高知観光におすすめ!地元民が教える、高知のご当地グルメ9選! | 生姜農家の野望Online

高知観光におすすめ!地元民が教える、高知のご当地グルメ9選!

「いつごろ高知に着いたんですか?」
「昨日の晩!ホテルにチェックインしたあと『ひろめ市場』でカツオのタタキを食べてきたよ。高知はカツオのタタキが有名でしょ?」

実際にあった、県外から高知観光に来られたかたとの会話・・・!

やはり高知といえば、カツオ坂本龍馬・・・!
観光客のかたと話をすると、皆一様にカツオのタタキを食べた、あるいは食べたいと言う・・・!

だが・・・!

「カツオ、それだけじゃない高知県。」

カツオのタタキ以外にも高知には美味しいもの、隠れご当地グルメみたいなものがたくさんある・・・!

食の高知。

<それなのに、あまりにもタタキイメージが先行してしまって、ほかの美味しいものが埋もれてしまっている・・・!>

タタキだけ食べて帰るなんて、もったいない・・・!

もったいないを合い言葉に・・・!
高知県生まれ高知県育ち高知県在住、34年間高知県以外の土地に住んだことがなく、十年近くグルメブログ(ほぼうどんだけど)を書いている食べることが大好きな竜一が、県外のかたに心から食べてもらいたい高知グルメを…全部あげていたらキリがないので、厳選してご紹介・・・!

<今回カツオのタタキだけは絶対に出さない!タタキなんか放っておいてもみんな勝手に食べて帰るんだ!それをいまさら紹介してどうなるんだろう・・・!>

まずは・・・!
個人的にこれだけは外せない・・・!
(* 右下の∧ボタンを押すとトップに戻れます)

高知うどん

本格手打 うどん処 楓・楓おろし
(画像=『本格手打うどん処 楓』楓おろし

<うどんというと同じ四国、うどん県と呼ばれる香川県、讃岐のイメージが強い!しかし讃岐うどんの流れを受けて独自の進化を遂げた「高知のうどん」もかなりの次元!讃岐ほどの店舗数はないが、粒ぞろい・・・!>

うどんについては、高知県中の店をレポートしている竜一・・・!
カテゴリー「うどん」あるいは、高知うどん店一覧やサイドバー右上(モバイルではブログ下部)にある、まとめリストを参照していただきたいところ・・・!

味噌カツラーメン

麺屋國丸。高知南国店・味噌カツラーメン
(画像=『麺屋・國丸。南国店』北海道百年味噌カツバターラーメン

某・秘密のケンミンSHOW的テレビ番組で取り上げられて、「あちゃー高知の女やけど味噌カツラーメンらぁ食べん!濡れたカツが苦手ながよね」「オラも味噌カツらぁ食べたことないに、あれがご当地グルメち…」などと一時期県内でも話題になった・・・

味噌ラーメンにトンカツが入ったラーメン!味噌カツラーメン・・・!

<だが、おそらくこれは全国的には珍しい食べ物であって、高知ならではのもの!そしてたしかに昔から高知に存在していて、現在は俺が子供の頃よりも提供店舗数が明らかに増えている・・・!>

味噌カツラーメン以外にも「醤油カツラーメン」はよくあるし、店によっては「塩カツラーメン」「豚骨カツラーメン」などもあり、竜一は好きでよく食べている・・・!

<高知県民のあいだでも好みは分かれるが、味噌カツラーメンが高知グルメであることは間違いないだろう・・・!>

高知の味噌カツラーメンで有名なのは、高知の老舗ラーメン店『豚太郎』『自由軒』辺り・・・!

http://syoga-udon.com/archives/34462

鍋焼きラーメン

鍋焼きラーメン・あきちゃん1
(画像=『鍋焼きラーメン あきちゃん』バター鶏塩鍋焼きラーメン

土鍋で提供されるラーメン、鍋焼きラーメン・・・!

<鍋焼きラーメンは高知県内でも須崎市特有のご当地グルメ!須崎の有名店を訪れるのもいいが、近年は高知市内でも鍋焼きラーメンが食べられる!>

ケンピ、芋けんぴ

水車亭(芋けんぴ・生姜味)
(画像=『水車亭』生姜 芋けんぴ

土佐の伝統菓子で「ケンピ」と「芋けんぴ」は異なるもの!だが現在は「芋けんぴ」が圧倒的主流・・・!

<芋けんぴは軽くてお土産にも最適!食べ始めたら止まらない、あと引く甘さ!1袋でお茶2リッター余裕・・・!>

メジカの新子

美食酒房・英屋 メジカの新子
(画像=『美食酒房 英屋』

メジカとはソウダガツオのことで、夏から初秋にかけて食べられる・・・!
がっ!鮮度が落ちやすく、高知でも須崎市や中土佐町など新鮮なメジカが手に入る場所でのみ食べることができる・・・!

<観光で行って食べやすいのは、中土佐町の『久礼大正町市場』!高知市内では魚自慢の居酒屋さんか・・・!>

天ぷら

宇佐大鍋祭り・うるめいわし天うどん
(画像=『第20回宇佐大鍋まつり』うるめいわし天うどん

高知では、サツマ揚げのことを『天ぷら』と呼ぶ!では、たとえばうどんの上にのっているエビ天などはなんと呼ぶのかといえば、やはり『天ぷら』!天丼の上にのっているのも『天ぷら』・・・!

<その場の雰囲気で判断しなくてはならない!オカンに「ちょっとスーパーで天ぷら買うてきて~」と言われた局面は、十中八九サツマ揚げのこと!エビ天を買って帰った日には、唖然とされること必至・・・!>

高知市帯屋町の高名な屋台村『ひろめ市場』内の『魚菜市場』や、高知県内のスーパーマーケットなど至るところで販売されている・・・!

サバの姿寿司

サバの姿寿司

サバの頭部にまでギッシリと酢飯が詰まった姿は、広い太平洋を彷彿とさせる豪快さ・・・!

<県内の魚屋さんには大抵サバ寿司がある!それから仕出し屋さんが作られているサバ寿司など、個人的にもサバ寿司が大好きでいくつか食べ歩いたけれど、どこのサバ寿司も圧倒的高レベル・・・!>

うまいサバ寿司は皮の表面に付いた薄皮を丁寧に剥いてあり、酢のあんばいが絶妙で甘く感じられる・・・!

(*以上は竜一的なうまいの定義で、人によれば酸っぱいほうが好きという人もいる…)

金目鯛(キンメダイ)

美食酒房 英屋 金目鯛のあら炊き
(画像=『美食酒房 英屋』金目鯛のあら炊き

高知県東部の室戸沖や、西部の土佐清水沖でとれる美しい朱色の深海魚!「鯛」と名が付くが鯛の仲間ではない・・・!

キンメダイ目キンメダイ科の魚で・・・
金目鯛は金目鯛なのである・・・!

<甘辛く煮付けて食べるのもうまいが、生で食べてもモッチリとやわらかい独特食感が非常に美味しい・・・!>

高知だけで食べられる魚というわけではないが、どこでも食べられる魚でもない!また煮付けなどでは高知流の味が炸裂する・・・!


ここまで8選・・・!
次順!ラストの9選目・・・!

<タタキはやらない!タタキなんか絶対に紹介しない!そう誓ってここまできた・・・!>

がっ!しかし!タタキはタタキでも・・・

タタキキュウリ

ひろめ市場・やいろ亭・キューリ2

ひろめ市場内の『やいろ亭』で食べられるそれ・・・!
<正式名称は『キューリ味付け』のようだが、一部では『タタキキュウリ』と呼ばれていて、実際に「タタキキュウリ!」と言っても注文が通る!むしろ「タタキキュウリ」以外で注文したことがない・・・!>

しかし、明らかにご当地グルメではない・・・!

<うるせぇ!もう最初から「タタキはタタキでもタタキキュウリ!」のオチがやりたくてたまらなかった!それさえやれたら、滑ってもどうでも良かったんだ・・・!>

ほんのり効いたニンニクの風味が、酒の肴には最適なタタキキュウリ・・・!

ちなみに『やいろ亭』では『カツオのわら焼きタタキ』も「タレ」あるいは「塩」が選べて食べられる・・・!

ひろめ・やいろ亭・カツオタタキ1

<皮がパリッパリで極旨・・・!>

うーん!やっぱり高知はカツオのタタキ!それしかない・・・!

避けて通っても結局最後はタタキに行き着く高知!そう!それはまるで香川のうどんのように・・・!

↓ 「いいね!」の代わりに。。。
【人気ブログランキング高知に参加中!】
1クリックで10ポイントが加算されます(1日1回のみ)
ボクをおしていってね!(笑)

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)