うどん座敷高知市

白バラ食堂 肉入り醤油 カレーうどん 天ぷらうどん 牛丼ミニ

白バラ食堂 - 高知市にオープンした新店の圧倒的おすすめメニュー4連発!

うどんとカレーと牛丼のお店、白バラ食堂が高知市に新店オープン!白バラ食堂の場所とメニューの紹介と実食レポート。所在地/高知市東雲町3-4,11:00~14:00(土日祝は15時まで),定休日/水曜日

こがね製麺所 高知一宮店 釜玉うどん

こがね製麺所 高知一宮店 - 讃岐うどんの本場・香川発の新店オープン

高知市一宮にうどんの新店「こがね製麺所高知一宮店」がオープン!マルナカ高知インター店の敷地内に新店オープンした、こがね製麺所高知一宮店の場所と営業時間などの解説と、うどんを実食レポート。所在地/高知市一宮南町1-15-13,営業時間/10:00~20:00

うどん専門店新富名物の五目うどん

うどん専門店 新富(愛宕商店街)五目うどんが高知で一番有名なお店

創業45年!高知市愛宕の老舗うどん屋さん「新富」名物の「五目うどん」を地元高知のうどんブロガー竜一がご紹介。多くのファンが連日詰めかける人気のうどん屋さんです。

つちばし吉右衛門の外観

「つちばし」高知・帯屋町!中央公園すぐそばにある老舗の蕎麦屋さん

高知市帯屋町の老舗蕎麦屋 つちばし 吉右衛門 のメニューと蕎麦をご紹介。蕎麦はもちろん、丼ものもおいしい蕎麦屋さんです。所在地/高知市帯屋町1丁目5-4 営業時間/10:00〜21:00 定休日/無 駐車場/無

麺房三宅カレーうどん

【高知】「麺房 三宅」うどん有名店の「カレーうどん」は出汁感強い!

高知県全体でも有数のうどん人気店で、連日多くのお客さんが訪れている、高知市の『麺房 三宅』。 多くのお客さんが訪れているからには、おいしいうどん屋さんであることは疑いの余地もありません。 「三宅といえば"牛玉ぶっかけ"だろうが!」 「いいや、"とり天あんかけ"だろうが!」 そのような意見は、もちろんあると思います。 私も思います。 「三宅の牛玉はおいしいし、とり天あんかけは絶品だ!」 しかし! カレーうどんもハイレベル! キミは食べたか!麺房三宅の「カレーうどん」を! 麺房 三宅(高知市伊勢崎町) うどん ...

浜心うどん カレーうどん

さぬき自家製麺「浜心うどん」高知県・桂浜近くのうどん屋さん

早い、安い、高知県を代表する観光地「桂浜」近くのうどん屋さん『浜心うどん』。 2011年のオープンから、はや7年目を迎えられる。 オープン当初の記事:さぬき自家製麺 浜心うどん 前編/セルフの新風 浜心うどんの店内 カウンター席、テーブル席に加え、6人がけの座敷が3卓ある『浜心うどん』の店内は、一人でも幼児連れでも行きやすい構成。 セルフ方式のお店で、カウンター越しに注文してうどんを受け取り、先払いで会計するシステムになっている。 浜心うどんのメニュー 浜心うどんで特筆すべきは、年中「冷やかけ(冷たいかけ ...

「ひなた屋」オクラ!山芋とろろの「ねばねばうどん」

粘る……! このうどん粘ってるよ! 納豆が入ったうどんなど、なにかと粘るものが好きな竜一。 関連記事:プロも作る「納豆うどん」卵や山芋とろろでレシピは無限大! (*店舗画像は数年前にオープンした当初のものです……) 高知市大津のセルフうどん店『ひなた屋』で…… 「ねばねばうどん」なるうどんを発見! 「これまでも"ジャージャーうどん"など、意欲的な創作メニューを入れることの多かった『ひなた屋』。もしかすると、なにか新しいうどんが始まっているのではないかと思ってね……」 その予感、的中! セルフレーンのスター ...

【高知市】うどん処「ゆたか」肉玉とじうどん!カレーつけめん!

本格的な手打ちうどんが食べられる、高知市万々商店街北側の、うどん処『ゆたか』。(万々の読みは「まま」) 駐車場が空いていたため、店内も空いているかと思いきや、ほぼ満席。 「そうか。近所の人が歩いてきたりするんだな……」 待てない高知県民の一人である竜一。 「普通なら別の店に行くところだが、ここは待つ。『ゆたか』だったら待てる……!」 入口の戸をくぐってすぐのところに設置された椅子に腰を下ろし、空席を待つ。 しばらくののち、空いた座敷に案内される。 うどん処「ゆたか」の店内は座敷あり。 ▲ 『ゆたか』といえ ...

「けつねうどん」高知・五台山店!コシのないうどん!これがうまい!

かつて高知に『けつねうどん』の屋号で、うどんを提供する店が数店あった。 有名なのは高知市堺町にあった「堀詰店(ほりづめてん)」だが、数年前に閉店してしまった。 私が子供の頃には、高知市から安芸市方面に続く国道55号線沿いにも存在していた気がするが、記憶が定かではない。 現存する高知の『けつねうどん』は、高知市鴨部にある「土佐道路店」と、高知市五台山(ごだいさん)にある「五台山店」のみとなっている。 十数年前、酒を覚えたての私は、堺町の『けつねうどん』で飲みに行く前の腹ごしらえをよくしていた。 懐かしい。数 ...

高知インター周辺!ご飯ものも充実したうどん店「鹿水庵」でランチ

うどん。それだけじゃない『鹿水庵』! 高知インターチェンジ南。車で数分の位置にあるうどん店『鹿水庵(かすいあん)』。座敷の席が数卓あり、子連れにありがたい店。 うどん店に行くと、"ごはんもの"として「ちらし寿司」や「いなり寿司」などがよくある。 「自称"通"の人は、『いなりを食べたらその店のレベルがわかるんだよ。ぽっぽー』なんて抜かすけれど、俺はうどん屋に行ったらうどんだけを目一杯食べたい。店のレベルなんてわからなくていい。レベルレベルって、ドラクエじゃあるまいし……!」 よって、うどんを食べる際、ごはん ...

どんどん亭(高知市)- うどんとカツ丼が合体、ヒレカツぶっかけうどん

見た目はカツ丼・・・! だがこれ!カツ丼ではない・・・!   どんどん亭・・・! 高知市若松町にある、うどんと丼ものが食べられる店『どんどん亭』・・・! メニュー数は豊富・・・! うどん単品はもちろん、丼ものとのセット!さらには定食まで多岐にわたる・・・! この局面!竜一、長考・・・! <あれもいいが、これもいい・・・!> うどんの森に迷い込んだ、かに思えたが・・・! なんだこりゃあ・・・! カツとじがのったうどん・・・! <これにしよう・・・> カウンター席もあれば、小上がりもある店内!子連れ ...

【閉店】高知駅近!ランチ「えききた」うどんと魚の漬け丼が好相性!

広々とした店内、窓が大きく開放的な空間・・・! <気軽に入りやすい・・・!> お食事処「えききた」・・・! 店名の通り、高知駅のすぐ北・・・! 高知駅北口を出て徒歩1分の場所にあるうどん店・・・! 『えききた』のうどんは・・・ 「うどん」ではない、「おうどん」である・・・! うどんの表記はすべて「おうどん」で統一されたメニュー・・・! <間違って「お」を付けるのを忘れ、「うどん」と書かれていないか探してみるも、抜かりなく全部「おうどん」とされている・・・!> 中でも「えききた」最大の魅力にして特徴は、「本 ...

高知インター近くのうどん店「鹿水庵」観光がてらに最適!子連れ可能

ぶっかけうどんを、ぶっかけられたいっ・・・! 高知インターチェンジから南へ直進!すると右手に見えてくる・・・ 鹿水庵(かすいあん)・・・! 小上がりが数テーブルあり、小さな子連れでも入りやすい・・・! うどんと丼もののセットメニューが豊富な『鹿水庵』だが、張り紙に「肉しょうゆ」とある・・・! <鹿水庵の醤油うどんって食べてことがないな・・・> それもそのはず!鹿水庵のレギュラーメニューに「醤油うどん」はない・・・! <となれば、ここで肉醤油にいくのは自然の流れ・・・> 初手は「鶏天ぶっかけ・温」・・・! ...

高知うどんの名店!麺房「三宅」専門店に勝る天盛り!

大人気の『三宅』・・・! しかし完全個室の座敷に入れさえすれば、子連れ可能・・・! 12時台!昼のピーク時・・・! <個室が空いてなかったら帰るか、どうするか・・・> 空いているほうが奇跡的な局面・・・! しかし案外、挑戦してみるもの・・・! 空いていた・・・! 幸運の個室・・・! <三宅の釜玉、あまり食べた記憶がない・・・> 注文は即決で「釜玉」・・・! ごはんものは、なんと平日無料・・・! その中から、娘も食べられる「おかかごはん」を注文・・・! <無料とは、ありがたいっ・・・!> 初手は「とり天ぶっ ...

うどんで暑さ対策!夏を乗り切れ!セルフ「浜心うどん」高知市長浜

連日続く、蒸し暑い日々・・・! <暑くて最悪?そんなことはない!暑いなんて最高じゃないか!なぜなら・・・> 暑い日は・・・ 冷たいうどんの美味しさ・・・! 倍付けっ・・・! ありがたいっ・・・! そう太陽に感謝しながら行こう・・・! さぬき自家製麺 浜心うどん・・・! <暑いから・・・熱中症にならないためにも冷やさなければいけない、身体を・・・!> 冷たい『醤油うどん(大)』と、冷たい『肉ぶっかけ(並)』2杯注文・・・! <外は灼熱!これくらい食べなきゃ身体は冷えない・・・> まずは肉ぶっかけ・・・! 大 ...

子連れでも行けた!「麺房 三宅」高知屈指の人気うどん店

長年、高知県民に支持されている人気うどん店・・・! 麺房 三宅・・・! <しかし三宅はほぼカウンター席のみ、子連れで行きづらい・・・> 名店につきまとうそんなイメージ・・・!実際に子連れで行ってみると覆される・・・! 午後2時すぎ・・・意図的に昼のピーク時を外した時間・・・! <人気店とはいえ、この時間なら幾分空いているだろう・・・> 目論見通り、超満員といった雰囲気ではなくなっている三宅のカウンター席・・・! そこに腰を下ろそうとしたとき・・・店のお姉さんが発した言葉に戸惑う・・・! 「座敷へどうぞ・・ ...

高知市大津のセルフうどん「ひなた屋」うどんクレープ!

うどん用の粉で作ったクレープ・・・! うどんクレープ・・・! 発見・・・! セルフうどん・・・!ひなた屋・・・! <ついつい盛りだくさんにしてしまった・・・> まずは・・・! ジャージャーうどん! 肉味噌が麺の上にのった・・・ひなた屋独特のうどん・・・! 濃厚な肉味噌が麺に絡む・・・!<ビールが欲しくなる味・・・!> <とり天もえび天も70円とか80円とか・・・そんな低価格・・・これがついつい取りすぎてしまう原因・・・!百均の法則・・・!> なんといっても・・・!ひなた屋はサバ寿司・・・! <これは外せな ...

日本の夏!冷やかけの夏!さぬき自家製麺「浜心うどん」高知市長浜

冷たい麺・・・!キンキンに冷えた出汁・・・! 今年もやってきたこの季節・・・! 日本の夏・・・!冷やかけの夏っ・・・! (店舗画像撮影=2011年・・・) 長浜までひとっ走り・・・!さぬき自家製麺・浜心うどん・・・! 祝日ということもあってか・・・大混雑・・・ほぼ満席の店内・・・! 3テーブルある小上がり・・・!運良く1テーブル空いているのが見える・・・! 座りたい・・・!あの場所に・・・! しかしセルフレーンは長蛇の列・・・!<先客に座られたら残念・・・俺たちは幼児連れでカウンター席・・・それもあり得る ...

「セルフうどん さぬきや」醤油で食べるうどん

『さぬきや』は、高知市神田の細い路地の先にある。セルフ方式の店なので、まず盆を取ってカウンター越しに注文する。 <んん…『かけ』にしようか…。『釜玉』でもいいんだけど…>セルフ店は悩む時間を与えてくれない。入店してから考えていたのでは遅い。カウンターの向こう側では店のお姉さんが待っている。 脳内で入り乱れる思考。<最近醤油食べてないから…んんん…醤油!> うどんを受け取ってセルフレーンを進み、生姜をたっぷり。ゲソ天を載せて。 『しょうゆうどん(大)』370円にゲソ天がいくらだったか…。いずれにしてもワンコ ...

うどん処 ゆたか 「釜玉 & ひやし」~肥ゆる夏~

万々(まま)の商店街に強烈な太陽光が降りそそいでいた。 天気予報の予想最高気温は36℃。アスファルトからも照り返しの熱気が昇ってくる中、『うどん処 ゆたか』は薄い緑と白が配色された涼しげな暖簾を揺らしていた。 (高知県高知市中万々72-14、11:00~15:00売り切れ次第終了、定休日月曜[祝日の場合は翌日休]、駐車場・店舗横に有) 高知屈指の人気店だが店内は比較的空いている。昼どきを外した甲斐があった。 出入口から中に向かって伸びる褐色のカウンター席。その一番奥の空席に腰を下ろして、メニューを見る。 ...

月曜9時の恋人が行く 「そばと酒 湖月」

(今回、完全なノンフィクションではありません。元々自分が書いた文章を誰かに読んでもらいたいということから始めたブログなので、あしからず!) 収録を終えると、ディレクターが満面の笑みで駆け寄ってきた。 「今夜もよかったですよ!ご常連との絡み!最高でした!あの軽妙なやり取りは、他のタレントじゃできませんからね!」 そうだろう。そうだろう。この仕事は酒場の流儀を知り尽くした私だからこそできる仕事なのだ。 「深入りしすぎず、かといって浅すぎず、間合いがまた絶妙なんですよね!」 ひとしきり褒めちぎって、「お疲れ様で ...

【閉店】えききた 釜玉のおうどん

「食べちゃダメだってわかってるけど、なにも食べないわけにもいかないしなぁ」 生姜農家の竜一は、最近お腹の出方が気になっていた。 「どうせ食べるなら、やっぱりうどんがいい…」 『えききた』 生姜王子はうどんが好きだった。ぶっかけうどんを、ぶっかけられたいくらい好きだった。 「カレーうどん推しの"えききた"……!でも今日は釜玉………!釜玉が食べたい…!釜玉にしよう…!」 「ここに来たら、漬け丼を付けたくなるところだけど…カロリーが気になる……」 うどんに漬け丼………!つまり…うどんにごはん……! 炭水化物!炭 ...

サバに代わりまして、代打・カマス 「セルフうどん ひなた屋」

(店舗画像は3年前のオープン当初のものです。 行けるときはいつも天気が悪くて撮りなおしできてないです…) 『ひなた屋』 『肉うどん(大)』 「並」で380円。「大」で480円。 『カマスの姿寿司 & ゲソ天』 カマスの姿寿司100円。ゲソ天70円。 以前来たときは、ゲソ天50円だったけれど、 増税の影響で値上げされた模様。 そして………! 少なくとも高知の"セルフうどん店では"、 ここにしかない薬味………! 柚子の皮で効かす……! 圧倒的冷涼感っ………!! オープン当初はシコシコ系。 その数ヵ月後に食べた ...

つけSOBA GOKU-TUBUSHI -ゴクツブシ-

新しい蕎麦屋ができたと聞いた。これまで高知になかったような蕎麦を出す店だという。 <桟橋のサンプラザの裏……> 高級な軽自動車のハンドルを握り、電車通りから西側へ回り込む。 はつけん! 『つけSOBA GOKU-TUBUSHI -ゴクツブシ-』という強そうな名前のその店は、閑静な住宅街の一角にあった。 店の脇に、一台分のみある駐車場が空いている。 <三年分くらいの運をこれで使ってしまった気もするが…ラッキー!> だが同時に不安の波が心に押し寄せる。 <大丈夫かな…俺……>初めての店に一人で入店。初めてのデ ...

© 2020 生姜農家の野望Online