高知でランチ・ディナーができる老舗のお店

香南市野市町にある曽我の中日そば

香南市の老舗食堂「曽我」デカ盛り!洗面器サイズの「中日そば」

元々は香南市赤岡町で発祥したという『中日(ちゅうにち)そば』・・・! うどん出汁に中華麺を入れたその麺料理・・・! 平成の大合併後、現在は赤岡町と同じ香南市に属する野市町の老舗食堂・・・ 『曽我』にもあった・・・! がっ!軽い気持ちで注文した、その『中日そば(大盛)』が波乱を呼ぶ・・・! 子連れでも安心の曽我・・・! 完全個室の座敷があり・・・ 親が楽!すごく楽!そして子供も楽・・・! 多様なメニューが待ち構える中で竜一、即決・・・! <中日がある!それならば中日!せっかくだから大盛にしよう・・・!> だ ...

高知・南国市のレストラン「グドラック」は家族連れにおすすめ!

それにしてもここは・・・なんでもある・・・! 高知の老舗レストラン・・・! グドラック・・・! 数年ぶりの来店!相変わらず店の中には小川が流れていて・・・ 鯉が泳いでいる・・・! <グドラックといえば鯉!この鯉なくしてグドラックは語れない・・・!> って、メニュー・・・! こんなに多かったかっ・・・!? 通常のメニューブックのほかに・・・ リーズナブルなワンコインメニュー・・・! 一人ビアホールまである・・・! さらに「いちおしメニュー」もある中・・・! <わりと・・・ガチで一人ビアホールに惹かれる・・・ ...

大盛!特盛!おすすめ海鮮丼!「活魚レストラン 藤」高知/芸西村

以前、水族館に行ったことがある・・・!大きな水槽の中で泳ぐ魚を無邪気に指さす、どっかの子供の側で俺は思っていた・・・! この魚・・・食べたいっ・・・! <いまそんな気分だよ・・・> 芸西村・・・! 活魚レストラン藤・・・! 一階は駐車場・・・!二階が店舗!上がるとそこに・・・ 水槽が・・・! 中で魚が泳いでいる・・・! 圧倒的・・・!水族館っ・・・! ここは芸西村の水族館・・・! しかもこの水族館の魚は食べていい・・・! 広い座敷へ通され・・・ 注文は当然、いっぱい海鮮丼・・・! 窓の外には太平洋・・・! ...

香美市でランチ!夜営業もあり!「うどん久五」土佐山田町・子連れ可

長く土佐山田町で親しまれているうどん店・・・! 久五・・・! 数年ぶりの来店・・・! メニューは以前と変わらず・・・! <中盛が30円増し!大盛50円増し!安い!ありがたい・・・!> いくつか珍しいメニューも並んでいる・・・! 小上がり・・・! 子供用の椅子も用意してくれ・・・ 天ぷらからころうどん(中盛)・・・! なぜ"からころ"というのかわからない・・・! <世の中には知らないほうが幸せなこともある・・・!> がっ!どうやら"からころ"は、久五にとっての「ぶっかけ」である模様・・・! つまりこれ・・・ ...

子連れでも行けた!「ミラノ亭」高知の老舗パスタ店でランチ

高知に急激にパスタ屋さんが増えたのは、ここ14~15年くらいのあいだで、それまではパスタ屋さんなんて高知市内でも数えるくらいしかなかった印象・・・! そんな中・・・!ずっと昔からあるのがここ・・・! はりまや橋交差点南東・・・!ケンタッキービル2階!ミラノ亭・・・! <ミラノ亭に来るの、10年ぶりとかかもしれない・・・> あらかじめ小上がりがないのを知っていた竜一!感じる若干の不安! <大丈夫か・・・子連れでも・・・!> 基本的にどこもオシャレな雰囲気の店が多い、パスタ屋さん・・・!ミラノ亭においても子連 ...

高知県東部・奈半利町・田野町界隈の、おすすめランチ「西山料理店」

フラッと奈半利町まで・・・昼ごはんを食べに・・・! 食べ歩きがそもそもの趣味であるため・・・!休日のランチに車で片道1時間・・・! その程度のことは苦にならないどころか・・・日常茶飯事である竜一・・・! <青く雄大な太平洋を横目に見ながら、ドライブがてら昼ごはん・・・それがいい・・・!> 2年ぶりの再訪・・・! 西山料理店・・・! 昼営業終了時刻、午後2時に対して・・・このとき、1時50分・・・! <危ない・・・!3時までかと思いきや2時まで・・・!あと10分で飲食店の少ない高知県東部で昼食難民と化すとこ ...

子連れでも行けた!「麺房 三宅」高知屈指の人気うどん店

長年、高知県民に支持されている人気うどん店・・・! 麺房 三宅・・・! <しかし三宅はほぼカウンター席のみ、子連れで行きづらい・・・> 名店につきまとうそんなイメージ・・・!実際に子連れで行ってみると覆される・・・! 午後2時すぎ・・・意図的に昼のピーク時を外した時間・・・! <人気店とはいえ、この時間なら幾分空いているだろう・・・> 目論見通り、超満員といった雰囲気ではなくなっている三宅のカウンター席・・・! そこに腰を下ろそうとしたとき・・・店のお姉さんが発した言葉に戸惑う・・・! 「座敷へどうぞ・・ ...

夜は居酒屋!昼はランチ!「土佐ノ國 二十四万石」(高知市帯屋町)

うどんはどこからでも攻めてくる・・・! あったんだ・・・繁華街に・・・!意表を突くようにして・・・! 高知市帯屋町・・・!アーケード街をフラフラ歩いていた竜一・・・! 一軒の店の前を通りがかったそのとき・・・!一度通りすぎようとして・・・また戻る・・・! 「なんだこのうどんは・・・!」 店先のショーケースに並べられた・・・非凡な姿をしたうどんの食品サンプル・・・! それは見事な竜一ホイホイだった・・・! 昼食どきを大きく超えた午後3時・・・!誘われるようにして入る店・・・! 土佐ノ國 二十四万石・・・! ...

和食モーニング有り!「喫茶 ダックス」(高知県香南市野市町)

朝うどん・・・!じゃなかったら・・・! やっぱり朝は米が食べたい・・・! そう思うのが和の心・・・!日本人ってもんだろうっ・・・! 『CAFE TERRASSE Dax(ダックス)』 <子連れでも行きやすい雰囲気・・・!なにせ和食モーニングがある・・・!ついつい気軽に来てしまう・・・> <酸っぱくないドレッシングがかかったサラダに・・・ケチャップたっぷりの目玉焼き・・・!> 俵型の可愛らしい・・・おむすびがありがたいっ・・・! <ああっ・・・一気に3個は食べられちゃう・・・!> どこの米かと思えば・・・高 ...

さぬきうどん「将元(しょうげん)」高知県西部宿毛市の個性派手打ち

疲弊しながらも俺は・・・そこにうどんがあれば・・・ 行く・・・!どこにだって・・・! 雨中の宿毛市・・・! さぬきうどん将元・・・! セルフ方式・・・!『釜玉』(380円)を注文・・・! 釜揚げ麺が必要な釜玉・・・!案の定・・・数分待ち・・・! <ここまで来て麺の茹で上がりを待つくらい・・・どうってことはない・・・> このとき竜一・・・! 釜玉と同時に・・・肉ぶっかけも所望・・・! <折角の宿毛・・・滅多に来られないんだ・・・!釜揚げ麺と水で締めた冷たい麺の対比も見てみたい・・・> 初手・・・!もちろん熱 ...

香南市野市町 喫茶ダックス 選べる和洋モーニング!(CAFE TERRASSE Dax)

人口当たりの喫茶店数が日本一・・・!全国一と言われる喫茶店王国高知県・・・! <喫茶店といえばやはりモーニング・・・!モーニングを食べてこその喫茶店・・・!> だが竜一・・・!朝は完全に・・・ごはん派・・・! しかしモーニングでごはんが食べられる店は・・・数ある高知の喫茶店でも全体の半数に満たないのではないだろうか・・・! <パンも別に嫌いじゃない・・・!だけど米のほうがテンション上がる・・・!> なにせ日本人っ・・・! 上がって当然・・・! そんな米野郎にも嬉しい・・・!かといってパン派も大丈夫・・・! ...

高知の老舗ラーメン「自由軒」大津店「塩ラーメン」

最近のラーメンが好きだ。"昔ながらの中華そば"といった様相のラーメンも嫌いではないが、どちらかといえば、スープに脂が浮いてギトギトになっているような、○○系なんて呼ばれるラーメンが好きだ。 高知で"昔ながらの中華そば"といえば、『豚太郎』と『旭軒』、そして『自由軒』だろう。 中でも大津バイパス沿いにある『自由軒大津店』は、いつも広い駐車場が満車になっていて、それを横目に見るたびに「自由軒ってそこまで美味しいか?」と疑念を抱いていた。 高知で生まれ育った私は、昔はよく『自由軒』に行っていたけれど、近年は他の ...

台風うどん 「手打ちうどん田吾作」

連日、19時半くらいまで働いていた。台風が僕たちを急き立てていた……。 朝。畑。杭を打つ。 台風11号が、土佐湾沖、もう間近に迫っていた。 それなのに白い雲の切れ間から青色も覗く空。 一人、杭を並べて打つ。 やがて大粒の水滴が落ちてきた。一時、車内に避難。 スマホで上空の雨雲の状態を確認して、合羽(かっぱ)を着るか否か判断する。 <まだ着なくても大丈夫そうだな……> 一旦、雲が切れて雨は止んだ。 オビ=ワンとオバ=アも合流し、総出で作業にあたる。 私はひたすら杭を並べて打ち、オビ=ワンとオバ=アはひたすら ...

「高知の居酒屋 葉牡丹」オムライス ~ うどんロボット屋台「和楽路屋」

徳利に入った焼酎。 学校にあった金属製のバケツ、 その卓上用みたいなアイスペールと グラスを渡され、グビグビ飲む。 高知に意外と少ない純和風の雰囲気。 旨い。酒が旨い。 雰囲気が酒を旨くする。 『居酒屋 葉牡丹』 初めての2階。 初めての串焼き盛り合わせ。 <おそらくは鶏のレバー…! これいいなぁ…この鶏感……!> 臭ぇ……! めっちゃ鶏臭ぇっ……! <しかし旨いなぁ…内臓って……! 鶏とか…あと牛のホルモンもいいけど… マグロのホルモンとかも旨いよねぇっ…!> このとき、総勢6名。 集落有数の働き者がゆ ...

「孫悟空」高知市鴨部で翡翠ラーメン。メニューには「担々麺」もあり

5月某日。13時すぎ。 高知市鴨部――――。 『孫悟空』 初めての悟空……! ラーメンの悟空……! <名前がいいな………! 悟空といえば俺の中では…… 西遊記よりもドラゴンボールだが…> 暖簾をくぐる。 カウンター席が5~7席ほど。 テーブル席が3卓ある。 <事前の情報は あえてほとんど入れてきていない…! 先入観を持ちたくなかったってのもあるが… 対局が決まった機会があまりに直前だった…!> いきなりの対面…… いきなりのサシ勝負は危険……! 今回は様子を見ながらの打ち回し…それがベター! 素早い危機回 ...

高知のラーメン 「旭軒」ワンタンメンは至極のおいしさ!

俺だって……… 一度は食べてみたかった…! 『豚太郎』…『自由軒』と共に……! "高知ラーメン"の源流として支持される……! 旭軒のラーメンを……!!! 『旭軒』 <旧店舗の時代に来られなかったのは無念…。 おかげで人生の9割を損したと言っても過言ではない> ずっと前から知っていた。 昔の店舗の頃から知っていた。 同級生がバイトしていたこともあった。 だけど入ったことがなかった。 週末。 ほぼ満席の店内。 <席が空いていたのは…… 運が良かっただけ…かな……> メニューを睨む。 そこに書かれたラーメンは、 ...

四万十市中村のセルフうどん! 「セルフサービスの店 さぬきや」

2015年5月3日。四万十市中村の一條神社で行われる、『土佐一条公家行列「藤祭り」』 それを見に行くべく、高知県西部へ進行していた竜一。けれども、すでに昼を大きく回っている。 <このままだと一條神社に到着するのは…おそらく15時すぎ…!ネットで調べてみると…最後の公家行列が出発するのが…14時とある!> ゴールデンウィーク真っ只中。県外ナンバーの車も多く、交通量多め。 <行くだけ行ってみるか…一條神社……!しかし…行ってもおそらくは無駄っ……!公家行列を観ることは叶わない………!> 家を出る時間が遅すぎた ...

ほぼ観光名所!高知・東部の老舗うどん店「国虎屋」

「東へ行ったら、あそこでうどんを食べんといかんように思うて、毎度行く人がおるばぁのもんやきね」 と、私の知り合いのオジサンも言っていたくらい、昔から有名な店。 『国虎屋』 東へ行ったら…というよりも、この店が目当てで東へ来た。嫁とともに。 潮の香りが風に乗ってやってくる。すぐ近くに海がある。 満車状態の駐車場を見て私は言う。「今日もお客さんいっぱいやね」 嫁も駐車場を見て応えた。「そうやねー」 賑わう店内。中央にあった相席を想定した仕様の長いテーブル席に腰を下ろす。 <こんな感じの店だったっけ…>以前来た ...

ドラゴンボールにもいた!天津飯! 「中華料理 鳳来」

初めて食べたのは子供の頃だった。当時、家では食べたことがない料理だった。 黄色い山を前に息を呑み、その山をスプーンで切り裂いた。 すると褐色の餡がドロッと崩れ、中から白いご飯が現れた。 「これ……天津飯っていうんだ!」 平民の子にとって衝撃的な料理だった。 料理全体が、タマゴで覆われているのだ。 「タマゴは1日1個まで」 そんな我が家の常識を覆す、贅沢な料理。 「美味しい……」 1口食べて思った。 「美味しい……」 2口食べて思った。 3口食べても4口食べても、10口食べても天津飯は美味しかった。 そして ...

【高知】南国市のそば処「㐂太八」(喜太八・きたはち)

思春期の乙女みたいに、胸がドキドキと高鳴っている。 時刻はすでに十四時を回っていた。 暖簾をくぐり、戸を開けて中に入る。 少し暗い店内。先客は男性が一人。計算通りだ。 私は隅の四人掛けの席に腰をおろし、メニューを手に取った。 <これが噂の……> 視線の先には「山かけ」と書かれた文字列があった。その脇に赤い波線が引かれている。 南国市岡豊にある「そば処・㐂太八(喜太八)」の「山かけ」が美味しいと書いてあるブログを読んだのは随分前だった。 そのブログを書いている方は「㐂太八」へ行くと、決まって「山かけ」を食べ ...

「麺房・三宅」ー 世界を卵で埋め尽くせ! EP1 ー

「アテイらぁが若い時分にゃ、卵は、うんとたこう(とても高くて)てねぇ…なかなか買えざったぞね」 亡くなった曽祖母が、幼少期の私にそんな話をしてくれたことがある。 昔、鶏卵は高級食材だったのだ。 しかし現在の日本において、卵は気軽に買える食材であり、気軽に食べれる食材だ。 だったら………。 卵をいっぱい食べようではありませんか! 卵から日本を変えていこうではありませんかっ! 日本……!? いや………。 俺は卵で世界を変える…。 割ろう……!いまこそ……! 世界中の卵をっ…!! (この物語は、卵に目覚めた農民 ...

【高知】「あるぺんはうす」老舗喫茶店ランチ!スパ巻き鳥クロニクル

台所で納豆をまぜているときに、電話がかかってきた。 私はFM放送にあわせて村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の第1部のページをめくっていた。 納豆をまぜるにはまずうってつけの小説だった。 電話のベルが聞こえたとき、無視しようかとも思った。 納豆はまぜあがる直前だったし、納豆菌は今まさにねばねば具合をその粘着的ピークに持ちあげようとしていたのだ。 しかしやはり私は納豆をまぜるのをやめ、居間に行って受話器をとった。 新しい草刈りアルバイトのことで知人から電話がかかってきたのかもしれないと思ったからだ。 「今ど ...

【高知】丸吉食堂(まるよし食堂)「ちゅうにち」と世界一の窓装飾

"苺氷り"を食べる前に『丸吉食堂』へ昼食を食べに行った。 「丸吉食堂の"ちゅうにち"が美味しい」とスパイが言っていたからだ。 いったい何のことだか、わからないかもしれないけれど、私の知り合いのスパイは本当にそう言った。 「それどこにあるんスか・・・?」 と私が丸吉食堂の場所を訊くとスパイはすぐに教えてくれた。 「ひろめ市場の西側の路地を入ったところ」 「ひろめ市場の西側・・・?」 と私は考えた。「ひろめ市場の西側に路地なんかあったっけ・・・」 それから何日も経たない内に、すぐ行った。 空から落ちる水滴。雨 ...

中華料理 龍潭(りゅうたん)

<それにしても厚い!分厚いッ・・・! さらにフワフワ・・!これが龍潭の天津麺・・・!> 南国市にある中華料理屋「龍潭(りゅうたん)」で、私は「天津麺」を喰らっていた! <ラーメン屋にはあんまりない・・・! しかし中華料理屋には大体ある!そんな中華料理屋ならではの麺! それが"天津麺"という"玉子焼汁そば"・・・!> 年の瀬! 2012年が終わるまで、あと数日だった! 電話が鳴る!店の電話が鳴る!次から次へとプルプル鳴る! <予約の電話が鳴りまくりッッッ・・・! 龍潭・・・噂通り・・・!地域の人気店・・・! ...

© 2020 生姜農家の野望Online