高知でランチデート・ディナーデートにおすすめのお店

ラーメン食堂 黒まる -KUROMARU-78

昨年末。南国市の市役所近くに、新しいラーメン店がオープンしたと聞いた。 だが私は人見知りでコミュ障。いわゆるバンビちゃん。 未知なる者の懐に飛び込めるわけもなく、柱の陰から家政婦のように、あえて遠巻きに状況を見守っていた。 そうやって私が「全力バンビちゃんモード」でマゴマゴあいだにも、多くのヌードルブロガーの方々がその店に行かれ、ブログにレポートを掲載されていた。 そしてそれを私はコソコソ読んだ。夜な夜な焼酎を煽りながら、少し酔ってクネクネしながら読んだ。 <ふふぇー!結構みんないい感じで書いてるな…!出 ...

【高知】新中国料理「彩華(さいか)」おいしいランチメニューを堪能!

何か一つのものが異常に食べたくなることがある。 <天津飯!天津飯!天津飯…!> このときは、それが『天津飯』だった。 <天津飯!天津飯!いますぐ食べないと…狂ってしまいそうだ…!> 真昼間の高知市中心部を走る。 高級な軽自動車で。 <でも…いったい何処に行けば天津飯が食べれるんだ…!> 脳内検索。"天津飯が食べれる店"。 たくさん浮かんだ。 <天津飯って…中華料理屋はもちろん…ラーメン屋にもよくあるよな…> いったい何処の店に入ればいいのだろう。 <わからない…俺にはわからない…!対象となる店があまりにも ...

鰹乃国のめし家「萬や」高知・中土佐町大正町市場近くでランチ!

綺麗な女性が、茶碗にご飯を注いでいる。 脇には、薪がたくさん積まれている。 <あの釜でご飯を炊いているのか・・・> と私はその光景を見ながら思った。<美味しいだろうなぁ・・・> 大正町市場を出て、浜辺でジョジョ立ちを決めたあと、昼食を何処で食べようかと迷った。 <せっかく漁師町へ来たんだ・・・どうせなら魚を食べて帰りたいな・・・> なんとなくカツオが食べたい。 高知県民のDNAが覚醒し始めたのか、私はここ数年カツオがどんどん好きになってきている。 子供の頃は、それほどカツオが好きではなかった。 それなのに ...

【高知】アジア食堂「歩屋」南国市でアジア料理に舌鼓。

「久しぶりにアジアツアー、行ってみるか・・・」 私はそう言って身支度を始めた。 <着替え・・・いるかな・・・?> と少し考える。だが実際に着替える可能性は、とても低そうな気がした。<まぁ、いっか・・・> カバンに入れかけていたTシャツを、また元に戻す。 結局、着替えの服は1着も持って行かないことにした。 <と、なると・・・カバンもいらないか・・・> 着替えの服を詰めるカバンなど、もはや必要がなかった。 <手ぶらでアジアツアーか・・・> 私は高級な軽自動車に乗り込みながら、なにか納得して頷いた。<悪くない・ ...

レストランピックのランチ

【高知】レストラン「ピック」ボリューム満点のおしゃれランチ!

水曜日も、また曇り空が広がっていた。 僕は決められないでいた。 <オムライス・・・食べたいな・・・!> 早くしなければならない、という焦り。それが募れば募るほど決められない。 <エビフライも・・・!ハンバーグもイイッ・・・!> 僕はメニューを必死で睨んだ。 一部のものは写真付き。写真付きじゃないものもある。 決められない・・・。 くそっ・・・決められない・・・。 メニューに記載された料理名を示す、すべての文字列がすこぶる魅力的に写る。 悩む。考えれば考えるほど思考の糸はグチャグチャに絡み合って解けなくなっ ...

CAFE & PASTA パスタはっとりくん

<パスタの専門店なんて、何年ぶりだろう・・・>外から見るよりも広い店内。その中で私はパスタを待ちながら、ぼんやりと考えていた。 『CAFE & PASTA パスタはっとりくん』 夜の南国市岡豊(おこう)の国道32号線を北へ。やがて見えてきた赤い看板の下へ車を向ける。 「満車?」高い密度で埋まった駐車場を見て、私はそう言った。 「いや、あそこ!1台分だけ空いてるよ!」と車に同乗している与田君が、わずかに空いた場所を指差して言う。 車を降りると生温かい風が、ゆっくりと吹いていた。知る人ぞ知る店「はっと ...

【高知】南国市「モンシェルトントン」おいしい洋食が食べられるお店

ジンジャーランドから家へ帰ってきた私は、 風呂に入ってドライヤーで髪を乾かしていた。 <ラーメンにしようか> 私は髪を乾かしながら考えていた。 <もう20時が近いし、いまから行ってたんじゃ、 うどん屋は開いている店がほとんどない> 私は髪を乾かし終えて、ドライヤーの電源を切った。 うるさい音が消えた。静かになった。"しん"とした。 <ラーメンより、なんか肉が食べたい・・・> と私は思った。<そうだ!あの肉が乗ったごはんを食べに行こう!> 一度ナニカで見かけたその姿は、 私のドコカに強烈な印象を刻んでいた。 ...

【高知】MASALA(マサラ)帯屋町店でランチ/インドカレー&インド焼そば

タイから帰国後、 私は数日間の自宅療養ののち、 インドへ向けて旅立った。 もちろん陸路。 <あぁー!楽しみだなぁー! インドだよ!インドッ!どんな国なんだろう!> 高級な軽自動車を、 安全運転で駆ること数十分・・・。 到着。 『インド料理 MASALA (マサラ) 帯屋町店』 実は、このとき 1月2日。 そう!あの伝説の 「新春!外飲みの旅!」を敢行した日である。 牛だの!アイスだの! あれだけ食べまくっていた日。 私は「葉牡丹」へ行く前に、 「マサラ」というインドへ入国して、 インド料理を食べていたのだ ...

【高知】Asian Dining Chang (アジアンダイニング・チャン)でランチ

寒いので、 赤道付近の国へ行きたい。 けれども海外へ行くのは大変なので、 高知にいながらにして行きたい! などという、どう考えても無茶苦茶な今回の旅。 私は、とりあえず、 陸路でタイを目指した。 高知から陸路で タイへ行けるのか。 そう誰しもが思うだろうが、 意外と簡単に行けるものである。 「見えてきたぞぉっ・・・! あれが・・・高名な!タイ王国か・・・!」 高級な軽自動車を、 高級なコインパーキングに停めて、 タイへ歩いていた私は、無意識にそう呟いた。 私はついに辿り着いたのだ。 陸路で、仕舞いには徒歩 ...

gumbo(ガンボ) 後編/怪物の丘

『前編を読む』 店先にも飲食スペースがあった。そこを通り抜けて、店内へ。 髪の長い色白の女性が、水やおしぼりを持ってきてくれる。 メニューは、4種のみ。日替わりの「お肉ランチ」「お魚ランチ」それから「ココナッツカレー」と「フォー」である。 <俺はアジア好きで麺好きなんだ・・・!この局面は・・・もちろん当初からの目的だった"フォー"・・・!フォーで勝負するしかな・・・!いや・・・しかし・・・!> カレーは、"おムシ"に任せて、"お竜"はフォーの一点勝負だと全世界が信じていたであろう、gumbo決戦。 ところ ...

gumbo(ガンボ) 前編/抗えぬ風

十年ほど前。ハタチぐらいの頃に、"たかのてるこ"の「ガンジス川でバタフライ」という本を読んだ。 その頃の私と同じぐらいの年齢だった"たかの氏"が、女一人で東南アジアを旅する話である。 それを読んで以来、それまで海外になんかちっとも興味が無くて、一生日本から一歩も出なくてもまったく構わないし、ましてや東南アジアみたいな治安の悪そうなところへ絶対に行きたくない! ・・・と思っていたのが、一変。東南アジアを旅せずに死ねるか!と夜な夜な枕を涙で濡らすまでに至った。 しかし、十年ものあいだ、ずっと行きたいと思いなが ...

いろりや 肉醤油うどん & 力豚のカレーうどん

2012!春の四万十ぶらり旅!『手打ちうどん たも屋 春野店』 → 『四万十へ、新風追いかけて』 → 『UDON KUA'AINA (うどん・クアアイナ)』→ 『西の西、足摺岬へ』 → 『道の駅 めじかの里・土佐清水』 → 『足摺海洋館』 → 『竜串海岸』 →『グッバイ!土佐清水!』 → 「いろりや 肉醤油うどん & 力豚のカレーうどん」 → 『番外編』 うどん屋には珍しい、靴を脱いで上がる形式の「いろりや」入口で、サーファー風の若い男性数人とすれ違った。 <そういえば、去年の夏に訪ねたときも、同じように ...

本格手打 うどん処 楓 エピソード3/名手の実力

『エピソード1を読む』 『エピソード2を読む』 『楓おろし(大盛)』 一年半前と同じ選出。 素振りをしながら、暫し待って現れた"ソレ"は、一年半前と変わらず・・・いや、むしろ一年半前を凌ぐ美しさを魅せ放ち、『(天ぷらおろし)と(温玉肉おろし)の豪華コラボ』というメニューの表記通り、絢爛な様相を携える。 大盛2玉の麺上を・・・!覆い尽くすトッピング・・・! 天ぷら類・・・!7種・・・!牛肉・・・カイワレ・・・大根おろし・・・!ゴマ・・・生姜・・・! それに・・・楓おろしではお馴染みの・・・!青・・・白・・・ ...

本格手打 うどん処 楓 エピソード2/素振りは基本

『エピソード1を読む』 『エピソード3を読む』 土曜日の14時を過ぎる頃だった。常にピーク時を避ける、"竜一方式" 他店に行こうとしていた関係もあって、さらに時間が遅くなった。 入口で5~6人組の家族連れとすれ違う。 いきなり出くわした大人数に、酒の席以外では、とにかく静寂を好む私は、一抹の不安を覚えた。 だがしかし、中に入ると、カウンター席で中年ほどの男性が1人、白い麺を勢い良くすすっている後姿が見えるのみ。 <よしっ・・・よしよしよしっ・・・!テーブル席ガラ空き・・・座り放題っ・・・!勝てると解ってい ...

本格手打 うどん処 楓 エピソード1/逆境の変化球

『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』 "一杯のうどんを食べるということは、こんなにも大変なことなのか・・・!" 今夏以降、私はそれを思い知らされている。 あるうどん屋さんに出向いたら、臨時定休日。 また、あるうどん屋さんに夜に出向いたら、私が行った曜日だけ、夜営業なし。 さらに、理由は分からないが、ナゼか店が開いていない、謎の休業パターンなどなど・・・。 もはや、「竜一が来ると分かったら、暖簾を片付けているのではないか!」と思わざるを得ない状況下、新たに開店された穴場的うどん屋さんに出向いたら、 ...

いろりや 後編/魔法のうどん

【2011年・晩夏の西部珍道中・6部作リンク】 『海洋堂 ホビー館 四万十』 → 『ホビー館・南の田舎道をゆく!』 → 『いろりや 前編/幻のネバネバぶっかけ』 → 『この記事』 → 『西部ウルルン滞在記「道の駅・ビオスおおがた」で出逢ったぁー』 → 『本場手打うどん 庄壽庵』 『釜玉』を注文して、暫しの待ち時間。 行列に並ぶのは苦手だが、注文をしてから待つのは苦にならない。 うどんの場合、『待ち時間が長い=湯掻き立て』の図式が、 必ずしもそうでないにしても、固定観念としてあるからだ。 茹で置き ...

いろりや 前編/幻のネバネバぶっかけ

【2011年・晩夏の西部珍道中・6部作リンク】『海洋堂 ホビー館 四万十』 → 『ホビー館・南の田舎道をゆく!』 →→ 『この記事』 → 『いろりや 後編/魔法のうどん』 →→ 『西部ウルルン滞在記 「道の駅・ビオスおおがた」で出逢ったぁー』 →→ 『本場手打うどん 庄壽庵』 『海洋堂ホビー館四万十』から一路、南下。黒潮町に辿り着くハズが、道を間違えてしまい、四万十市まで達した竜一。 西から東へと進行して、本来の目的地、黒潮町入野にある、高知県西部の有名うどん店を目指す。 <あぁっ・・・!もう・・・!道間 ...

【高知】XUAN(スアン)ランチ&ディナーにベトナム料理が食べられる店

【追記】XUAN(スアン)は2019年に移転されました。(移転先の地図) この記事の内容は、移転前のものです。 私が子供の頃。 高知は本当に田舎だった。 飲食店も少なく、 ラーメンと言えば、『豚太郎』 うどんと言えば、『ビックうどん』 そのぐらいしか、選択肢が無かった。 そう言うと若干大袈裟なのだけど、 あながち間違ってもいないと思う・・・。 そんな高知にも、 近年、異国の料理を扱うお店が増えてきている。 今日、レポートするのは、 高知市にある、ベトナム料理のお店。 「いやぁ~、 高知でベトナム料理が食べ ...

本格手打 うどん処 楓 楓おろし & 生じょうゆうどん

高知市より東に住んでいるため、距離の問題で西の方の麺屋さんには、なかなか行けない竜一。 今回は、時間と用事があったので、珍しく高知市の西の方まで行ってきました。 入り組んだ住宅街の中に、ヒッソリと佇む、そのお店。 一回目は、道に迷った。辿り着くまでに、時間が掛かった。 二回目の、今回。 もう、迷わない。 『本格手打 うどん処 楓』 前回来たのは、オープンしてまだ間もない頃。2年ぐらい前だったかな~。 入店。うどん屋さんって大抵、男性のお客さんが多いんだけど、私が行った時の楓は、逆。 店内には、オシャレに着 ...

平家の茶屋 田舎そば & 天ざるそば

元々は、うどんだけが好きだった私。 だけど最近、麺だったら何でも良くなってきた。(爆 そしてついにこの度、 開けてはいけない扉を開けてしまうのでした。 竜一、ソバ部門に進出。 ソバにだけは手を出しちゃいけないと思っていた。 ソバまで食い始めるとキリがないと思っていた。 でも、もう止められないの! 『平家の茶屋』 (香美市香北町) ここは最初、何の店か分からなかった。 『茶屋』と書いてあるから、団子とか和菓子でも売っているのだろうと思っていたある日、 高知ローカルのテレビ番組、『サタマガ』で、 ソバ屋として ...

アジア食堂 歩屋

いつもいつも外食といえばうどんかラーメンなので、 たまには違うものに挑戦してみよう! と、白羽の矢が立ったのは、まさかのアジアン料理! アジアですよ!アジア! ベトナムとかフィリピンとかアッチ系ですよ! ついに俺もアジアにまで進出か~。 と、感慨深げによくわからないことを思いながらやって来たのは、 南国市の高速道路インターチェンジ近くにある、『アジア食堂 歩屋(ほや)』! 土曜日の14時ぐらいに行ったのですが、店内はほぼ満席で、 10人ぐらいが座れる大きなテーブルに他二組のお客さんと相席させてもらいました ...

© 2020 生姜農家の野望Online