっ……! <しかし旨いなぁ…内臓って……! 鶏とか…あと牛のホルモンもいいけど… マグロのホルモンとかも旨いよねぇっ…!> このとき、総勢6名。 集落有数の働き者がゆ ...

炭火焼 さんとう

ああっ………!それにしても食べたいっ…! うどんと同じ……!細くて長いもの……! "う"が付くもの………! うなぎが食べたいっ! がっ………!しかし…………! 酒も飲みたい………! うなぎも食べたい………!うなぎと一緒に酒も飲みたい………! いまの俺は……!塊っ………!! 欲の塊っ……!!! 『炭火焼 さんとう』(画像はうなぎのマネだよ!) 高知市杉井流の住宅街にその店はあった。 さあ行こう……!焼酎ロックで開幕だ……!! 店内満席。<危なかった……!予約していなかったら…おそらくは入れなかった…!> う ...

「美食酒房・英屋」 ー 世界を卵で埋め尽くせ! EP4-5 ー

『EP4-4を読む』 「"穴場のうどん店"なんてよく言うが…穴場とかそういう次元を超えているんじゃないのか…!!」 うどんを食べるかと訊かれて…!俺は食べると答えた………! だが…一口にうどんと言っても…!いろんな食べ方がある………! いったい…どんなうどんが来るというんだ…! わからない………!わからないが…しかし………! わからないからこそ……………! 面白いっ…!! ドキをムネムネさせていると、英屋の娘さん現る。 「ククク…竜一…!食べ終えたホルモンの鉄板焼きの残り汁にご飯を入れて…チャーハン風にす ...

「美食酒房・英屋」 ー 世界を卵で埋め尽くせ! EP4-4 ー

『EP4-3を読む』 やがてそれはジュージューと音を立てて現れた…! ホルモンの鉄板焼き…! <俺…ホルモン大好きなんだよっ…!> 貝も好きだし…あかうしも好き…!考えてみれば…私に嫌いなものなどなかった…! 納豆も好きだし…セロリも好き…!さしずめホルモンとなら……! 一緒に眠ることさえもできるっ…! あぁ………!それにしても………!このホルモンっ………! ブリンブリーン…!ワッフル!ワッフル…!ブリンブリーン…! <この厚み…!この威圧感…!なのに柔らかいっ…!溶けるっ…!溶けるっ…!ホルモン溶けるっ ...

「美食酒房・英屋」 ー 世界を卵で埋め尽くせ! EP4-3 ー

『EP4-2を読む』 重厚な舌触り…!染み出る…赤身の旨さ…! 俺は昔から……!土佐あかうしが好きだった…! 近年…注目を集め…価格が上昇しているという土佐あかうし…! <俺はずっとずっと前からこの赤い牛が好きで…美味しい牛肉といえば…松阪よりも土佐だった…!> 思えば…うどんも…世間が"うどんブーム"に沸く以前から…俺の中では圧倒的ムーブメントが巻き起こっていた…! つまり…俺は常に世の中の数年先を歩いている…! そして世の中がその俺を追いかけているだけ…! 時代の先端を俺がゆく………! いつもいつも… ...

「美食酒房・英屋」 ー 世界を卵で埋め尽くせ! EP4-2 ー

『EP4-1を読む』 一通り、注文したものを平らげ、メニューを開いた。 <まさか……!そんな…まさかっ…!> メニューにおける、まだ見ぬページを開いた瞬間。 瞳孔開く。 <なにっ……!なにこれっ……!> ううう…うどんッッッ…! <うどんがっ……!うどんがあるっ……!> この展開……!思いがけないっ…! 英屋……!メニューにうどん2種っ…! しかも…その2種…!2種コンボの定番……!"かけ"や"ぶっかけ"ではない…! 冷・醤油と…!釜玉っ……!! 冷・醤油と…!釜玉ッッッ……!!! 通好みの…!ラインナッ ...

「美食酒房・英屋」 ー 世界を卵で埋め尽くせ! EP4-1 ー

『EP3.5を読む』 欲しい……!欲しい……! 卵が欲しい…! なのに……! 卵を見つけられない…! 気がつけば俺は…!卵の殻の中の中…! 卵の迷宮に迷い込んでいたっ…!! <ただ君を愛するように…ただ卵を見つけたいだけなのに…卵を見つけられないなんて…!> やってられない…!飲まなきゃ…やってられないっ…! (* 店舗画像は閉店間際に撮っています) 『英屋(ひでや)』 雨の中、たどり着いた英屋。<ちょっとだけ…恥ずかしいっ…!> じつは『英屋』の大将とは、ひろめ一番内ににあるBar『ファミーユ』でお会い ...

深夜の「ぎゅうせん」で「おでん」4本締め!

酒を飲んだあと、以前はラーメンやうどんを食べたくなることが多かったが、このごろは、よく「おでん」が食べたくなる。具体的には、おでんの「牛すじ」が食べたくなる。 <俺は肉が食べたい・・・>深夜の高知市帯屋町を歩きながら、時々そんな気分になる。<俺は肉が食べたい・・・肉が食べたくなった俺はもはや肉食・・・> 俺はティラノサウルスだ。 (深夜の話なのに、画像が明け方の"ぎゅうせん"でもキニシナイ) そして時々「ぎゅうせん」へ行く。 フラッと立ち寄って、入口の段差でつまづかないように気をつけながらフラフラ入る。そ ...

韓国居酒屋 景福宮(キョンボックン)

<えぇっ・・・!こんなことってあるのかよ・・・!この期に及んで車に忘れるなんて・・・!> すでに約束の時間を過ぎていた。私はコインパーキングに停めた車の中に携帯電話を忘れたことに気が付いて、淹れたてのホットコーヒーが冷めるくらいの時間にわたって歩いてきた道を、全速で走って引き返していた。 『韓国居酒屋 景福宮(キョンボックン)』 3月15日金曜日。大安の日。高知市帯屋町にオープンしたその店に、私が初めて行ったのは、3月19日。20日、春分の日の前日だった。 <こんばんは・・・ヒロシ氏ぃぃぃ・・・今夜は寝か ...

土佐のおきゃく2013! 飲んだくれサミット!

パスタは温泉にでも浸かるみたいに、温かいスープの中で、くつろいだ顔して湯気を上げていた。 ━━━3月9日(土)夜の高知市帯屋町アーケード街━━━ 「土佐のおきゃく2013」というイベントが開催されていた。 僕は一人で出かけたのだけれど、会場に着くと、すぐに何人かの知り合いに出会った。 ブログ「飲んだくれの果て」の"お母さん"こと、かえ♪さん! 「cafe & bar SHELTER」のマスター、堅田さん! 多数の人が詰め掛けて、特設のテーブル席は満席。 でも僕にテーブルはむしろ必要なかった。ちょう ...

がちゃ場放浪記 「旬菜よこやま」

『一軒家のエピソードを読む』 「一軒家」を出た、がちゃさんと私。 私は、がちゃさんをユラユラと誘導しながら、是非一緒に行って欲しかったお店へ酔いも醒める勢いで、ひたすら歩いたが、そこは定休日! <あれま・・・!定休日・・・変わってる感じ・・・> 他のお店と言っても、どこがあるんだろうとゴチャゴチャ考えた! "瞬間記憶消去機能付き頭脳"をフル回転させて考えた末に、以前、某・飲み友達が、某飲み友達に薦めているのを、又聞きしたお店を思い出した! <行けッッッ・・・!俺たちの未来は!ここに託された・・・!> 『旬 ...

がちゃ場放浪記 「高知名物!一軒家!」

「明日飲みに行きませんか?」2月のある夜。私はある方にメールを送っていた。 晩酌の焼酎を過度に煽ったせいか、少し酔っていた。酔いながらも思っていた。 <突然、明日飲みに行かないかとは、あまりにも急か!でも、こういうのって勢いが大事だろうッ・・・!> 昨年の秋に一緒に飲んでいた際に、今度一緒に飲みに行こう!と抱き合いながら約束して、数ヶ月が経とうとしていた。 唐突に勢い付いた、いま彼を誘えなかったら、一緒に飲みになんて永久に行けない気がした。 翌日。 彼は、待ち合わせ場所に、私より先に来て待っていてくれた。 ...

昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!(夜編)

「ひろめ市場」・・・。もはや高知の観光スポットと言っても過言ではないだろう、そこを私が初めて訪れたのは、昨年の秋ごろ・・・。 つまり、それまで私の人生に「ひろめ市場」は一切まったく関与していなかったのである。高知県生まれ高知県育ちの真性の高知県人であるにも関わらず、だ。 しかし、ここ最近、昼と夜の二つの顔、二面性を持つ「ひろめ市場」の魅力に気が付き始めた! そこで!今回!私の目線から見た「ひろめ市場」を特集してみようと思う! 題して・・・。 「昼・夜・ひろめ市場!完全攻略ガイド!」(タイトルは嘘偽りだらけ ...

bar LAST CHANCE ~ お食事・めん処 純平ちゃん

※ この記事は「新春!外飲みの旅!」シリーズのEP4です。『EP1を読む』 『EP2を読む』 『EP3を読む』 「そうですのにゃ!」「うー!にゃー!ですにゃー!」 などと語らいながら、穏やかにときが過ぎてゆく。 お母さんが開けたシャンパン。どさくさに紛れて、ご馳走になる。 <炭酸!弾けるぅぅぅッッ・・・!> そして・・・!毎度のオムレツ・・・! <トロトロ・・・!トロけるぅぅぅッッ・・・!> ウマウマー!悶絶の最中・・・! 入口のドアが開いた。 <うぉぉぉぉぉぉぉっ・・・!> 瞬間・・・!跳ね上がる心拍数 ...

新春!外飲みの旅! EP3 bar LAST CHANCE (ラストチャンス)

『EP1を読む』 『EP2を読む』 『EP4を読む』 「酒場・堀川」をあとにして、夜の繁華街を西へ向けてテクテク歩く。 <いやぁぁぁー!アルコール燃料のおかげで!足取りが軽いっ・・・!> 新春!酒の3連戦!ラストの大一番は、当然! 上品なBar!(ココ重要!) LAST CHANCE(ラストチャンス)! 高知市中心部の東にある「堀川」から、西にある「ラストチャンス」までの距離は、グーグル社の算用によると、約1キロ。 これを歩く。 <腹ごなしには、ちょうど良い距離だ・・・!>と思えた。 が。 昼間から街中を ...

酒場 堀川

※ この記事は「新春!外飲みの旅!」シリーズのEP2です。『EP1を読む』 『EP3を読む』 『EP4を読む』 「葉牡丹」を出た私は、「サーティワン」でアイスクリームを食べて東へ東へ。 「高知市文化プラザかるぽーと」の近くにある、「酒場・堀川」へ歩いた。 <正月も休まず営業されていることは、ネット情報で織り込み済みだが、多くの店が休む正月・・・!客が集中して混雑する可能性も高そうだ・・・!> その考えを、より一層強めたのが、先に寄った葉牡丹の混雑ぶりだった。 この局面・・・!開店勝負しかないっ・・・! 1 ...

新春!外飲みの旅! EP1 カツオ人間と葉牡丹とトトロをアイス

『EP2を読む』 『EP3を読む』 『EP4を読む』 1月2日。私は昼から高知市に参上して、居酒屋「葉牡丹」を目指していた。 <昼酒といえば、"ひろめ"か葉牡丹・・・!うーん・・・迷うところだが・・・場末度で葉牡丹っ・・・!> テクテク歩いて高知大丸の南側。 そこに「てんこす」という、高知県関係のグッズなどを売っている店があるが、なにやら、その店先で白黒の物体が動いているのが見えた。 <ハッッッ・・・!あれはっ・・・!高名な高知県版人魚ッッッ・・・!> 私は思わず駆け寄った。 <間違いない・・・!これは・ ...

和楽路屋(わらじや) 天ぷらうどん エビ天は尻尾まで食べる編

『和楽路屋(わらじや)』 「おっ・・・今日も飲みよったかねっ・・・!」 私の顔を見るなり、いつものように笑って声をかけてくれる、大将。 『天ぷらうどん(大盛)』 少し肌寒くなってきた10月の高知。日付けも変わった深夜の空気がユラユラと漂う。 軽少な椅子に腰を下ろして食べる、「天ぷらうどん」アルコールが充満した胃に、流れるように麺が落ちてゆく。 <五臓六腑に染み渡る出汁・・・!悦んでるっ・・・胃がっ・・・骨がっ・・・悦んでるっ・・・!> ※ いつもより多めに持ち上げておりますっ・・・!(ドンブリからログアウ ...

屋台処 じゅんちゃん

「ケムリ」さんから「bar ラストチャンス」へ行った夜。 途中からかなり楽しくなってしまって、ハイテンションでマキさんやラストチャンスの皆さんに別れを告げたあと、私はまた両手を広げてクルクル回りながら夜の繁華街を歩いていた。 最近、酔うと飛びたくなる。 三連休最終日。すでに日付けも変わってしまって、人通りはさらに少なくなっていた。 <お腹・・・空いた・・・!> 私は酒を飲んでいる最中に、あまり食べれない。だから飲み終えたあとは、大抵お腹が空いている。 例の"うどん・ロボット屋台"に行ったけれど、祝日という ...