月別アーカイブ:2015年09月

「どんぶりころころ」メガ盛りの聖地でメガ盛りを食べない

券売機の前で少し悩んだ。並盛りにするか、ライトにするか。 時刻は午後二時半を回っている。これが昼ごはんのつもりだが、晩ごはんも数時間後に迫る。 メガ盛りで有名な『どんぶりころころ』。並盛りでも他店の大盛かそれよりも多いくらいの量をほこる。ライトでようやく他店の並盛り程度だ。 <メガ盛りの聖地でメガ盛りを食べないだけにとどまらず、大盛も食べず、並盛りも食べず、ライトだなんて…!許されるか!そんなショボい話が…!> だが三十代。つっぱることが男のたった一つの勲章、そういう時代は過ぎ去った。 <ライトにしよう… ...

【閉店】「麺処 やすきや」鳥南蛮うどん

高知にはいくつか有名なチキンナンバンがある。 代表的なのは地元の弁当チェーン『くいしんぼ如月』のチキンナンバン。それと『鳥心』という飲食店のチキンナンバンだ。 その日、なんとなく高知屈指の人気うどん店『やすきや』に行って衝撃を受けた。 <ここにもチキンナンバンがある!> 正確なメニューの記載は『鳥なんばん』とあったが、鳥は英語でチキンだから、やはりこれは紛れもなくチキンナンバンということになる。 『やすきや』のチキンナンバンは、湯気をモクモクと立ち昇らせてやってきた。 かけ出汁の中に、斜め切りにされたネギ ...

「マルトクラーメン」魔王との死闘

例によって昼どきを外したが、香南市野市町『マルトクラーメン』の駐車場はたくさんの車で埋まっていた。 今日は魔王を倒さなければならない。 店に入ると、すぐさま魔王の存在を確認した。<ホントだ。たしかに前はいなかった魔王がいる> しばらくすると、魔王がやってきた。 <赤い…!>なんという赤さだろう。魔王は『魔王』という名のラーメンだった。 太い麺の上にてんこ盛りにされた野菜、ひき肉、さらにきざみニンニク、中央に卵黄。 それらを覆うように真っ赤な唐辛子の粉のようなものが大量に振りかけられていて、全体的にとにかく ...

「美食酒房 英屋」竜一会(笑)で舌鼓、その後に待ち受ける地獄とは

家で晩酌しすぎて酔っていた。<あぁ楽しい。これってみんなで飲んで酔っちゃえば、もっと楽しいんじゃね?> 布団の中でスマホをいじり、がちゃさんにメッセージを打った。[何年か前のいつぞやのように夜中に突然お誘いしますけど…] 我ながら、なかなかロマンティックな書き出しだ。シェイクスピアかと思った。"何年か前のいつぞや"とは、過去にがちゃさんと二人で飲んだその夜のことを指したつもりだった。 ただ今回も二人きりだと、我々の仲が本気で疑われてしまいかねないので、というよりも、さらにあと二人ほど一緒に飲みたい人たちが ...

高知民限定!二日酔いを治せる(?)「くいしんぼ如月」カレーうどん

昼頃になっても、依然として体内からアルコールが抜けきっていなかった。 起き上がれない。 スマホでネット検索してみると、二日酔いのときはカレーを食べるとよい、と書かれていた。香辛料の影響で血流がよくなったり、発汗作用があるのもいいらしい。 近くのうどん屋に行こうかと迷った。しかし身体を起こし続けているのがつらい。どうやらうどん屋に行くのは無理そうだ。 重い足取り、前傾姿勢で車の助手席に乗り込み、ドラッグストアへ向かい、『ヘパリーゼ』を買ってすぐさま飲んだ。それから高知が誇る高知にしかない弁当チェーン『くいし ...

家・冷ぶっかけうどん

布団から這い出ると、冷蔵庫にあったうどんにかぶり付いた。 冷たい出汁が血管を通って、5本の手の指先に循環していく。そんな感じがした。 脳ミソがグラグラする。気持ちが悪い。おええええ。 (昨夜はブログで知り合ったメンバー4人でオフ会みたいなことをしていました。詳細は後日機会があれば。いまは絶賛二日酔い中…) ↓ブログランキングに参加しています。応援お願いします。1クリックで10ポイントが加算されます(1日1クリックのみ有効)。

【閉店】「ぶっかけふるいち イオンモール高知店」映画を観ると大盛無料!

「汁うどんの大盛…」イオンモール高知2階のフードコートにある『倉敷うどん ぶっかけふるいち』でうどんを食べるとき、映画の券、または映画を観たあとの半券を提示すると、本来100円増しの大盛が無料になると聞いて、注文ついでに尋ねてみた。 「あの…これ使えますか?」『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の半券だった(ちょっとだけ関連記事)。 「あ、使えますよ」男性の店員さんはそう言う。 <これで大盛無料になるんだよね?>訊きたかったが、コミュ障には荷が重かった。<370円+100円で本来は470円に ...

「南国SA(下り)」はちきんチャンポンに見る高知の女の強さ

『はちきんチャンポン』と書かれた画像入りの張り紙を確認すると、券売機のボタンに同じ文字列を探した。 <こればぁようけメニューがあったら、探すに一苦労じゃよ>昼下がりのお爺さんみたいに呟いた。 期間限定で『冷やかけうどん』も提供されているようだ。少し気持ちが揺らぐ。<けんど今日は、はちきんチャンポンを食べにきたがやき、初志貫徹でうどんは我慢や> ようやく『はちきんチャンポン(800円)』のボタンを探し当てた。一緒にフライドポテトも食べよう。 購入した食券を、すぐそばに伸びる長いカウンターの向こう側で働く店員 ...

「はなまるうどん」期間限定・台湾まぜうどん

『はなまるうどん』で『台湾まぜうどん』なるメニューが提供されると知ったのは、9月3日のことだった。ネット上に公開された画像では、極めて攻撃的で個性的なルックスをしたうどんに見えた。 <やっときたっ…!ジャンクなうどん!>中央に生卵が載っていて、周りをおもに緑と褐色の具材が埋めている。<何年も前から待っていた。こんなうどんを…> 近年、ラーメンの世界においては、いわゆる二郎系や油そばなど、これまでのラーメンの概念を覆したような、おおよそウチの爺婆は嫌がるであろうラーメンが登場している。 それに対してうどんは ...

「コーヒー&パスタ HORN-ホルン-」オシャレ男子ベーコン

高知市北高見町にある『コーヒー&パスタ HORN-ホルン-』に行ったのは、オシャレ女子を気取りたかったからだ。しかし私の性別は男なので、オシャレ男子ということでいく。 午後2時半を回っていたため、営業時間的にまだ大丈夫なのかと不安だったが、元気に営業されていた。 茶系の配色を施された落ち着いた雰囲気の空間。<なかなかいいね>オシャレ男子にピッタリだ。 案内された席に腰を下ろす。ウォーターピッチャーの形がこれまたオシャレ。足を組み、小粋な体勢で水を飲んだ。 注文していた『カルボナーラ』がきたのは、秋物のファ ...

「黒潮うどん」ガリマニア必見!生姜2種搭載、肉おろししょうゆ

『黒潮うどん』に行ったのは、須崎市『新子まつり』の帰りだった。 小雨が降り始めていた。 閉店時間の午後2時半が近かったので、ヤキモキしながら足早に店に入った。 セルフレーンの端で盆を取り、頭上に掲げられたメニューを眺めると、『肉おろししょうゆうどん』と書かれた大きな写真に目が留まった。 <これ美味しそうやな…> ほとんどのメニューは文字だけなのに、『肉おろししょうゆうどん』は写真入りだ。写真の訴求力は高い。 元々は『ぶっかけ』が食べたかったのに、あっさり変更してそれを注文した。価格も『ぶっかけ』が小で27 ...

南国SA上り線 エリエール カツオのタタキパスタ

【高知】南国SA上りレストラン「エリエール」カツオタタキ搭載パスタ

多くの飲食店が昼の営業を終了している午後3時過ぎ。昼食難民と化して、『南国サービスエリア(上り)』にやってきた。ここなら夜まで開いている(一般道から南国SAへ進入する方法はこちらの記事を参照!→ 『南国SA(下り) よさこい混ぜ麺 前編/ランラン』)。 しかしフードコートに目ぼしいものはない。 そこでサービスエリアの端にある『エリエール』というレストランをのぞいてみた。 店先に食品サンプルが並んでいる。 『鰹のたたきと葉にんにくのパスタ ジェノベーゼ風』と書かれたものに目が留まった。パスタの上になんとカツ ...

「美食酒房 英屋」の絶品牡蠣はもう牡蠣ではない!

「えっ!これホントに牡蠣(かき)?」食べた瞬間、動揺して何度も確認した。「え?これホントに牡蠣?」 『美食酒房 英屋(ひでや)』の牡蠣は只者ではない。それが出てきたのは8月最後の土曜日だった。 (店舗画像は一年以上前に撮影したものです。閉店間際に撮ったので照明が消えてます。すんません。このときはお腹は出てないけど、すでに顔が丸いです。差していた傘はどっかの飲み屋に忘れてきました) 何度目かの英屋さんだけれど、飲み放題コースは初めて。3時間、5500円のコースを予約してくれていた。 見つからないようにコッソ ...

「まがみ」高知市大津の人気弁当店

数年前から食べたいと思っていた『まがみ』の弁当が手に入ったのは、ある朝のことだった。 非常に人気のある弁当屋さんだと噂に聞いてはいたけれど、なかなか機会がなくて、ずっと食べることができていなかった『まがみ』の弁当が目の前にあるのだ。 <あらまぁ!まがみの弁当よ!あの有名な、まがみの弁当よ!> 嬉しさのあまり、縦から横から撮影した。 弁当の容器の上にかけられた包装紙が洒落ている。 灯台があって、その向こうに海があって、船と雲が浮かんでいるという何とも若大将好みなデザインだ。そこに筆書きのような書体をもちい、 ...

「純手打ちラーメンとがの」で名物の「バァァァーン!」を聞いてきた

『純手打ちラーメン とがの』に着いたとき、すでに午後2時半になろうとしていた。昼の営業時間は3時まで。30分前にオーダーストップということもあり得る。しかし2時半まで、あと5分ほどあるので大丈夫だろうと思いながらも雨の中を速足で歩いてきた。 (大雨で店舗画像撮れず。上記画像は以前、夜に行った際のものです) 店の前まで来て、駐車場の存在を示す張り紙を見て、愕然とした。<そういや…とがの、駐車場あったがやった> 店の隣に2台分ほど駐車場があることを忘れていた。わざわざ遠くの、それも有料のコインパーキングに車を ...

【高知】「八乃森」人気パスタカフェの「モーニング」で休日満喫!

高知市のパスタカフェ 八乃森のモーニングをご紹介。モーニングのメニューと、実際に食べたモーニング「バジルベーコントーストサンド & 目玉焼き」を記載。モーニング8:00~11:00、ランチ11:00~15:00、ディナー15:00~22:00

手打ちうどんの人気店「まるしん」土佐山田・大盛の圧倒的攻撃力!

さすがに学習した。 『手打ちうどん まるしん』は、もはや高知最強クラスの人気店だ。 ここ一カ月のあいだに、二度きた。 一度目は午後2時過ぎ。二度目は1時過ぎ。いずれも平日。 一応昼時を外したつもりだったが、両日とも店先に長蛇の列ができていた。 行列に並んで待つのは苦手だ。並べないから食べられない。 通常のやり方では、いまの『まるしん』には入店することすら不可能。 そこで今回は作戦を変えた。 <まるしんの開店時刻は午前11時…。開店と同時に駆け込んでやる!> しかし少し遅れてしまって11時15分くらいに到着 ...

一風堂の箱ラーメンを初めてのセブンイレブンにて、はつけん

日本最大手のコンビニエンスストア『セブンイレブン』が高知に出店してきたのは、今年3月のことだった。それまで高知にはセブンイレブンがなかった。一店たりともだ。 新しいものが大好きで、熱しやすく冷めやすいことで知られる高知県民はセブンイレブンの店先に長蛇の列を作り、その画像はネット上に拡散された。Twitterなどでの県外人の反応はわりと……まぁ…正直…笑われてしまっていた…。 私は心の中で「そう簡単にセブンイレブンなどには行かないぞっ!」と誓ったのだった。 それから数カ月が経った8月のある日、私は初めてセブ ...

「SALA(サーラ)」女子力高めの店内でアウェー感に浸り食べる肉

その日、どういうわけか時間がなくて晩ごはんを『SALA』に食べにきていた。夜は開いているうどん屋が少ないので、たまには洋食でも食べてみようかと相成ったわけだ。 客の大半は若い女性で、店内は女子力で満たされている。周囲を少し見渡してみたが、男は私くらいしかいない。 女性ばかりの中に男性が一人。そういう状況下に置かれていない日常、例えば生姜畑の中で考えると「天国じゃないか」と自分でも思いそうだが、実際はわりと居心地が悪い。 体育の授業の前に、着替えている女子たちの部屋に間違えて入ってしまったようなものだ。 し ...