年別アーカイブ:2010年

食後、すぐに歩いてはいけない

『中国菜館』に行く時。高知城の前を車で通った。 いつもだったら、ひっそりとしている夜の高知城。 しかし、その時、いつもと違い、なにかたくさんの光と、たくさんの人影が見えた。 それがクリスマス関連のイベントだということは、鈍感な私でも、すぐに察しがついた。 そして、食べた帰り。光に誘われるようにして、フラフラと行ってみたのだった。 (゜д゜)<アラヤダ!キレイ! 龍馬・・・! 人がいっぱいいた。 私は普段、テレビを殆ど見ないせいで情報に疎く、イベントの詳細はよく分からないのだけど、かなり大きなイベントのよう ...

中華家庭料理 中国菜館 ~前編~

とにかく中華が食べたかった。アジアのパワー、魂。感じさせてくれる中華を、ガッツリと食べたかった。 久し振りに、遠出した。 住所がスゴイ。 なんとっ・・・! 高知市・・・!本町5丁目・・・! 『中華家庭料理 中国菜館』 店のすぐ西側にあるコインパーキングに車を停めた竜一。車を降りる前に、深呼吸。 「ただでさえ初めての店は緊張するのに、本町とかっ・・・!どんだけ中心部なんだっ・・・!お手手がプルプルと震えるぜよっ・・・!」(アルチューで) これは本当の話、何年も田舎に住んで、住み慣れてしまうと、周りに田んぼや ...

中華家庭料理 中国菜館 ~後編~

続き~!前編はコチラっ・・・! → 『中華家庭料理 中国菜館 ~前編~』 注文してからは、音速。 すべての品がテーブルに揃うまで、わずか5分ほどの時間しかかからなかった。 『炸醤麺(ジャージャーメン)』 店内の張り紙情報によると、なんと!中国菜館。 麺・・・!手打ち・・・! この時、竜一。テンション、1000%アップ。 やったぁぁあああ!!手打ちですってぇぇえええ!! 別に手打ちじゃなくても構わないのだけど、やはり手打ちだと、聞いただけでも、どんな個性を魅せてくれるんだろうと、ワクワクしてくる。 その手打 ...

復活してしまったラ王

寒い。家から出たくない。それでも麺は食べたい。 家にいながらにして、麺を食べる方法。 カップ麺だっ・・・! 『日清ラ王 背脂濃コク醤油』 今年夏。多くのカップ麺ファンから惜しまれつつ生産を終了したラ王。 しかし、その後。わずか、三週間後。 予想どおr・・・いや・・まさかの復活発表。 笑いのツボの可笑しさに定評のある私も、日清のジョークセンスには、付いて行けなかった。 復活したラ王。『生タイプ麺』から『次世代ノンフライ麺』に変更されている。 粉末スープは後入れ。(最近こういうタイプ多いよね!) 最後の一滴ま ...

本手打ち讃岐うどんさかえ かま玉 & かけうどん

ガクガクブルブル。南国高知も、めっきり寒くなってきた。 こうも寒くなると、普段は、「醤油」や「ぶっかけ」冷たいうどんを食べることが多い私も、食べたくなる。熱々の釜揚げ麺が、食べたくなる。 水で締めていないから、その麺が持つ本来のコシがモロに出る釜揚げ麺。 釜揚げ麺にとって重要なもの。 それは、攻撃力。 そして、『麺 圧倒的 攻撃力』そのキーワードを今流行りの『Ryugle』で脳内検索すると、真っ先に浮かぶのが、 香美市土佐山田町の、『本手打ち讃岐うどん さかえ』 いつものように、開店勝負。注文して、すぐに ...

手打ちうどんたも屋南国店 釜たまうどん

一口に『うどん』と言っても、いろんな食べ方がある。 例えば、釜から抜いた麺に、卵を絡ませて食べる『釜たまうどん』 釜たまは難しい。家で作ってみても、まず上手く行かない。 卵を好みの具合に半熟にさせるのが難しいし、だいいち、麺本来の味や食感がモロに出て、そんじゅそこらで市販されている麺では、美味しく食べられないのだ。 だから、私は家で釜たまを作るのは諦めた。釜たまが食べたくて、どうしようもない時。発狂しそうな時。そんな時。 やはり無理せずプロにお願いするのが一番。餅は餅屋。うどんはうどん屋。 『手打ちうどん ...

手打ちうどんやまいち 閉店・・・・・・(釜あげ明太バター & 生しょうゆ(温))

ある日、『草や』のオニ嫁さんからブログにコメントが入った。そのコメントを読んで、しばらく言葉を失った。 「やまいち・・・閉店・・・!」 このブログでも何度かレポートさせてもらっている、香美市土佐山田町にある、『手打ちうどんやまいち』 以前は、南国市・・・と言ってもかなり土佐山田町寄りの、今もまだ開通していない『あけぼの街道』沿いにあった。 当時の記憶が蘇る。 喫茶店風の店内。入り口を一歩入ると、イラストや雑貨が展示されたギャラリーのようなスペースがあって、他のうどん屋さんとは一線を画す、やまいちらしいオシ ...

カフェ&グリル北欧館

高知市にある北欧館に、数年ぶりに来た。 実は、20年近く前。私が子供の頃。 この近くに住んでいたことがあって、その当時、母親がこの店をとても気に入っていて、定期的に通っていた過去がある。 店内に入った竜一は、迷っていた。 北欧館で麺ならスパゲッティ・・・!スパゲッティ一拓・・・! しかし・・今日はカレー・・・!圧倒的・・・!カレーの気分・・・! だが・・ここで麺を食べない・・・!竜一的に・・・そんなことっ・・・!そんなことが・・あっていいのかっ・・・! それは、麺キャラとして生きてきて、この一年、外食に行 ...

日清 つけ麺の達人

常日頃から、「生まれ変わったら、『やまいち』のちく天の衣になりたい・・・!」と豪語しているほどの麺狂、竜一。 実は、11月に入ってから、一回も麺を食べに行っていない。ここ最近の麺の記事は、すべて10月までに撮り溜めていた画像を使用して、記憶を掘り起こしながら書いている。 もう彼是一ヶ月も麺を食べていないのに、何故、禁断症状の発作を出さずに生き長らえることが出来ているのか。 その答えが、コレだ。 『日清 つけ麺の達人』(※ 定価は298円なんですが、買い物上手な竜一はキッチリ2割引にて購入ですっ・・・!) ...

【閉店】らーめん工房りょう花南国店 真麺~2杯目~

ラーメン屋と言えば、『豚太郎』ぐらいしかなかった一昔前とは打って変わり、 群雄割拠。 次々に新しいラーメン屋さんが出店するという、麺好きには嬉しい時代に突入し始めた高知ラーメン業界。 しかし、『塩ラーメン』というカテゴリーに限れば、まだまだ、「ココ!」と言える店が無いのが実情である。 そんな中、時折、無性に食べたくなるのが、『らーめん工房りょう花』の塩。 平日の14時過ぎ。店内には、私の他に3組ほど。 「トントントントントン!トントントントントン!」 ネギを刻む音が、背中側にある厨房から響く店内。 一人で ...

手打ちうどんまるしん スペシャルぶっかけ & しょうゆうどん

初めて『まるしん』に行ってから、どれほどの月日が経つだろう・・・。 あれからボク達は・・・。何度・・愛し合っただろう・・・。 当時、まだ"学割"があった『まるしん』最初の頃、会計時に、「学生さんですか?」と店主から聞かれることが三度ほどあって、 若く見られて嬉しい反面、「俺・・・いや、アタシのこと・・・覚えてないんだ・・・。そ・・そうだよね・・・!アタシ・・・影・・薄いから・・・何度来ても・・・顔・・覚えてもらえないよね・・・!」 そう、涙に暮れた夜もあった。 そんな二人も、今では目が合っただけで、心通い ...

手打ちうどんたも屋南国店 かけうどん

いつものように、たも屋に行った。いつものように、"かけ"の特大を頼んだ。 セルフ店のたも屋。自分で"てぼ(ふりざる)"に麺を入れ、数秒間お湯に浸けて、麺を温める必要がある。 そして、いつものように、注文した後、お湯を溜めてある所に行き、ドンブリから、てぼに麺を移そうとした。 その時。手元、狂乱。 ビュルン! 一本の麺が、てぼから、こぼれ落ちようとする。 いかん・・・!落ちる・・・! 瞬間。発動する・・・! 黄金の左・・・! ガシッ・・・!麺を・・・掴むっ・・・! 素手で・・・!魂で・・・! 掴むっ・・・! ...

【高知】XUAN(スアン)ランチ&ディナーにベトナム料理が食べられる店

【追記】XUAN(スアン)は2019年に移転されました。(移転先の地図) この記事の内容は、移転前のものです。 私が子供の頃。 高知は本当に田舎だった。 飲食店も少なく、 ラーメンと言えば、『豚太郎』 うどんと言えば、『ビックうどん』 そのぐらいしか、選択肢が無かった。 そう言うと若干大袈裟なのだけど、 あながち間違ってもいないと思う・・・。 そんな高知にも、 近年、異国の料理を扱うお店が増えてきている。 今日、レポートするのは、 高知市にある、ベトナム料理のお店。 「いやぁ~、 高知でベトナム料理が食べ ...

本手打ち讃岐うどんさかえ しょうゆ & かけうどん③

3日目にして、ついに食べます・・・。①または、②から読む場合は下記のリンクをクリックして下さい♪①から読む>>②から読む>> 右手に箸を取り、麺を挟んで口に運ぶ。 瞬間・・迸る・・・!小麦の香り・・・! 噛むと同時に煌く・・・!アルデンテの弾力・・・! うどんが食べたいという欲求は満たされ、脳は愉悦に浸り、麺を欲し続ける。 状態としては、若干のネギ、大根おろしはあるものの、小麦粉を練った麺に醤油を掛けただけ。 限りなくそれに近い。 しかし・・それが圧倒的・・・!圧倒的なまでの・・攻 ...

本手打ち讃岐うどんさかえ しょうゆ & かけうどん②

①から読む場合は下記のリンクをクリックして下さい♪①から読む>> 店内。いつものように老若男女問わず、たくさんのお客さん。 店の中央にある、複数人掛けの大きなテーブル席は、ほぼ満席。 空いていた座敷に座る。 注文してから、約2分。ソッコーで来た。 『しょうゆうどん(大)』 ツヤツヤピカピカ。輝く麺。 竜一の視線は、クギヅケ。 気が付くと、俺は・・ただ・・・!、「愛してる・・愛してる・・愛してる・・・!」と、うわ言のように・・・ドンブリ元で呟いていた。 だが、この日。 ネギ・・・!圧倒的・・少な ...

本手打ち讃岐うどんさかえ しょうゆ & かけうどん①

「麺固いな~!アゴ痛いわ~!」 初めて食べた『さかえ』の麺。 当時から、さかえは高知東の有名店として人気を馳せていたのだけど、食べた時の印象は、あまり良いものではなく、もう一度食べに来たいとも、それほど思わなかった。 しかし、その晩。 昼に食べたさかえの固い麺がようやく消化された頃。 不思議と湧いてくる、思い。 それは、乾いた大地の底から湧く水のように、ドクドクドクドクと溢れ出てくる。 「また・・食べたい・・・!」 何と言うか、さかえの麺には、食べた数時間後に襲ってくる余震みたいなものがある。 昼間に食べ ...

手打ちうどんやまいち 温玉しょうゆ

相次いで、刺激的な麺屋さんがオープンした今年の高知。 あの店にも行ってみたい。この店にも行ってみたい。 いろんな店に行っている内に、夏も終わり。そろそろ食べておかないと、禁断症状が出る。 やまいち禁断症状がっ・・・! わたくし、そう感じまして、3月以来、約半年振りの来店。香美市土佐山田町、 『手打ちうどん やまいち』(9月下旬に行きました) 開店5分後に到着。一番乗り。 メニューも見ずに、頼んだ。 『温玉しょうゆ(特盛り)』 通常、『温玉しょうゆ』と言うと、麺の上に乗っているのは、薬味と温泉玉子のみ。 だ ...

第29回刃物まつり(香美市土佐山田町)

毎年、たくさんの手作りカカシが展示されることで、通称、『かかし祭り』とも呼ばれる、『刃物まつり』 その第29回目が、今年も香美市土佐山田町の鏡野公園で開催されました。 祭り自体は、今月16日、17日の土日二日間に行われたのだけど、私は野良仕事の為、行けず・・・。 しかし、月末31日までは引き続き、カカシが展示されているということで、祭りが終わった二日後、19日の火曜日に行ってきました。 鏡野公園に来るのは、今年3月以来。(【3月に来た時の記事はコチラ!】→ 『鏡野公園とタヌキ』) 歩道の両脇には、様々なカ ...

麺房まつみ 冷しぶっかけ & かきあげうどん

「伊勢崎町の住宅街に、うどん屋があるの知っちゅう?」 「いや知らん」 「なんか、民家みたいな所でやりよって、パッと見、うどん屋には見えん。前通っても、気を付けて見よらなぁ、気付かんずく行き過ぎる。けんど、まぁ美味しいき一回食べに行ってみて!」 今から10年ほど前。その当時、よく行っていた個人経営の小さなカラオケ店の店主に紹介された。 それが、うどんに狂っていない人でも知っている、高知でとても有名な老舗の名店、『麺房三宅』だった。 だけど、その頃は、うどんに全く興味が無くて、その話を聞いても、「ふーん、そう ...

らーめん食堂あぐら家 豚骨らーめん & 辛ネギ味噌らーめん

「ええぇぇえええ!なにこれぇ~!潰れちゅう!!」 高知市中心部。とある異国の料理が食べられるという店。 その店の前を車で、ゆっくりと様子を伺うように通った私は、絶叫した。 事前にネットで検索した情報が、一番新しいもので今年3月頃のものまでしかなかったから、イヤな予感はしていたけれど、まさか、閉店しているとは。 「折角久し振りに、うどんやラーメン以外の店に行こうと思ってたのにな・・・!」 『うどんやラーメン以外』と言っても、やはり"お約束"で、麺を食べる予定だったのだけど、行ったことが無い初めての店というこ ...

うどんの岡崎 ~後編~ 釜玉うどん & かけうどん

続き~!前編はコチラ→ 『うどんの岡崎 ~前編~』 復活した『うどんの岡崎』に行ったのは、9月下旬。営業再開から1ヵ月といったタイミング。 おそらく、もうそろそろ、かつての勢いを取り戻し始めている頃だろう。 人混みを避けるためにも、 ここは、開店勝負・・・!開店勝負しかねぇ・・・! 向かう車の車中、胸が高鳴った。 岡崎に開店勝負を仕掛ける。そんな日が、また来る。 数ヵ月前にそれを想像することは、不可能。見ることさえも出来なかった夢。 その夢が今、現実に叶おうとしている。 店の人と、注文以外でまともに言葉を ...

うどんの岡崎 ~前編~

あれは、2008年12月のことだっただろうか。その頃、高知のうどん店の中でも有数の人気を誇っていた『うどんの岡崎』が、 突然の閉店。 私の家から、高知市内にある岡崎は遠いため、営業していた頃からそんなに通っていたわけでもなかったのだけど、いつ行っても美味しいうどんを提供してくれていた岡崎の閉店は、当時の私の心にも、影を落としたのでありました。 それから20ヵ月が経った、今年8月。 事件、起きる。 パソコンで何気なく見ていた、あるブログ。モニターに映し出される、うどん画像。 「美味しそうなうどんだな~。あぁ ...

丸亀製麺高知店 冷やかけうどん & かけうどん

黒船、襲来。 北は北海道から、 南は鹿児島まで。 全国で400近い店舗を展開する丸亀製麺の高知上陸は、 静かな水面に大粒の滴を垂らしたかの如く、 大きな波紋を呼ぶこととなった。 初めて丸亀製麺のうどんを食べた時の感覚は結構衝撃的で、 今でもその時の麺の歯応えや舌触りを完璧に記憶している。 あれから10ヶ月。 最後に食べてから半年。 黒船に、久しぶりに会いたくなって行った。 前々回の丸亀製麺の記事はコチラ→ 『丸亀製麺高知店 かけうどん & おろし醤油うどん』 前回の丸亀製麺の記事はコチラ→ 『丸亀製麺高知 ...

ビックうどん 土佐山田店

ある夜の竜一。 うどんが食べたい! うどんが食べたい! 今すぐ食べないと 禁断症状が出るぅぅううう~! ともかく、猛烈にうどんが食べたかった。 とは言え、 その時、時刻は19時過ぎ。 手打ちが主体の高知のうどん屋さんで、 こんな時間まで営業している店は、限られる。 何処に行こうかな~。 この時間に開いてるところって、 なかなか無いよね~。 ピカーン! その時、竜一の脳内で 発光する、電球マーク。 閃いた。 あれだ・・・! あの店だ・・・! 今までに数億回と前を通っていながら、 行っていなかった、 あの店・ ...

© 2021 生姜農家の野望Online