高知でランチ・ディナーができる穴場のお店

【閉店】高知・南国市の穴場「うどん家ふう」子供・赤ちゃんも食べられる細麺

2020年1月8日!惜しまれつつも閉店された、ふうの跡地に「うどん家むぎ」新店オープン! ▼ ふうの魂を受け継ぐ、"うどん家"さんの実食レポートはこちらから。 絶賛!うどん英才教育中・・・! 最近は立って歩き回れるようになった竜一の娘・・・! 米はロクに食べないが・・・ うどんは食べる!いっぱい食べる・・・! 「農家のDNAよりも、うどん野郎のDNAを受け継いでしまったようだ・・・」 まだ歯が生えそろっていない竜一の娘でも食べられる細麺が、高知!南国市にある・・・!   うどん家 ふう・・・! ...

高知市の穴場中華料理「まんみ」豚バラ軟骨入りのラーメン

醤油ラーメンに、豚バラ軟骨・・・! 「中華料理まんみ」・・・! 高知市札場!若干わかりづらい場所にある『中華料理まんみ』!知る人ぞ知る店・・・! 店内は中華料理店にありがちな雰囲気ではない・・・! <バリとかタヒチみたいな、どこか南国を思わせる作り・・・!> 紙ナプキンはカゴの中に・・・! <異国情緒あふれる仕様!高知市にありながら『まんみ』の店内だけが外国のよう!一歩足を踏み入れれば海外旅行!そんな空気が漂う・・・> (*メニューは2015年11月現在のものです) 『まんみ』といえば、豚軟骨入りのラーメ ...

食 蔵一!高知・香南市!おいしいランチは品数豊富でコスパ高い!

高知県香南市赤岡町にある穴場の飲食店「食 蔵一」のランチをご紹介。メインの料理に小鉢がたくさんが付いた満足度の高いランチがいただけます。所在地/高知県香南市赤岡町本町744−1 営業時間/11:30~14:00、18:00~23:00 定休日/土、日、月曜日

【高知】香南市の中華料理「鳳龍菜館」でランチ!(ラーメンなし回)

いつもいつも馬鹿みたいに麺ばかり食べて、馬鹿じゃないのかこの馬鹿っ・・・! <ラーメン屋でもラーメン!中華料理屋でもラーメン!もう解放されよう!この麺のスパイラルから・・・!> 今回は「ラーメンやめました」・・・! つまり麺、封印・・・! <いくら麺好きでも、たまには食べてみたい!いわゆる普通の"ごはん"ってやつを・・・!> 中国家常菜 鳳龍菜館・・・! (ちゅうごくかじょうさい ほうりゅうさいかん) 高知県内での知名度はそれほど高くはない気がするが、クオリティの高い中華料理が食べられるお店・・・! ラー ...

香南市野市町にある曽我の中日そば

香南市の老舗食堂「曽我」デカ盛り!洗面器サイズの「中日そば」

元々は香南市赤岡町で発祥したという『中日(ちゅうにち)そば』・・・! うどん出汁に中華麺を入れたその麺料理・・・! 平成の大合併後、現在は赤岡町と同じ香南市に属する野市町の老舗食堂・・・ 『曽我』にもあった・・・! がっ!軽い気持ちで注文した、その『中日そば(大盛)』が波乱を呼ぶ・・・! 子連れでも安心の曽我・・・! 完全個室の座敷があり・・・ 親が楽!すごく楽!そして子供も楽・・・! 多様なメニューが待ち構える中で竜一、即決・・・! <中日がある!それならば中日!せっかくだから大盛にしよう・・・!> だ ...

大盛!特盛!おすすめ海鮮丼!「活魚レストラン 藤」高知/芸西村

以前、水族館に行ったことがある・・・!大きな水槽の中で泳ぐ魚を無邪気に指さす、どっかの子供の側で俺は思っていた・・・! この魚・・・食べたいっ・・・! <いまそんな気分だよ・・・> 芸西村・・・! 活魚レストラン藤・・・! 一階は駐車場・・・!二階が店舗!上がるとそこに・・・ 水槽が・・・! 中で魚が泳いでいる・・・! 圧倒的・・・!水族館っ・・・! ここは芸西村の水族館・・・! しかもこの水族館の魚は食べていい・・・! 広い座敷へ通され・・・ 注文は当然、いっぱい海鮮丼・・・! 窓の外には太平洋・・・! ...

高知県東部・奈半利町・田野町界隈の、おすすめランチ「西山料理店」

フラッと奈半利町まで・・・昼ごはんを食べに・・・! 食べ歩きがそもそもの趣味であるため・・・!休日のランチに車で片道1時間・・・! その程度のことは苦にならないどころか・・・日常茶飯事である竜一・・・! <青く雄大な太平洋を横目に見ながら、ドライブがてら昼ごはん・・・それがいい・・・!> 2年ぶりの再訪・・・! 西山料理店・・・! 昼営業終了時刻、午後2時に対して・・・このとき、1時50分・・・! <危ない・・・!3時までかと思いきや2時まで・・・!あと10分で飲食店の少ない高知県東部で昼食難民と化すとこ ...

おちゃのまLiveさんスタ!「三里うどん本舗」もう一つの撮影後記

「さんスタ!」ぶろぐるグルメ公式ワードプレス内に撮影体験談を更新しております。ソチラを読まれてからのコチラが話の流れ的にスムーズです(パソコンからの閲覧がオススメ)。 さんスタ!放送日・・・!一週間ほど前・・・! 三里うどん本舗へ続く坂道を・・・俺はまた上っていた・・・! (店舗画像は随分前に撮影したものです) 降りしきる雨の中、店先で傘をたたんでいると、小窓から女将さんが顔を出す・・・! 「あらビックリ・・・!」「あ・・・ああ!このあいだはどうも!」 まだまだ人見知りが抜けないコミュ障竜一・・・!<今日 ...

喫茶店でうどんランチ!「ファミリー喫茶シーランド」カレーうどん

うどんがあるのは・・・何もうどん屋だけじゃない・・・! 喫茶店にもある・・・! うどん推しの喫茶店・・・! ファミリー喫茶シーランド・・・! 高知市仁井田にあるシーランド・・・!落ち着いた味のある雰囲気の店内・・・! これがうどんメニュー・・・! 本来は喫茶店!ゆえに当然サンドイッチやハンバーグランチみたいな喫茶店らしいメニューも揃えられている・・・! がっ!それには目もくれず、やはり注目はうどん・・・! <シーランドといえばカレーうどん!カレーうどんが美味しい印象・・・!> 湯がくのに10分少々かかると ...

和食モーニング有り!「喫茶 ダックス」(高知県香南市野市町)

朝うどん・・・!じゃなかったら・・・! やっぱり朝は米が食べたい・・・! そう思うのが和の心・・・!日本人ってもんだろうっ・・・! 『CAFE TERRASSE Dax(ダックス)』 <子連れでも行きやすい雰囲気・・・!なにせ和食モーニングがある・・・!ついつい気軽に来てしまう・・・> <酸っぱくないドレッシングがかかったサラダに・・・ケチャップたっぷりの目玉焼き・・・!> 俵型の可愛らしい・・・おむすびがありがたいっ・・・! <ああっ・・・一気に3個は食べられちゃう・・・!> どこの米かと思えば・・・高 ...

ラーメンランチセット!中華料理「鳳龍菜館」(香南市野市町)

ラーメン屋のラーメンと中華料理屋のラーメンは本質的に違う・・・! 似て非なるもの・・・! だから・・・ラーメン屋のラーメンを食べたあとに中華料理屋のラーメンが食べたくなって・・・ついついハシゴしちゃったりする・・・! 罠っ・・・!いくらでも食べられちゃう罠・・・! 世の中には危険な食べ物がいっぱい・・・! ランチタイムにコソコソと・・・! 中国家常菜!鳳龍菜館・・・!(ちゅうごくかじょうさい ほうりゅうさいかん) 漢字の読み方がなかなか難しいこの店で竜一・・・! ラーメンとご飯ものがセットになった・・・お ...

さぬきうどん「将元(しょうげん)」高知県西部宿毛市の個性派手打ち

疲弊しながらも俺は・・・そこにうどんがあれば・・・ 行く・・・!どこにだって・・・! 雨中の宿毛市・・・! さぬきうどん将元・・・! セルフ方式・・・!『釜玉』(380円)を注文・・・! 釜揚げ麺が必要な釜玉・・・!案の定・・・数分待ち・・・! <ここまで来て麺の茹で上がりを待つくらい・・・どうってことはない・・・> このとき竜一・・・! 釜玉と同時に・・・肉ぶっかけも所望・・・! <折角の宿毛・・・滅多に来られないんだ・・・!釜揚げ麺と水で締めた冷たい麺の対比も見てみたい・・・> 初手・・・!もちろん熱 ...

高知最西端の手打ちうどん「とし家」大雨の宿毛市で

たしかに遠い・・・!宿毛(すくも)は遠い・・・! それでも行く・・・! 呼んでるんだ・・・!宿毛が・・・うどんが・・・! 手打ちうどん・・・とし家・・・! 周囲に田園が広がる・・・素敵な景観の中・・・食べる・・・! かけうどん・・・! さらに冷醤油に・・・温ぶっかけ・・・! 手前が冷醤油・・・!奥が温ぶっかけ・・・! セルフ方式・・・!自分で入れる薬味・・・! ネギや生姜・・・!天かすなどはありがちだが・・・! 刻まれた大葉があった・・・! これは珍しいパティーン・・・! トッピングにかき揚げ・・・!見え ...

香南市野市町 喫茶ダックス 選べる和洋モーニング!(CAFE TERRASSE Dax)

人口当たりの喫茶店数が日本一・・・!全国一と言われる喫茶店王国高知県・・・! <喫茶店といえばやはりモーニング・・・!モーニングを食べてこその喫茶店・・・!> だが竜一・・・!朝は完全に・・・ごはん派・・・! しかしモーニングでごはんが食べられる店は・・・数ある高知の喫茶店でも全体の半数に満たないのではないだろうか・・・! <パンも別に嫌いじゃない・・・!だけど米のほうがテンション上がる・・・!> なにせ日本人っ・・・! 上がって当然・・・! そんな米野郎にも嬉しい・・・!かといってパン派も大丈夫・・・! ...

「ディペッシェ」二つのソースに隠されたパスタ。食後に女子高生

『ディペッシェ』は南国市の高知龍馬空港の南、県道14号、通称「春野赤岡線」と呼ばれる道沿いにあった。 年季が入った落ち着いた雰囲気の店内。ソファーに腰を下ろし、メニューを見て驚いた。 <メニュー多っ……!> その品数は洋食を主体に数十種類にのぼる。 パスタが人気だとどこかで見た記憶があったので、『spaghetti』と書かれた項目の中から選ぶことにした。他にも『スズキのオーブン焼き』や『ステーキピラフ』など、気になるものもあるが、また今度にしよう。 <カルボナーラがいいな>そう思ったのも束の間。<おおっ! ...

南国SA上り線 エリエール カツオのタタキパスタ

【高知】南国SA上りレストラン「エリエール」カツオタタキ搭載パスタ

多くの飲食店が昼の営業を終了している午後3時過ぎ。昼食難民と化して、『南国サービスエリア(上り)』にやってきた。ここなら夜まで開いている(一般道から南国SAへ進入する方法はこちらの記事を参照!→ 『南国SA(下り) よさこい混ぜ麺 前編/ランラン』)。 しかしフードコートに目ぼしいものはない。 そこでサービスエリアの端にある『エリエール』というレストランをのぞいてみた。 店先に食品サンプルが並んでいる。 『鰹のたたきと葉にんにくのパスタ ジェノベーゼ風』と書かれたものに目が留まった。パスタの上になんとカツ ...

四万十うどん「かっぱ亭」道の駅とおわ/駐車場内のうどん屋さん

よっしゃあ!うどん行こうぜぇー! 勢いよく『カフェ オルソン』を飛び出した。 すごく勢いが付いている。 勢い余って…とは、こういうことを言うのだろう。 気が付けば車で二時間半、 四万十町十和まで来てしまっていた。 休憩がてら寄った『道の駅 四万十とおわ』の販売所を出て、四万十川を眺める。 <随分遠いところまで来たもんだ。 この辺りにはうどん屋もなさそうだ。そろそろ帰るか…> って…………! 不意に思い出した。 <そういえばこの駐車場の端に、 「うどん」と書いたのぼりが立っていた記憶が…!> 一歩も歩きたく ...

四万十市中村のセルフうどん! 「セルフサービスの店 さぬきや」

2015年5月3日。四万十市中村の一條神社で行われる、『土佐一条公家行列「藤祭り」』 それを見に行くべく、高知県西部へ進行していた竜一。けれども、すでに昼を大きく回っている。 <このままだと一條神社に到着するのは…おそらく15時すぎ…!ネットで調べてみると…最後の公家行列が出発するのが…14時とある!> ゴールデンウィーク真っ只中。県外ナンバーの車も多く、交通量多め。 <行くだけ行ってみるか…一條神社……!しかし…行ってもおそらくは無駄っ……!公家行列を観ることは叶わない………!> 家を出る時間が遅すぎた ...

味工房じねん!高知・安田町でランチ「自然薯」の親子丼とうどん!

安田川を右手に見ながら、山間の県道12号線をズンズン北上。 このあと東洋町という遠方まで行かなければならないので、もちろん、かなりのズンズン具合だ。 高級な軽自動車のサイドミラーなんか、風圧で何度ももげそうになった。 車窓から見える景色は、山と川と田んぼばかりで、たまに民家がある程度。 <大丈夫かな・・・>不安に駆られた。<「味工房じねん」がありそうな雰囲気じゃないんだが!> コーナーを限界まで攻め、しばらく進む。 あった。 『味工房じねん』 以下は2013年10月の情報です。ご注意ください。 早速、入口 ...

CAFE MISSY SIPPY (ミシシッピ)高知・本山町/謎のチキンジョージ

川と平行して走る片側一車線の道路を、高級な軽自動車で走る。 両脇には山。右を見ても左を見ても緑色。川には大きな岩がたくさん寝ている。 「あっ!牛・・・!」 川の向こう側に牛が放牧されている。それを見つけて僕は言う。 「おいしそ・・・!いや、カワイイ・・・!」 国道439号線を東から西へ走る。 <この道沿いにあるはずなんだけど・・・> 目的の店を見落とさないように、道路沿いにある建物に注意する。 <もう近い・・・!近いぞ・・・!> 地図によると、もうすぐ側まで来ているはずだ。<どこ・・・!見つけれない・・・ ...

レストランピックのランチ

【高知】レストラン「ピック」ボリューム満点のおしゃれランチ!

水曜日も、また曇り空が広がっていた。 僕は決められないでいた。 <オムライス・・・食べたいな・・・!> 早くしなければならない、という焦り。それが募れば募るほど決められない。 <エビフライも・・・!ハンバーグもイイッ・・・!> 僕はメニューを必死で睨んだ。 一部のものは写真付き。写真付きじゃないものもある。 決められない・・・。 くそっ・・・決められない・・・。 メニューに記載された料理名を示す、すべての文字列がすこぶる魅力的に写る。 悩む。考えれば考えるほど思考の糸はグチャグチャに絡み合って解けなくなっ ...

【高知】丸吉食堂(まるよし食堂)「ちゅうにち」と世界一の窓装飾

"苺氷り"を食べる前に『丸吉食堂』へ昼食を食べに行った。 「丸吉食堂の"ちゅうにち"が美味しい」とスパイが言っていたからだ。 いったい何のことだか、わからないかもしれないけれど、私の知り合いのスパイは本当にそう言った。 「それどこにあるんスか・・・?」 と私が丸吉食堂の場所を訊くとスパイはすぐに教えてくれた。 「ひろめ市場の西側の路地を入ったところ」 「ひろめ市場の西側・・・?」 と私は考えた。「ひろめ市場の西側に路地なんかあったっけ・・・」 それから何日も経たない内に、すぐ行った。 空から落ちる水滴。雨 ...

中国家常菜 鳳龍菜館 塩ラーメンセット・餃子・天津ら~麺・大盛!

『中国家常菜 鳳龍菜館』(ちゅうごくかじょうさい ほうりゅうさいかん) 『塩ラーメンセット』 『餃子』 「天津麺」でも「天津ラーメン」でもない。『天津ら~麺』 ら~麺。 大盛。器、洗面器サイズ。もはや天津ら~麺という名の猛獣。 もうダメ・・・もう入らない・・・。でも食べる・・・食べてるときが一番幸せ・・・。 いっぱい食べて大きくなります。 ◆ 中国家常菜 鳳龍菜館(高知県香南市野市町西野669-1)営業時間/11時30分~15時・17時~21時定休日/毎週木曜日・第3金曜日駐車場/有(店の前と裏)『鳳龍菜 ...

中華飯店 とら

生姜の収穫が始まる数日前だった。 畑から帰って、いつものように晩酌をしようとしていると、 唐突に、ラーメンが私を襲ってきた。 ラーメンは、私の頭の中を一気に埋め尽くした。 おかげで私はラーメンのことしか考えられなくなってしまった。 <どこかにラーメンを食べに行かなきゃ・・・ ぐぉっ・・・ぐぉっ・・・> ラーメンを食べに行きたいのではない。行かなければならない。 行かなければ自分がラーメンに侵食されてしまいそうだった。 私は車を走らせて、南国市の「サンシャイン・カルディア」という、 光属性魔法みたいな名を持 ...

© 2020 生姜農家の野望Online